テレビ・芸能人

男がなりたい顔ランキングが世相を反映している件

df

2016年男性が選ぶなりたい顔ランキングTOP10
1位 ディーン・フジオカ
2位 竹野内豊
3位 佐藤健
4位 向井理
5位 木村拓哉
6位 妻夫木聡
7位 福士蒼汰
8位 玉木宏
9位 櫻井翔
10位 山崎賢人

福山雅治は2014年の同ランキングで5連覇を達成し殿堂入りとのことですが、仮に今年ランクインしてても大幅に順位を落としたでしょう。そうなんです、SMAP解散騒動で人気陥落したキムタクが昨年の1位から5位に転落してるように、このランキングは同性が選ぶ分、単なるルックスの良さ云々でなく、如何に同性から好感度を得ながらも活躍しているかを如実に表しているランキングだと思ってます。同性の評価ってのが最も厳しいですからね。
好感度の低い嫌な奴でもルックスがいいは認めないと思うんです。例で言えば、イクメン法案出しときながら、妻が妊娠中にゲス不倫した宮崎謙介元議員とかね?笑

1位のディーン・フジオカは朝ドラの成功で、今年最も幅広い世代に受け入れられた俳優ですし、容姿端麗、語彙力堪能、家庭を大事にする、新たな「いい男像」として認識されたようです。もう、福山、キムタクの時代じゃない、これからはディーン時代です!
2位の竹ノ内豊も『シン・ゴジラ』での存在感が記憶に新しく、佐藤健や福士蒼汰、山崎賢人などジャニーズじゃない旬の俳優がランクインしたことも時代性を感じます。
ただ、映画も必ずコケる、ドラマも低視聴率、同性から好かれそうもない向井理が上位にいるのは意外です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  2. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  3. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  4. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  5. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!

関連記事

  1. テレビ・芸能人

    Mステにジャスティン・ビーバー登場!

    完全に今夜のMステはジャスティンのためのMステでした!…

  2. テレビ・芸能人

    松本人志のタウンワークCMにWANIMA登場!

    今の10~20代若者のカリスマバンドWANIMA我々30代…

  3. テレビ・芸能人

    海外メディアも報道した「たけし独立騒動」何故たけしは自ら出て行ったのか?

    たけしが「オフィス北野」から独立する。何か腑に落ちない部分もあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 3日目ライヴレポート
  2. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
  3. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  4. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  5. ライブレポート

    【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
PAGE TOP