映画レビュー

【映画レビュー】若手俳優が健闘した緊迫しまくり『狩りの時間』(そのうち日本でリメイクしそう)



© Netflix

劇場公開をしようと思ったけど、新型コロナの影響で権利問題などで揉めに揉めた結果「配信しちゃえ!」ということでネトフリ配信となったらしい『狩りの時間』。けど、それは正解だったと思われる。いま日本で最も話題のネトフリ作品が、韓国ドラマ「愛の不時着」であるという。中高生までハマっているとか。何だかんだで日本人は韓流好きだからだ。
日本でも韓国作品を輸入してリメイクすることが多いだけに、それだけ質の高い娯楽作が多いのかなと思うのだけども、この『狩りの時間』も日本でリメイクしそうな予感だ。特に若手俳優が主人公だけに、イケメン俳優をやたら起用したがる日本映画にはうってつけなのではないか?

そう、この映画は若手俳優が頑張っていて、今年のオスカー作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』の長男も出ているというので、興味惹かれて観てみた(主人公の俳優がどう見ても好青年でチンピラに見えないのはどうかなと思ったが、パラサイト長男もひ弱そうだし)。いや、面白い!人生の逆転を狙った若者たちが、賭博強盗をしたことで、謎の射撃犯に追われるというサスペンス。単純に言えば鬼ごっこ、煽るだけ煽るハリウッド的演出も巧みで、逃亡撃はハラハラドキドキしっぱなしだった。



しかし、途中から緊張感も失速。演出が単調だけに集中力が持たなかった。静寂の中の銃撃戦で思い出すのは『スターリングラード』だ。ジュウド・ロウ主演の傑作、静寂が演出に活かされていたが、この『狩りの時間』は緊張とは真逆の飽和を招いた。演出の差であろう。襲撃犯の狙いが分からないからだ。中盤で主人公たちは追いつかれてしまう。絶体絶命になるのだが、何故か「5分間だけ猶予をやる」と逃がす展開で興醒め。捕まったらいかんのよね。この手の追う追われる系作品は、徹底的に逃げていなければならない。そういう意味でもハリソン・フォードの『逃亡者』も、ディカプリオの『レヴェナント:蘇えりし者』も秀逸だった。

あとは、モノクロに近い薄暗さや深紅に染まった映像もディストピア感が出ていて良かったと思ってるのだが現代社会の光景と何ら変わりがなく、ウォンの価値が下がった荒廃世界というファンタジー性が活かされていないのも残念だ。韓国映画は暗いというイメージが強い。滅多に見ないのだが、最近見た『新感染』も『パラサイト』もバッドエンドが多い。カタルシスを感じられない、スッキリしない後味の悪さが残るのは想定内だった

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  2. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  3. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. ポール東京ドーム初日を観た!
  5. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!

関連記事

  1. 映画レビュー

    『アド・アストラ』映画的醍醐味も希望も描けないスッカスカな駄作

    くっそつまらない!大概の映画は表現の存在として認める性質だ…

  2. 映画レビュー

    『メリー・ポピンズ リターンズ』は果たして本当に必要な続編だったのだろうか?

    王者ディズニーに禁句なし。名作アニメの実写化すれば軒並みヒットさせ…

  3. 映画レビュー

    『オリエンタル急行殺人事件』名優勢揃い!それだけでも十分に楽しめる!

    ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ペネロペ・クルス、ウィレ…

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて
  2. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  3. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
  4. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
PAGE TOP