映画レビュー

【映画レビュー】若手俳優が健闘した緊迫しまくり『狩りの時間』(そのうち日本でリメイクしそう)



© Netflix

劇場公開をしようと思ったけど、新型コロナの影響で権利問題などで揉めに揉めた結果「配信しちゃえ!」ということでネトフリ配信となったらしい『狩りの時間』。けど、それは正解だったと思われる。いま日本で最も話題のネトフリ作品が、韓国ドラマ「愛の不時着」であるという。中高生までハマっているとか。何だかんだで日本人は韓流好きだからだ。
日本でも韓国作品を輸入してリメイクすることが多いだけに、それだけ質の高い娯楽作が多いのかなと思うのだけども、この『狩りの時間』も日本でリメイクしそうな予感だ。特に若手俳優が主人公だけに、イケメン俳優をやたら起用したがる日本映画にはうってつけなのではないか?

そう、この映画は若手俳優が頑張っていて、今年のオスカー作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』の長男も出ているというので、興味惹かれて観てみた(主人公の俳優がどう見ても好青年でチンピラに見えないのはどうかなと思ったが、パラサイト長男もひ弱そうだし)。いや、面白い!人生の逆転を狙った若者たちが、賭博強盗をしたことで、謎の射撃犯に追われるというサスペンス。単純に言えば鬼ごっこ、煽るだけ煽るハリウッド的演出も巧みで、逃亡撃はハラハラドキドキしっぱなしだった。



しかし、途中から緊張感も失速。演出が単調だけに集中力が持たなかった。静寂の中の銃撃戦で思い出すのは『スターリングラード』だ。ジュウド・ロウ主演の傑作、静寂が演出に活かされていたが、この『狩りの時間』は緊張とは真逆の飽和を招いた。演出の差であろう。襲撃犯の狙いが分からないからだ。中盤で主人公たちは追いつかれてしまう。絶体絶命になるのだが、何故か「5分間だけ猶予をやる」と逃がす展開で興醒め。捕まったらいかんのよね。この手の追う追われる系作品は、徹底的に逃げていなければならない。そういう意味でもハリソン・フォードの『逃亡者』も、ディカプリオの『レヴェナント:蘇えりし者』も秀逸だった。

あとは、モノクロに近い薄暗さや深紅に染まった映像もディストピア感が出ていて良かったと思ってるのだが現代社会の光景と何ら変わりがなく、ウォンの価値が下がった荒廃世界というファンタジー性が活かされていないのも残念だ。韓国映画は暗いというイメージが強い。滅多に見ないのだが、最近見た『新感染』も『パラサイト』もバッドエンドが多い。カタルシスを感じられない、スッキリしない後味の悪さが残るのは想定内だった

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  2. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  3. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  4. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. 映画レビュー

    アメコミ映画には無い肉体を駆使するアクションに痺れる『ジョン・ウィック:チャプター2』

    前作は愛犬をチンピラに無残にも撃たれてしまったことから始まる大復讐…

  2. 映画レビュー

    『search』を観た!控えめに言っても大傑作!ここ数年で1番の大傑作と評したい!

    控えめに言っても大傑作である。素晴らしいアイディア、完璧な映画だ!…

  3. 映画レビュー

    余計な台詞すら削ぎ落とし、戦争を臨場体験させる『ダンケルク』こそ真の戦争映画だ!

    21世紀の娯楽作の王者ノーラン監督が戦争映画を撮るとこうも凄いとい…

  4. 映画レビュー

    時代と逆行する想定内のキムタク映画『無限の住人』

    黒澤明の『椿三十郎』のラストシーンを思い出した。三船敏郎と仲代…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】パッセンジャー

    誰かに求められること、他人を意識した言動が意味を成す。対象があ…

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
  2. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  3. ハリウッド

    【報酬額予想】相当稼いだだろう新スパイダーマンのトム・ホランドが確定申告で困って…
  4. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  5. 映画レビュー

    勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!
PAGE TOP