ニュース

【映画鑑賞日記】殿、利息でござる!

tonoriso(C) 2016「殿、利息でござる!」製作委員会

喜劇かと思っていたら意外にも感動作でした。
この時代劇が2016年の今に公開される意味深かさを、ひしひしと感じながら観ていました。
貧乏な宿場町の農民が殿様にお金を貸して、その利息を得ることで、町の貧困を抜け出す物語。自分たちの利益先行でなく、町の将来のための金策の話なんです。

定数削減も完全無視で、社会保障と税の一体化の増税だったはずなのに、年金支払額は年々増える一方で、景気判断よりも自身のアベノミクスの成功を強引に確証させるために消費増税10%も容赦なくするつもりの現安倍政権。
そして、公私混同した税金の不正使用が発覚中の舛添東京都知事・・・
劇中でも山崎努が夜逃げする家族に向かって「君が悪いのではない、社会の仕組みが悪い」と言いますが、本当に庶民を苦しめるだけの税収システム、えげつない搾取型の社会構成しか見えない日本を憂いたくなる今こそ観るべきタイムリーな映画!

是非とも都知事や国会議員の先生方には、この映画を観ろ!と言いたい。
<与える者は与えられる>の精神で、私欲でない将来のための散財。まさに理想的な映画です・・・というか、これが当たり前であってほしいと思いますけどね。

それと、この映画は役者の演技で魅せられた気がしました!
個人的には西村雅彦がツボで・・・シティボーイズのきたろう然り、この辺の俳優さんの喜劇オーラには敵わないな~
それと、瑛太ってのは不思議な役者で、テレビで見てるとそうでもないんですが、映画だといいんですね。スクリーン映えするというか、撮られ方を知ってる気がします。
で、何といっても、この映画の最大の話題は羽生結弦選手ですよね。
フィギュアスケートという表現力を競う選手だからでしょうか、初の映画出演とは思えない堂々たる存在感、プロの役者陣の中で見劣りはしませんでしたよ。同時期公開中のEX●LE総出の不良映画の自己陶酔系演技よりも全然マシでした(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  2. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  3. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  4. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  5. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!

関連記事

  1. 映画レビュー

    近年のディズニーにハズレ無し!『ズートピア』で描かれる現代米国の縮図

    『ラプンツェル』以降、傑作を生み続け、『アナ雪』で何度…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】マリアンヌ

    久々にハリウッド映画を堪能できた気がした。その理由は顔にあった。古…

  3. 映画レビュー

    『検察側の罪人』ようやく見れた英雄以外の汚れたキムタク!

    この映画の最たる存在意義は、ジャニーズによる本格的な社会派であると…

  4. ニュース

    3.11

    あれから6年。まだ癒えぬ傷と共に、あの日生き延びた者の宿命として、…

  5. 映画レビュー

    ジョディ・フォスター史上最高傑作だった『マネーモンスター』

    文句なしで今年のトップに入る娯楽作だと太鼓判を押したく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
  2. 邦楽

    俺が勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
  3. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  4. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
  5. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する…
PAGE TOP