ハリウッド

コロナ禍でも大ヒット驀進中!『ゴジラvsコング』は映画産業の救世主になるか?





© 2021 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

新型コロナの影響で1年近く閉館を余儀なくされていたアメリカの映画館産業であるが、バイデン政権下の積極的ワクチン接種の効果もあってか、新規感染者が激減したことにより、2021年3月19日よりNYやLAの主要都市の映画館(全米のシェア率が約10%にも及ぶ)が再開されたことで、米映画産業が再稼働し始めた。とは言っても、まだまだ完全な復活とはならず、MCU最新作『ブラック・ウィドウ』や、トム・クルーズ主演の35年ぶりの続編で話題の『トップガン マーヴェリック』などの大きな興行収入が見込める人気作は公開延期となっていたり、ディズニーのように劇場を待たずに配信に頼る傾向も根強い。

そんな中で劇場公開され爆発的ヒットを飛ばしている映画がある。『ゴジラvsコング』である。言わずと知れた世界的怪獣同士の決闘を描いた注目作で、世界興収は3月末の公開直後から、2億8,540万ドル(約315.6億円)に到達するスマッシュ・ヒットを記録。4月に入って早々の世界興収は3億5,780万ドル(約391.3億)達成! これは、早くも前作『キング・オブ・モンスターズ』の3億8,660万ドルに迫る勢い。何が凄いかって、コロナ禍の成績であることだ。配信も同時に行っているアメリカだが、喜ぶべきは各国ワクチン接種進んだことが映画市場の回復、実際に劇場に人が足を運ぶという事実にも繋がる指標となったことだ!




この好結果を受けて、ティモシー・シャラメ主演の話題のSF大作『DUNE/デューン 砂の惑星』が配信中心の同時公開から劇場先行に変更になったり。また、『ブラック・ウィドウ』は北米だけで1.7億ドル(約186.3億円)になると予測が変更された。これは上映延期前の4,500万ドルの3倍にもなる。あらゆる箇所で影響を出した『ゴジラvsコング』だが、勢いはまだまだ衰えそうもなく、今や映画界を牽引しているとも言って良い。日本公開は5月14日を予定されているが、緊急事態宣言・まん延防止等重点措置下であることから、興収にどのような影響を及ぼすか?気掛かりだ。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  2. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  3. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  4. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  5. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…

関連記事

  1. ハリウッド

    『ライオン・キング』がまさかの実写化

    やめとけ・・・監督は『アイアンマン』シリーズでもお…

  2. ハリウッド

    フラーハウス出演者初来日フィーバー

    全世界で人気沸騰のNetflix配信ドラマ「フラーハウス」…

  3. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感

    世界的ヒットを記録している実写版『美女と野獣』において、ディズ…

  4. ハリウッド

    あの「フレンズ」が奇跡的なプチ復活!

    奇跡的なプチ復活!w何度も映画化の噂が出ては消え、出ては消…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  2. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  4. 邦楽

    実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  5. ハリウッド

    【報酬額予想】相当稼いだだろう新スパイダーマンのトム・ホランドが確定申告で困って…
PAGE TOP