映画レビュー

米国保守の象徴が自省を込めた『運び屋』はイーストウッドの贖罪映画である!

©2018 Warner Bros. All Rights Reserved.

御年88歳で監督主演、90歳を演じる超人イーストウッド

イーストウッドこそアメリカ保守層の象徴であった!

イーストウッドは共和党支持者だ。その政党思想、保守的で強い米国の実現はイーストウッドが演じてきた、無敵のガンマン『ローハイド』、暴力的な刑事『ダーティ・ハリー』に象徴される。イーストウッドこそ米国のPOWERの象徴であったのだ。白人男性で背も高く甘いマスクで利発的な姿は保守米国の憧れでもあった。

御大に訪れた転機~『ミリオンダラー・ベイビー』で全てが変わった

しかし、『ミリオンダラー・ベイビー』から作風や彼の作家的信条に変化が訪れたように思える。尊厳死の是非を問う同作は、共和党の思想に必ずしも合致するとは言えない。『グラン・トリノ』では人種差別主義の老人が、移民青年との出会いで変化していく。今回の『運び屋』も家族を顧みなかった男の贖罪めいたテーマ性があった。
『ハドソン川の奇跡』や『アメリカン・スナイパー』『15時17分、パリ行き』のように、米国ヒロイズムをわざとらしく掲げる作品も無いわけでは無いが、強い米国の象徴イーストウッドはどこか丸腰で、近年特に頻繁に世に出される作品では、自身の過去を省みるようなメッセージが垣間見える。

©2018 Warner Bros. All Rights Reserved.
御年88歳の御大の現役感に感服する!

近年は映画に贖罪めいたテーマ性を感じる

イーストウッド自身、この贖罪的なテーマ「仕事に夢中になるがために家族をおろそかにする人物が許しを乞う」設定が無かったら制作に踏み切ってなかったとコメントしているように、高齢になった今こそ自分の想いを映画に全て詰め込んでしまおうという姿勢すら感じて、感慨深い。主演はこれが最後かも知れない。
イーストウッドに対して「最後」とか「引退」とか、英雄への敬意という意味合いにおいて、そういう言葉は使わないようにしているのだけれども、齢88歳である、御大のメッセージに寄り添う体験ができる喜びはひとしおに思える。

[PR]

誰かに必要とされたい高齢者の悲哀を感じる

朝起きて今日も仕事かと嫌になるのは誰でも一緒だが、実際に仕事が無くなると人は焦る。誰かに必要とされたくなるもんだ。20代後半で会社から独立した私が正にそうだった。この『運び屋』の主人公も、自分はまだまだこんなもんじゃないと思ったに違いない。必要とされたいのだ。だから、メキシコの麻薬カルテルから運び屋としてスカウトされ、どこかお気楽に車を運転する様子で、違法な道の深みに意識的にハマっていくのも、自分の居場所が出来たことの喜びでもあるのだと思う。
その結果、自分を破滅させてしまうわけだが。誰かに必要とされたい老人の「承認欲求」と、人生で最も掛替えのない家族への「贖罪」という観点で、この『運び屋』を観ると、故意ではないきっかけで人生の歯車が狂ってしまった、不器用な男性の悲哀に切ない思いがした。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  2. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  3. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  4. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  5. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ゴースト・イン・ザ・シェル

    囲碁の名人が人工知能に負けたというニュースを見て、人類はこのま…

  2. 映画レビュー

    『ジェミニマン』役者若返り達成!リー監督による技術への飽くなき追求に驚愕する!

    役者の若返りが遂に達成された革命的映画だ!『ベンジャミン・バト…

  3. 映画レビュー

    余計な台詞すら削ぎ落とし、戦争を臨場体験させる『ダンケルク』こそ真の戦争映画だ!

    21世紀の娯楽作の王者ノーラン監督が戦争映画を撮るとこうも凄いとい…

  4. 映画レビュー

    『アントマン&ワスプ』物理学の常識を自在に遊びまくる発想が見事で楽しい!

    『インフィニティ・ウォー』(以下、IW)が絶望的な内容だったの…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】キングコング:髑髏島の巨神

    映画を愛する映画馬鹿が振りかぶって作った、賛辞を持って「馬鹿だ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  2. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  3. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
  4. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する…
  5. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
PAGE TOP