映画レビュー

俺が勝手に選ぶBest映画2015

今年も発表します!大学で映画学科として映画を学び、その後も映画に対する興味や好奇心、探究心は衰えることなく、自己流の道を邁進した上での自信を持って厳選した10作品!
たくさんの劇場鑑賞作品から独断で選ばせて頂いた、ランキングをチェキラ!

第10位 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
イニャリトゥ監督作では珍しく意見が描かれていること、圧倒的技術力に脱帽!

birdman


第9位 『シェフ 三ツ星フードトラック始めました
食欲をも満たす映画を観るというのは結局は最高に至福な時間を過ごせるということ!

chef3star



第8位 『きっと、星のせいじゃない
悲恋の物語に終始せず、最後までポジティブさを貫いたところに希望と感動があった!

21645


第7位 『アントマン
縮小された世界の描写の巧妙さに加えて、MARVELファンなら喜ぶサービスに大満足です!

antman


第6位 『マイ・インターン
人生教訓的なメッセージをウィットなギャグとともに見れる良質な映画!

myintern


第5位 『コードネーム U.N.C.L.E.
スタイリッシュで、とことんお洒落!緻密なシナリオと予想のつかない展開に大満足!

codeuncle


第4位 『セッション
ここまで映画に悶絶するほど圧倒されたのは何年ぶりだろう!全身鳥肌!ある意味の傑作!

whiplash


第3位 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒
内容的には満足してません、ただSWが復活した祝祭的幸福感にお祝いを☆彡

sw7


第2位 『メイズ・ランナー
まるで観ている側も劇中と同じく迷路に挑んでいるような体感型の展開がGOOD!

mazerunner


第1位 『マッドマックス 怒りのデス・ロード
まさに狂気に満ちたパワフルな映画!いい意味での疲労感が残る傑作かつ怪作!

madmax


以上です!
今年は何といっても『スター・ウォーズ』の年でした!続編制作が決定して以来、約3年間の高揚感と興奮・恍惚に満ちた期待度を満たす内容だったかどうかは置いておいても、ひとつの映画がここまで話題になり、世界中の(人がそうであろう)日々の生活の活力となるというのは凄いことだなと思いました!
その他にも超話題作にまみれた1年、本当に充実した2015年だったと思います!
ジュラシック効果で4Dもヒットしました!映画を楽しむ、体験する幅が広がり、劇場に足を運ぶ人も増えたんじゃないかと思ってます。来年も早々に楽しそうな映画が満載です!
素敵な映画との出会いを期待して・・・
See you 2016!

◆バックナンバーです◆
●2014年

●2013年

●2012年

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  2. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  3. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  4. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  5. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!

関連記事

  1. 映画レビュー

    『オリエンタル急行殺人事件』名優勢揃い!それだけでも十分に楽しめる!

    ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ペネロペ・クルス、ウィレ…

  2. 映画レビュー

    『空母いぶき』何もかも中途半端な駄作!それなら娯楽に徹していい気がしたが?

    映画は虚構であり娯楽に徹するだけでいいと感じている身としては些…

  3. 映画レビュー

    『エイリアン:コヴェナント』種の誕生と起源に迫るスコット監督の鬼才に慄く

    本来のSFホラー回帰した、スコット監督の気迫が感じられる力作だ…

  4. 映画レビュー

    『君の膵臓をたべたい』が駄目な理由は物語構築上で最もしてはいけない禁句を犯しているから

    日本中に悲恋ブームを巻き起こしたセカチュー。難病モノとカテゴラ…

  5. 映画レビュー

    実写版『アラジン』賞賛する言葉が多過ぎて的確な表現探すのが大変なほど名作!

    この映画を賞賛したい言葉が多過ぎて的確な表現を見つけるのに大変…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  2. 音楽

    2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  3. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  4. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  5. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
PAGE TOP