映画レビュー

【映画鑑賞日記】モアナと伝説の海

(C) 2017 Disney. All Rights Reserved.


冒険活劇として一級品だった。まるで『マッドマックス 怒りのデスロード』ばりの巨大要塞船との攻防、『ヘラクレス』に登場しそうな巨大溶岩の化け物、とにかくスケールがでかい!

劇中モアナは「私はプリンセスじゃない」と断言する。非常に画期的なことだと思う。これまでも『ムーラン』『ポカホンタス』など、戦うヒロインは存在したが、大半はプリンセスがプリンセス足らしめるが故にディズニーのヒロインは存在してきた。
『アナ雪』『ズートピア』近年のディズニーが描いてきた、強い女性像の系統を引き継ぎ、王子を必要とせず、自分自身で困難を乗り越えるというのは、ハリウッドでも叫ばれている女優の地位向上を望む声にも繋がる。ヒラリー・クリントンが大統領選挙で叫んでいた「ガラスの天井」を、ディズニーは打ち破っているのだ。その勇敢さこそ、おとぎ話の域を超えた、アクション映画顔負けの冒険活劇として、見事に成立させている。(今後のディズニーはLGBTの容認と、女性の地位向上がどうやら主要テーマとなっていきそうだ・・・)

最初は何も出来ないモアナも相棒マウイ(実に王子様タイプでない)に助けられ、次第に成長していく。『ズートピア』の主人公のウサギとキツネの関係性にも通じるところがある。そこには恋愛は介在しない。それも、ディズニーの大きな変化である。もはや、女性の勇姿が根底テーマとなっている、現代ディズニーにそんな生温いものは不要なのである。

海の意思の視覚化も見事だし、その他の荒れる海や、森林、火山などの描写はもはやひとつの芸術レベルで、映画の背景として見過ごすには惜しいくらいの美しさだ。
また、「レディゴ~」に並ぶ主題歌「How Far I’ll Go」もドラマを際立たせるほどの名曲だ。キャッチーさも良い。
一時の低迷期が信じられないくらい『アナ雪』以降のディズニーが最強すぎる。モアナの強い意志に、老若男女が熱狂すること間違いなしだろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  2. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  3. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  4. ポール東京ドーム初日を観た!
  5. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!

    ©2016劇場版「ゴースト・ジュウオウジャー」製作委員会 ©2016 …

  2. 映画レビュー

    『マレフィセント2』異種を認め合う多様性時代を甘受するディズニーの鉄板映画

    続編もマレフィセントは母性溢れる良い人もはや『眠れぬ森の美女』…

  3. 映画レビュー

    『エイリアン:コヴェナント』種の誕生と起源に迫るスコット監督の鬼才に慄く

    本来のSFホラー回帰した、スコット監督の気迫が感じられる力作だ…

  4. 映画レビュー

    時代と逆行する想定内のキムタク映画『無限の住人』

    黒澤明の『椿三十郎』のラストシーンを思い出した。三船敏郎と仲代…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ザ・ウォーク

    (C)2015 Sony Pictures Digital Produ…

  6. 映画レビュー

    横浜流星と中尾暢樹の戦隊俳優が魅せる感涙の王道青春映画『チア男子!!』が熱い!

    いい映画を観たなというのが率直な感想だ。朝井リョウ原作の青…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  3. ハリウッド

    【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  4. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  5. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて
PAGE TOP