グラミー賞

来年のグラミー賞ノミネート発表!

beyonce

●年間最優秀レコード候補
「Hello」 アデル
「Formation」 ビヨンセ
「7 Years」 ルーカス・グラハム
「Work」 リアーナ ft. ドレイク
「Stressed Out」 トゥエンティ・ワン・パイロッツ

●年間最優秀アルバム候補
「25」 アデル
「Lemonade」 ビヨンセ
「Purpose」 ジャスティン・ビーバー
「Views」 ドレイク
「A Sailor’s Guide To Earth」 スターギル・シンプソン

●年間最優秀楽曲候補
「Formation」 (ビヨンセ)
「Hello」 (アデル)
「I Took A Pill In Ibiza」 (マイク・ポズナー)
「Love Yourself」 (ジャスティン・ビーバー)
「7 Years」(ルーカス・グラハム)

●最優秀新人賞候補
ケルシー・バレリーニ
ザ・チェインスモーカーズ
チャンス・ザ・ラッパー
マレン・モリス
アンダーソン・パーク

最多ノミニーはビヨンセの9部門。念願の最優秀アルバム賞獲れるかに注目です。
当たり前のようにアデルが主要部門に入ってますが、今回の彼女はそこまで評価されなくていい気がする・・・これでアデルが獲ってしまうと保守的な賞として権威を落とす気がする。テイラー・スイフト贔屓もそのひとつ。
個人的に嬉しいのはジャスティン・ビーバーが初めて主要部門にノミネートされていることです。新人賞候補以来、あんなにグラミーから嫌われていた彼が最優秀アルバム賞候補になってるのを見て一瞬目を疑いたくなったのと、ここは是非とも彼に獲って欲しいと(絶対に獲れないと分かりつつも)応援しちゃいます。
「Purpose」は昨年の個人的なマイ・ベストだったし、大傑作だと思うので。
授賞式は来年2017年2月13日(月)です、成果最高峰の音楽の祭典お楽しみに★

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  3. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  4. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  5. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…

関連記事

  1. グラミー賞

    ビヨンセ双子を妊娠~そして気になるグラミーの行方!

    おめでとうございます!JAY-Zの浮気疑惑、その夫と妹…

  2. グラミー賞

    【グラミーショック余波】フランク・オーシャンが「年寄りの賞」と反撃

    世界中の予想を裏切りビヨンセの大名作『Lemonade』が…

  3. グラミー賞

    微妙な結果に終わったグラミー賞2021を見て思うこと

    今年も蓋を開けてみれば、微妙な結果だったグラミー賞。最…

  4. グラミー賞

    果たして今年のグラミーは本当に成功と言えるのだろうか?

    今年のグラミー賞をひと言で表せば「女性」だった。司会がアリシア…

  5. グラミー賞

    ジャスティン・ビーバーが人助けをするご時世

    老婦人の悲鳴を聞きつけたビーバーは、仲間と一緒に乗っていた…

  6. グラミー賞

    カニエバッシング

    先日のグラミー賞でベックの最優秀アルバム受賞に対してビヨン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  2. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  3. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  4. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
PAGE TOP