映画レビュー

【映画鑑賞日記】スーサイド・スクワッド

susaido(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

最高にCOOLな映画でした!
DCは『スーパーマンvsバッドマン』の悪評を挽回できたのではないでしょうか?
スーパーマン不在の今、ゴッサム・シティの治安は最悪なものになっていました。
そこに蔓延るメタ人間の脅威から街を守るために集められたのが、特別収容所で終身刑くらってるような、どうしようもない悪人たち。<毒を以て毒を制す>ヒーロー映画を本柱とするDCが悪人をメインに映画化するという奇をてらった発想で面白いです。

何よりも劇中で使われる楽曲の王道感に痺れます。
ストーンズに始まり、ストライプス、カニエ、エミネム、クイーン・・・浅い洋楽ファンでも知ってる(はず)のメジャー楽曲が映画を盛り上げてくれます。大音量でそれらを聴けたって体験だけでも十分楽しかったです!

極悪人映画のはずなのですが、ウィル・スミスの父性が描かれていたり(おそらく、良い人イメージを大事にする彼的にもこれが無ければ出なかったとは思います)、ハーレイ・クインのジョーカーに対する熱い恋心など、悪役の<人間性>を描いています。彼らを英雄視させる手法が見事に成功しています。最終的には悪人じゃないんですね。ある意味、詰めが甘いとも言えるところなんでしょうけど、人ってどこかヒール役を応援したくなる心理ってあるじゃないですか?
「あしたのジョー」で力石徹を応援する心理のように(古ッ!)
映画をはじめ何にせよヒールがいるから面白い、ヒールが際立てば際立つだけ英雄が輝く。だから、相乗的にヒールも好きになる!そういうのも手伝ってか、キャラのカッコ良さにすっかり惚れこみ、アンチヒーロー映画として最高に楽しめました!

また、何と言ってもハーレイ・クイーンのマーゴット・ロビー。彼女は『ターザン:Reborn』のヒロインだってことを知り驚きました!あの時も相当たくましい女性像を演じていましたが、今回は完全にラリッちゃってる危ないお姉ちゃんを怪演!皆さん思ったでしょうが、主役のウィル・スミスを完全に食ってました!彼女は今後大ブレイク間違いないでしょうね!
個人的には「ARROW」にも同役で出てましたが「世界のディズニーリゾートへGO!」でお馴染みの福原かれんちゃんが出てたのも旧来から番組を見てる者としては嬉しかったです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  2. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  3. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  4. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  5. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『亜人』日本漫画の過激性という欠点をハリウッド的なアプローチで見事にカヴァー

    興味深かったのは、この映画には善悪が無かったことだ。不死身の体であ…

  2. 映画レビュー

    『君の膵臓をたべたい』が駄目な理由は物語構築上で最もしてはいけない禁句を犯しているから

    日本中に悲恋ブームを巻き起こしたセカチュー。難病モノとカテゴラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  2. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
  3. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  4. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  5. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
PAGE TOP