ニュース

大坂なおみ、ビヨンセから誕生日を祝ってもらい感動!2人に通じるものとは?



Copyright © Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

ウェスタン・アンド・サザン・オープンに出場した大坂なおみ選手が、8月27日に米ニューヨークで行われる同大会の準決勝にいどむ予定であったが、人種差別に対する抗議の意を表明する意味合いで試合を棄権したことが話題となった。
大坂選手はツイッターにて、英語と日本語両方で「アスリ―トになる前は黒人女性でした。黒人女性としては、テニスをしているのを見るよりも、すぐに気をつけなければならない重要な事柄があるように感じます」「黒人に起こった権利剥奪、全身性人種差別、その他の数え切れないほどの怪物は、私の胃を病気にさせます」とコメントを出した。この抗議は、ジェイコブ・ブレイク氏が、警官から丸腰にも関わらず、子供の目の前で、至近距離から銃で撃たれるという事件を受けてのものだと思われる。



その後、二度目の優勝を飾った全米オープンでも、毎試合異なる黒人の人名が書かれたマスクを着けてコートに姿を見せたことも話題になった。これらの人は白人警官による理不尽な暴力で亡くなった人々であり、先でも述べたジェイコブ・ブレイク氏や、全米に広がった「Black Lives Matter」運動のきっかけにもなった、ジョージ・フロイド氏などの名前も含まれている。選手である以前に、自分のアイデンティティを主張した勇気ある行動には、世界中から多くの賞賛が贈られているが、先日、10月16日で23歳の誕生日を迎えた彼女に、意外な人物から祝福のメッセージが届いたという。

その人物は、ビヨンセだという。ビヨンセは自信のホームページに大坂なおみの幼い時の写真を投稿し「HAPPY BIRTHDAY NAOMI OSAKA」と掲載。感激した大坂は、そのキャプチャをツイッターに投稿している。

また、2019年の全米オープンの4回戦目で敗れた際のオフシーズンでも、偶然にビヨンセとジェイZ夫婦に会った大坂は、その時のことを「オフシーズンにビヨンセとジェイ・Zに会いました。彼女はただただ高価な匂いがして、美しく、そして私を優しく抱きしめてくれました(笑)。私はこれこそまさに天国だと感じました。ビヨンセは私に話しかけ、私のことを誇りに思っていると言ってくれました。私はおどろき、それは本当に貴重な時間でした。」と振り返っている。



まさに今、黒人の立ち位置が危ぶまれているだけに、大坂なおみの行動は、音楽の方面で黒人の起源やアイデンティティを探求し表現しているビヨンセの意志に通じるものがあったのかも知れない。テニス界と音楽界の頂点とも言える、2人の黒人女性の交流には差別に負けんとする力強さを感じ、少し感動を覚えるのであった。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  2. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  3. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  4. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  5. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由

関連記事

  1. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?

    BTS(防弾少年団)が様々な騒動に揺れている。騒動を知った…

  2. ニュース

    【恋愛か?セクハラか?】仏大女優が男性擁護発言で#metoo運動に待った!

    先日のゴールデン・グローブ賞でのオプラ・ウィンフリーのスピーチ…

  3. ニュース

    アリアナの爆発事件に多くのセレブが追悼のコメント

    今回のアリアナのライヴ会場での爆発事件を受け、多くのミュージシャン…

  4. ニュース

    【米大統領選挙】世界は混乱の時代へ・・・

    既成政治への不信感の結果というが、要はその米国民が期待する…

  5. ニュース

    渡辺謙トニー賞受賞逃す、米国の偏見の奥深さ

    『インセプション』『GOZILLA』と大作出演したりと、ハリウッド進出…

  6. ニュース

    ローラの辺野古埋立反対発言を問題視するのは「日本人の政治への無関心」が原因!

    ※ご注意※まずはじめに、誤解の無いようにして頂きたいのは、個人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  3. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
  4. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  5. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
PAGE TOP