映画レビュー

『15時17分、パリ行き』でハッキリした、映画に役者が絶対必要である理由とは?

©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.


まず大前提として明確にしておきたいのは、この映画で描かれているテロに立ち向かった当事者達の行動は、心から賞賛すべきことに異論はない。トラウマになって然るべき事件の再現に関わる精神力というのは並大抵のことではないと思う。普通ならば嫌な記憶は風化させるべきだし、人間の脳はそういう作用も持っているから。それは精神衛生上にも、自分を守るという意味において。けど、そんなトラウマ体験に再度挑んだ演者たち(本人)の勇気に感銘を受ける。

ただ、「これって映画なのかな~?」と首を傾げてしまった。まるで、笑福亭鶴瓶と中居正広の「世界仰天ニュース」だ。再現VTRでしかなかった。やはり役者を起用すべきだったと思う。当たり前だが、子役の方がプロって感じがしてしまって、大人になってからのエピソードが際立っていない。もっとも称賛すべき行動が霞んでしまうのは非常に勿体無いことである。

そもそも、映画とは虚像だからだ。実話ベースにせよ、ドキュメンタリーでない限りは作り物である。その中で、どのようにリアルに近付けるのかが映画監督の手腕であるし、虚像を通して真実を感じ取るのが映画体験だと思う。だからこそ、本人ではない偽の人間(=映画俳優)が必要なわけだ。




テロ映画ではなく、英雄の人生を描いた実録映画と捉えれば良いのだろうけど、自撮り棒片手に観光地を回ったり、女の子と遊んだり、クラブで羽目を外すといった若者のヨーロッパ旅行を延々見せられたのはしんどかった。この映画で掘り下げられるべき事項は、そんなことではないはずだ。非凡な人生ではなく、この映画で描かれた英雄たちは、ごく平凡な若者であることを示したことでは成功しているにせよ、なぜ英雄に成り得たかまでは描かれていない。英雄賛歌にも至らない。彼らの生い立ちに関しては、どちらかと言えば淡々と客観視しているようにも思える。リアル追究とは結びつかなかった。

イーストウッドが才能豊かな唯一無二な映画人であることは重々承知である。普遍的な正義を描いたことに本作の意義を感じるが、ここのところのイーストウッド作品には妙に賛同しかねることが多々ある。特に日本では『アメリカン・スナイパー』にせよ『ハドソン川の奇跡』にせよ、多少、過剰な評価が続いているようにも思える。一貫としてヒロイズムを描いているが、ドラマ性に乏しい。道徳的だし、名誉なテーマばかり挙げられているにせよ、映画的な醍醐味に欠けていることが惜しくて仕方ない。本作で、またその不甲斐なさが更新されてしまった気がする。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  2. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  3. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  4. ポール東京ドーム初日を観た!
  5. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!

関連記事

  1. 映画レビュー

    【音楽だけ】MVのような薄っぺらい映画『グレイテスト・ショーマン』なんかで感動してる場合じゃない

    薄っぺらい映画だった。こういうのを観て「夢を追うことの大切さを学ん…

  2. 映画レビュー

    群像劇の大傑作『パトリオット・デイ』を観て感じるテロ時代のリアル

    これぞ、刑事映画だと太鼓判を押したくなるような大傑作だった。この映…

  3. 映画レビュー

    『デス・ウィッシュ』ヘイヘイドクター!ヘイドクター!ブルース・ウィルス外科医に見えない!

    本当にメスよりも銃の方が断然似合う男だ。逆にブルース・ウイルス…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】二ツ星の料理人

    Artwork (C) 2015 The Weinstein Comp…

  5. 映画レビュー

    DC史上最高傑作『アクアマン』多用な映画的要素が詰め込まれた究極の娯楽作

    圧巻のアドベンチャーでありDC映画の不評を吹き飛ばす素晴らしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  2. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  4. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  5. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
PAGE TOP