映画

GG賞でホアキン受賞時になぜビヨンセは立たなかったのだろう?



Copyright © Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

今年のゴールデン・グローブ賞で見事ドラマ部門で主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックス彼が受賞した際、会場中がスタンディングオベーションで喝采を贈ってる時に、ビヨンセだけ立ち上がらなかったことが少し話題となっているようだ。

ビヨンセが主要キャラクター「ナラ」の声優を務めた実写版『ライオン・キング』が長編アニメーション部門にノミネートを果たしたことで、夫のジェイZと授賞式に出席。同作品は受賞に至らなかったが、希代の歌姫の存在は会場の中でも、ひと際目立っていたように見えた。



『ジョーカー』自体が世界的なヒットを記録し、ホアキンの切迫した演技に圧倒されたことから、主要な映画賞の行方として注目されていたが(他の候補もアダム・ドライバー、クリスチャン・ベールなど強敵揃いだったため)、ホアキンの受賞が発表され周囲が総立ちでも、ビヨンセだけはずっと笑みを浮かべながらも座ったままだった。ビヨンセの行動は失礼だという声もあがっている。

その時の写真がこちら。

@sbstryker




考えられる理由としては、

この日のビヨンセのドレスが、肩の辺りが金色の大きな装飾が施されているので周囲に邪魔になると思ってのことかも知れないという説(GG賞の会場はディナー形式なので通路が確保されているわけではないため狭い)、またはシャンパンで酔ってる説(心なしか顔も赤く見える)など擁護的な見方もできるが。

もしくは、この日の司会のコメディアン、リッキー・ジャーヴェイスの毒舌で冒頭から微妙な空気感が流れたことは間違いないので、気分的な高揚までしてなかった説や、自分が受賞することが全くなかったので自己顕示欲は強いと思われる稀代の歌姫として純粋に面白くなかった?というネガティブな見方も。

ただ、ホアキンは酩酊してて、この後の受賞スピーチで放送禁止用語連発したので(ホアキンらしいと言ったら「らしい」のだが少し大人げない気もするが)祝福ムードもあらら?って感じにはなった。ビヨンセばかりを責めてる場合でもない。



ホアキンの受賞スピーチは、「皆が知ってると思うけど、僕らの間にはファッキン競争なんてない。僕は君たち(他の候補者)にインスパイアされている。僕は君たちのファッキン生徒だ!」とFワードを口にして他の俳優を称えるたびに、放送は無音となった。
「僕は常に高潔なわけじゃないし、今もたくさんのことを学んでいる。この部屋にいる多くの人たちが、僕に正しいことをするためにチャンスをたくさんくれた。それには心から感謝しています。だけど僕たちは共に、実際に変化を起こすことができると思う。投票するのは素晴らしいことだけど、時には僕たち自身が責任を負って、自分たちの生活を犠牲にしなくちゃ」と自身が日頃行っている環境問題について訴えるようなコメントを残した。

放送禁止用語満載のスピーチ、これには『ジョーカー』で共演したロバート・デ・ニーロも硬い表情で見守っていた(その時の表情がなんとも怖かったが、笑)

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。








 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  2. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  3. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  4. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  5. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~

関連記事

  1. 映画

    『ローグ・ワン』に唯一のSW皆勤賞R2-D2とC-3POは登場するのか?

    これはSWファンとしては非常に拘りたいところです。今ま…

  2. ハリウッド

    世界各国で空前の大ヒットを記録中の『ブラック・パンサー』が歴代5位の初週末記録を達成!

    既に本国アメリカでは公開されているマーベル映画『ブラック・パンサー…

  3. 映画

    石田衣良の『君の名は。』新海監督批判があまりに悪意に満ちてて呆れた件

    あまりに酷くて逆に可哀想になってきますね。作家の石田衣良が…

  4. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?

    創作上の意見相違からダニー・ボイルが監督から降板し、2019年11…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  2. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
  3. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
PAGE TOP