ニュース

小室哲哉は何に詫びているのか?彼の引退騒動で世間の文春批判が過熱した裏にある違和感とは!

出典:Yahoo!ニュース

小室哲哉が引退する。
小室世代ドンピシャの30代としては、過去に小室ブームが凄まじかったのは肌で感じていた。オリコンも音楽賞も紅白も小室一色。長者番付でも芸能部門の域を超えて、日本全国で4位を2年連続でランクインするという前代未聞の偉業を成し遂げた。彼の登場により、100万枚売れるCDが続出し、業界全体の底上げにも貢献した。正しく時代の寵児であった。一方で、当時から“どれも似たような同じ楽曲”という批判が多かったりもした。

小室哲哉はミュージシャンという評価以上に、彼が優れていたのは、正しく「プロデュース能力」であると、私は思っている。楽曲が似たようなものでも、歌い手が下手糞な姉ちゃんでも、4年間に渡って、日本のチャートを席巻させたスキルは凄い。世間の若者に何がウケるだろうかという推測と、その狙いが確実にターゲット層に届く為のプロモート力に長けた人。戦略家であって、曲調が似通っていようが量産型で楽曲を世に放つ。楽曲提供する歌手を次々に増やし「小室ファミリー」と呼ぶに至るまでフランチャイズ化させて、とにかくCDを売りまくる。作品をじっくり仕上げるアーティストというよりも「優れたビジネスマン」と形容した方が適しているように思える。

そんな彼が引退を宣言した会見で、見事に再び大衆意識を自分の意のように扇動したのに驚いた。2016年のベッキー以来、週刊文春による不倫報道が世に溢れかえり、世間はベッキーを徹底的に糾弾し、吊し上げた。そもそも、当事者間の問題である不倫に謝罪は必要なのか?(政治家など国民の血税で生計を立てる公人は除くとしても)謝罪すべきは、配偶者や身内であって、世間は関係ない。

即座に、世論は「天才ミュージシャンを引退させた文春が悪い」と攻撃を始めた。通常ならば、「病気の妻がいながらけしからん!」となるはずの世論を、「引退しないでほしい」「文春ふざけるな」「音楽を奪うようなことをするな!」と自分の味方に付けてしまった。この扇動能力、切り替えし能力は、最盛期の小室のプロデュース能力に匹敵するもので、凄いとしか言いようがない。しかし、文春は小室に引退勧告をしていない。不倫疑惑を報じただけだ。引退は小室の個人的な決断である。この報道がきっかけになったとは言え、引退するまでのものかは疑問が残る。残念ながら、もう小室にヒット曲は書けない。彼は自分自身の才能の枯渇に気付き、ひたすらもがいていたのもあろう。現に世間は、ここ数年、この引退騒動が出るまで、小室に見向きもしてなかったではないか。それを急に「天才を失わせるな」なんて随分と都合がいい。ここに、今回の引退騒動で巻き起こった執拗なマスコミ攻撃の違和感を覚える。けど、文春の味方もしない。調子に乗ってるのは文春の方だからだ。ジャーナリズムの欠片もないと少しは反省すべきだよ。




引退会見の小室の言葉にも理解に苦しむ部分はあった。
闘病中の妻に関して
・お恥ずかしながら小学四年生のドリルをやっている
・女性としての魅力も無くなり、女の子のようになってしまった
・歌手として、音楽の興味も無くなってしまった
ここまで妻KEIKOのことを不倫の弁明の場面で引き合いに出す必要はあったのだろうか? 「お恥ずかしながら」とか「小学四年生のドリル」とか「女性としての魅力もなくなり」という言葉の必要性はないのではないか。もちろん、介護の問題は深刻だが、あそこまで公の場で言わなくても良かったようにも思えた。身内を原因にしたらいかんよ。




また、どうも腑に落ちないのは、今回の小室もそうだが、こんなに盛んな不倫報道ブームにおいて、世論の反応に個人差があるように思えるのだ。三遊亭円楽や中村橋之助や渡辺謙の不倫は、妻が許してるとか、芸の肥やしとか、実績ある凄い人だから、会見(話術)がうまいからで済まされるのに対して、ベッキーや斉藤由紀は許されない。どんなに謝罪しようが「誠意が足りない」となり、謹慎をして然るべきになる。どこぞの無能な芸人は「オフホワイト」なんて、つまらない冗談で済む場合すらあった。果たして、そんなことでいいのか?

本来は、介護について、もっと世間は関心を向け、活発な議論をしなければならないと思う。文春砲云々なんて低俗なことでは無い。マスコミごっこに付き合ってる場合じゃないのだ。

筆者が選ぶ本当に凄い小室楽曲5選

安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」
小室最大のヒット曲であり、それをリリース前に予測し実現させたプロデュース力に脱帽!

trf「EZ DO DANCE」
ダンス音楽が時代の潮流を掴むきっかけとなった曲と言っても過言ではない。

AAA「ダイジナコト」
小室の作曲能力が最大限に発揮された名曲だと思う。特にサビで全部持っていく技が凄い!

TM NETWORK「Get Wild」
イントロから一貫してカッコいい曲、さらに間奏の時の転調にグッとくる!

trf「BOY MEETS GIRL」
中防の時にイントロ聞いて度肝を抜いた覚えがある。幼心にも本当に新しい音楽だった。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  2. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  3. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  4. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  5. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…

関連記事

  1. 邦楽

    KEYTALKメンバー全員作詞作曲のシングル連続リリース

    2016年も勢いが止まりません!KEYTALKが二作連…

  2. 邦楽

    テレビに出ないがカッコイイは、もはや時代遅れ!?

    紅白にサカナクションやSEKAI NO OWARIが出るように…

  3. ニュース

    【のんぽり?バカ?】テイラー・スイフトがバッシングの標的に!

    先日マドンナはじめ大勢のセレブも参加した、女性による反トラ…

  4. 日記

    J-POPの理想郷に到達したサザン新作「葡萄」をがっぷり四つで聴く!

    桑田佳祐の音楽とは?この問いかけに俺は日米の共同体と答えて…

  5. 邦楽

    女川町の臨時災害FM局が「TSUNAMI」を流す

    東日本大震災の被災地である女川(おながわ)町の臨時災害放送…

  6. ニュース

    幼稚園児が「安倍総理ガンバレ」ってアホかよ!

    もう、出来る限り社会的なニュースには言及しないつもりでいるんですが、あ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  2. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  3. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  4. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  5. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
PAGE TOP