音楽

米ローリング・ストーン誌が2000年以降のMVベスト10を発表

1位 レディー・ガガ「バッド・ロマンス」
2位 ビヨンセ「シングル・レディース(プット・ア・リング・オン・イット)」
3位 ジョニー・キャッシュ「Hurt」
4位 テイラー・スウィフト「バッド・ブラッド」
5位 ザ・ホワイト・ストライプス「Fell In Love With A Girl」
6位 ラナ・デル・レイ「Ride」
7位 アウトキャスト「Hey Ya!」
8位 ザ・ホワイト・ストライプス「Seven Nation Army」
9位 グリーン・デイ「アメリカン・イディオット」
10位 ブリトニー・スピアーズ「TOXIC」

結構、納得の選定と順位!さすが、RS誌!
ストライプスが2曲も入ってるのが嬉しい!特に8位が嬉しい!
俺個人が選ぶ2000年以降のベストMVはビヨンセの「シングル・レディース」ですね。相当なインパクト受けました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  2. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  3. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  4. ポール東京ドーム初日を観た!
  5. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…

関連記事

  1. 音楽

    【追悼】SHINeeのジョンヒョンが27歳の若さで急逝(個人的に選ぶSHINeeSONGベスト10も…

    嘘であってほしいと思う。嫌韓とか親韓とか関係なく、純粋に音…

  2. 音楽

    【緊急速報】リアム意味深発言!ビーディ・アイ解散?

    リアム、突然の発言!Beady Eye are no …

  3. グラミー賞

    グラミー賞予想

    もういくつ寝ると、グラミー賞。今年はアデルの一人勝ちになる…

  4. 音楽

    【何があった】ジャスティン・ビーバー来日公演が地獄絵図?

    先日3年ぶりの来日公演が実現したジャスティンビーバー。…

  5. 音楽

    第12回 独断で選ぶ今年素晴らしかった洋楽 TOP10 2020

    ビリー・アイリッシュがグラミー主要部門を独占の…

  6. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化

    ジャスティン・ビーバーがスペイン語の歌唱でゲストで参加している、今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  2. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  3. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  4. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  5. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
PAGE TOP