ハリウッド

ディカプリオやケイティ・ペリーなどがSNSを1日ボイコットした理由とは・・・?



pousta.com

レオナルド・ディカプリオケイティ・ペリーなど、大物セレブたちが、1日だけインスタグラムに投稿をするなと呼びかけていて話題である。理由は、インスタグラムを所有するフェイスブックに向けた「ヘイトを辞めよう」というメッセージがあるという。フェイスブック上でヘイトスピーチやデマ情報が拡散されている事実を止めようというプロジェクト「Stop Hate For Profit(利益のためのヘイトは辞めよう)」という運動をしているというのだ。

9月16日には、ディカプリオやケイティの他にも、ジェイミー・フォックス、キム・カーダシアンらセレブたちが一斉に「ヘイトを辞めよう」と書かれた同じ画像をインスタグラムに投稿した。フェイスブック上で暴力を賞賛するグループ、白人至上主義、陰謀説を流す投稿などを禁止するように訴えかけている。ツイッターではすでに人種差別や嘘の情報を投稿すると見られなくなるなどの対策がされているが、それをフェイスブックとその傘下にあるインスタグラムにも求めている。



デマで有名なものと言えば、今行われている大統領選でも話題?問題?になっている、Qアノンという陰謀説だ。いい歳した大人が、それを平然と信じているというのが驚きである。Qアノンとは、小児性愛者の闇の組織の全貌を暴き壊滅させるため、世界を救う使命を託されたドナルド・トランプを支持しようという滅茶苦茶な論理。FBIの発表によれば、米国では毎年何十万人の子どもが行方不明になっており、Qアノンはこれを小児性愛者で組織される深層国家の仕業であると主張、その組織には、オバマ前大統領、ヒラリー・クリントンをはじめ、民主党系の政財界の大物、そしてハリウッド・セレブまでが含まれているいう。もう、保守とか右翼とかのレベルではない。流石は、いつまでもプレスリーが未だに生きていると信じてる人が一定数いる国である、呆れてものが言えない。
実際に、最近の共和党大会でも、このQアノンのシャツを着ている人は多く会場に見かけられ、トランプ大統領も、この説を記者に聞かれても否定しなかった。しかし、共和党のトランプ陣営としては、あくまで選挙演説の場であり、オカルト信仰者の集まりでないことから、選挙戦に不利になるという理由から、シャツを着た人間に注意を促しているという。



こういったデマが平然と流れ、信じる人が一定数いることでの正常な社会機能の崩壊、理性的な民主国家の維持の困難さも、大きな問題として挙げられよう。しかも、SNSでの拡散はニュース番組を見るよりも6倍の速さで伝わり、テレビの情報よりも信じ込みやすい性質を持っていることから、セレブが声を上げるのも納得のいくところだが、そうすればするだけ、陰謀信仰者は反発するのだろうけど。これは、あくまで一例でしかないが、日本でもツイッターの誹謗中傷が問題となっているように、どんな政治的思想を持とうが個人の自由である限り、冷静で正確な情報が正常に伝達することを願ってやまない。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  2. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  3. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  4. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  5. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!

関連記事

  1. ニュース

    続・トランプ当選に対する音楽界の反応

    レディオヘッドのトム・ヨークは今回の米大統領選挙の結果が出…

  2. ハリウッド

    ポール『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作に出演決定

    ポール・マッカートニーが、『パイレーツ・オブ・カリビアン』…

  3. ハリウッド

    科学的に証明された真のイケメンはジョージ・クルーニー!

    日本でも有数の女性誌のひとつであるananの目玉企画で「抱かれ…

  4. ニュース

    【ラスベガス銃乱射事件】セレブ続々追悼の中、マライアやらかす!

    今アメリカは岐路に立たされている。アメリカは世界屈指の銃社会である…

  5. ハリウッド

    デ・ニーロ発言が物議

    なんとも情けないなと思いました。名優ロバート・デ・ニー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  2. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  3. ハリウッド

    【ジャスティス・リーグ公開記念】いま最もホットなハリウッド俳優“エズラ・ミラー”…
  4. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  5. 邦楽

    勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
PAGE TOP