映画レビュー

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ハリウッドと日本映画の差を感じざるを得ない圧倒的娯楽作!

(C) 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.


日本のゴジラが人形劇に思えるくらいに力の差を見せつけられた気がした。凄いのひと言。大スクリーンで見ることを想定して計算された怪獣のサイズの描き方には、本当に観たかった怪獣の姿が見れて何よりも嬉しかった。


最近の日本製ゴジラの傑作である『シンゴジラ』がポリティカル・ムービーに徹して終わったのに比べて、この『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は開き直ったくらいに娯楽作としてド派手なハリウッド映画しちゃってるのが気持ち良く、「ハリウッドが本気出してゴジラを作ると、こうまですごい迫力になる!」というのをマジマジと見せられ、ぐうの音も出ない感じだ。その圧倒的迫力は『シンゴジラ』が公開された際に、自衛隊の武力うんたらかんたら並べられた御託が馬鹿馬鹿しくなるほどだ。これ以上の怪獣映画が、この先出て来るとも思えない。ゴジラとギドラの二大怪獣のバトルは、怪獣映画が目指すべき頂点とも言える迫力で、正に怪獣映画の理想形が見事に再現されていたと言って過言ではない。街は破壊されるだけ破壊され、ディザスター映画のような終末感だけが残り、もはや脱力感に苛まれるほどの、良い意味で見疲れした。

[PR]


例えば、これに匹敵する映画として、ギレルモの『パシフィック・リム』なんかで怪獣が大暴れする様は見てきたはずだが、本作の方が優れていると思えるのは先述のような描写の妙と、形態にあると思った。ハリウッドは空想生物の創造に乏しいと思ったのは、14年の前作『GODZILLA』でゴジラに対抗する怪獣がダサすぎたのを見てから。本作でも名もなき怪獣がちょこっと出て来るがどれもダサい。ゴジラをはじめギドラやモスラ、ラドンなどの見た目が圧倒的にカッコイイのだ。

例えば、ギドラが翼広げてから光線を放つ姿は、己の恐怖と威圧感を体現させてたし、成虫になったモスラが羽を広げた姿は壮大で美しかった。海面すれすれのところでラドンが体位を回転させながら戦闘機を次々と駆逐していくスピード感ある姿も秀逸だった。数億ドルをかけて日本から輸入したキャラをこうもアップデートされちゃ本国の我々も何も言えない。また、「♪モスラ~や」などの日本版の音楽を引用して怪獣たちが登場するという、シリーズ伝統をしっかり踏襲していることも歓喜の想いに拍車をかけた(そういえば、ザ・ピーナッツ的な存在は出て来なかったなぁ)。


主人公家族の家庭内のゴダゴダも邪魔で(確かに怪獣の行動原理に関わっているにせよ)、怪獣の存在理由が人間の欲望の果てに起こった環境汚染や戦争を浄化させるものというのが些か既視感ある安っぽい設定だなと思った。人間ドラマが器質的に機能しておらず、中だるみも正直あったと思える。渡辺謙の勇姿だけは印象深かったが。
ゴジラをあくまで守護神とし、ギドラは侵略者であるという善悪を付けたところも、日本の『怪獣大戦争』シリーズを踏襲しながら、ゴジラの英雄性を維持させたこと、勧善懲悪で終結できたのも良かった。
同時に米国にはゴジラのような愛され怪獣としてキングコングがいる。20年に遂にゴジラはコングと対決するようである。いわば国を代表する日米怪獣対決。どうなることか今から楽しみで仕方ない。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  2. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. ポール東京ドーム初日を観た!
  4. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  5. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『怪盗グルーのミニオン大脱走』子供が笑えばOK!それ以上でも、それ以下でもない!

    こういう映画は子供が楽しめれば全部OKだと思っている。だから、各映…

  2. 映画レビュー

    何故か『ヴェノム』が可愛く見える不可思議?最恐で最高のダーク・ヒーロー誕生!

    ヴェノムは既に2007年の『スパイダーマン3』に登場済みヴェノ…

  3. 映画レビュー

    『キャプテン・マーベル』最終決戦前の最重要作品!男性主義もサノスもぶっ飛ばせ!

    マーベル好きとしては非常に意味深い作品だったと思う。アベンジャ…

  4. 映画レビュー

    帰宅部の高校生観て何が楽しいんだよ?虹色のはずなのに虹色じゃなかった『虹色デイズ』

    中川大志が主演じゃないという前提条件を把握してないと戸惑うことにな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  2. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  3. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  4. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  5. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
PAGE TOP