映画レビュー

【映画鑑賞日記】ザ・ウォーク

walk(C)2015 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

しかし、よく出来た映画でした。純粋に面白い!
流石はエンタメの巨匠ロバート・ゼメキスです!娯楽作の教科書のような作品です。
この映画の成功の決め手は「枷」の絶妙さにあります。
思い出したのは人気海外ドラマの「プリズン・ブレイク」。あのドラマって主人公が完璧な脱獄計画を練ってはいるんだけど、いろんな障害が起こるという、一筋縄ではいかないストーリーが魅力でした。この映画も同じで、ワールド・トレード・センターを綱渡りする緻密な計画を様々な「枷」が邪魔し、ひと時も目の離せないドキドキ感を伴う娯楽性を構築しているのです。

男には時として馬鹿じゃないかと思えるようなことをやりのけたくなる瞬間があるもの。
すなわち、それを「ロマン」と言うわけですが、この映画は、どこかコミカルでありつつも、男がその「ロマン」を達成するための美学が描かれています。そこに男として共感を覚えたし、感動すらしました。『フォレスト・ガンプ』然り『バックトゥザフューチャー』然り、この人の映画って鑑賞後の後味の良さが本当にいいです!

何より『インセプション』や『(500)日のサマー』など着実に役者として頭角を表している、ジョセフ・ゴードン=レビットの素晴らしさも忘れてはいけません。実際に綱渡りをマスターしたというし、「あれ?彼ってフランス人だったっけ?」と一瞬戸惑うほど見事にフランス語もマスターしていたのに脱帽!今後が楽しみな役者さんだなと思いました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  2. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  3. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  4. 2017年 俺が勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  5. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】デッドプール

    (C) 2016 Twentieth Century Fox Film…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】SING/シング

    もしズートピアで『glee』をやったら・・・「My w…

  3. 映画レビュー

    『空飛ぶタイヤ』池井戸潤が感じる自分の正義を庶民的正義と重ね合わせた大衆娯楽の鑑のような傑作!

    池井戸原作の映画を楽しみにしていた。初の映画化である。彼の作品は現…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】クリミナル 2人の記憶を持つ男

    スーパーマンの父親役から目立った作品にはご無沙汰だったケヴィン…

  5. 映画レビュー

    シリーズのある種の頂点に達した『クリード 炎の宿敵』に胸が熱くなる!

    ロッキーが何故アカデミー賞に選ばれて映画史に燦然と輝く名作になった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  2. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  3. 邦楽

    俺が勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
  4. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  5. ハリウッド

    【報酬額予想】相当稼いだだろう新スパイダーマンのトム・ホランドが確定申告で困って…
PAGE TOP