映画レビュー

大根キアヌが暴走するだけの荒唐無稽なSF映画の駄作『レプリカズ』!

(C) 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.

出来そうで出来ないがSF映画のリアリティ

この手のSF映画を許容できるのは「いつか現実世界でも起こり得る」かも知れないと思わせられるか否かに掛かっていると感じた。ニコラス・ケイジとジョン・トラボルタが顔面移植する97年の『フェイス・オフ』や、ケヴィン・コスナーとライアン・レイノルズの記憶だけを移植する16年の『クリミナル 2人の記憶を持つ男』なんかがソレ。両方とも実現不可能であると分かっていても、科学の進歩と共に近未来では出来る“かも”しれないと思わせる、この微妙なリアリティとファンタジー性にSFの面白みがある。

[PR]

そんな簡単に人間のクローンなんか出来るかッ!

しかし、この映画にはソレが無い。そもそも取り上げているクローン問題は22年前の話だ。当然、人間のクローン実現は技術的・倫理的な議論の中されていないが、97年に羊で成功し、18年は猿でも成功している。夢物語感が薄い。ましてや、人間の複製が簡単過ぎる。アミノ酸とかそんな簡単なもん混ぜるだけで人間なんて複製できるかッ! 「ねるねるねるね」じゃあるまいし! あまりの荒唐無稽な展開にファンタジーとしての軽薄さにも及ばない適当さ、無責任さが感じられて興醒めする。

キアヌの大根っぷりに戸惑いを隠せない・・・?

加えてキアヌの大根ぶりにも驚いた。この人、こんなに演技下手だったっけ? 最近では『ジョン・ウィック』の好演が記憶に新しいが、本当に使い方次第の俳優だと感じた。

Summit Entertainment / Photofest / ゲッティ イメージズ
ジョン・ウィックの時の君は格好良かった(笑)

倫理観を捨て、家族をクローンで取り戻そうとする人間のエゴや愚かさを描き、人間の心は電子回路ではないことを訴えかけるテーマ性にも関わらず、まだ“仮想現実(マトリックス)”にいるのか?と思うくらいの棒読み台詞。生身の人間の体温が感じる演技では無かった。何より、クローン製造に関しても、何にしても、主人公には葛藤が無いのだ。そんな安易に進むべきことなのかと。キアヌにそういう繊細な表現ができるほどの演技力が無いのか。胡散臭い世界観のまま何の説得力も無く観客を置いてけぼりで、訳も分からず物語は進んでいった。B級と片付ければ簡単ではあるが、下らな過ぎて何の味もしない噛み過ぎたガムのような感じの映画だった。

[PR]


(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  3. 2017年 俺が勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  4. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  5. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】二ツ星の料理人

    Artwork (C) 2015 The Weinstein Comp…

  2. 映画レビュー

    マーベルの二番煎じとは言わせない!『ジャスティス・リーグ』世界中がこういうDC映画を待っていた!

    何でコレを最初から出来なかったのかと問いたくなった。これまでの『マ…

  3. 映画レビュー

    『デス・ウィッシュ』ヘイヘイドクター!ヘイドクター!ブルース・ウィルス外科医に見えない!

    本当にメスよりも銃の方が断然似合う男だ。逆にブルース・ウイルス…

  4. 映画レビュー

    『君の膵臓をたべたい』が駄目な理由は物語構築上で最もしてはいけない禁句を犯しているから

    日本中に悲恋ブームを巻き起こしたセカチュー。難病モノとカテゴラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    【FUJI ROCK直前特集 Part.2】音楽に政治を持ち込むのは是か?非か?…
  2. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2017 東京会場1日目ライヴレポート
  3. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  4. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  5. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
PAGE TOP