映画レビュー

【映画レビュー】『トムとジェリー』永遠のライバルが助け合う共生こそ現代的!



© Warner Bros. All Rights Reserved.

「大嫌いだけど、好き」というキャッチが愛おしい。
ワイリーコヨーテとロードランナーや、ルパン三世と銭形警部など、追って追われる関係性のキャラは数多い。ただ、その関係は実はお互いを必要としており、敵対ではなく信頼と愛情に基づくものであることは言うまでもない。
そんな、追い追われる立場の両者であるが、世界が注目する結婚パーティーが自分たちが原因でめちゃくちゃになったことでタッグを組むというファンサービスも盛り込んだ素敵な作品が、この実写化である。

今、世界が直面しているのは民主主義の脆さと危うさである。民主主義の分断が色濃い現代において、敵対よりも調和を目指す風潮においては、この姿勢は正しい。トムジェリが示した最強のバディは感動すら覚えるものだった。排他ではなく共生こそ、現代的なのだと感じる。



生誕80周年にして初の実写映画化。しかも、3Dアニメ全盛期にも関わらず、オリジナルの2D版を貫き通したことが見事に吉と出ていたように思える。手書き時代からのテイストと言えば『メリー・ポピンズ』や『スペース・ジャム』を思い出すが、そんな、絶妙な違和感が残る、リアル現実とカートゥーンの両世界コラボラティブがたまらない。おなじみハイテンションをそのまま大スクリーンで観れた多幸感たらなかった。

クロエ・グレース・モレッツの存在が映画に華を与えているのはもちろんだが(彼女の存在もカートゥーン的な部分は少し感じるのだが)、なんせアメリカの国民的キャラにして、世界で愛されるトムジェリである、彼らに全部持って行かれそうな中で、絶妙な立ち位置で、本来は第三者が入り込む余地のない両者の関係性に関わっていたのも良い。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  3. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  5. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    横浜流星と中尾暢樹の戦隊俳優が魅せる感涙の王道青春映画『チア男子!!』が熱い!

    いい映画を観たなというのが率直な感想だ。朝井リョウ原作の青…

  2. 映画レビュー

    『ジョーカー』現代社会の理不尽さと歪みを叩き出す衝撃作にして大傑作!

    初めて映画で恐怖を感じた。ホラー映画の娯楽テイストの恐怖で…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】この世界の片隅に

    日本という国が、この映画が口コミで好評を呼びヒット…

  4. アカデミー賞

    【映画鑑賞日記】オデッセイ

    (C) 2015 Twentieth Century Fox Film…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
  2. ライブレポート

    【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  3. ライブレポート

    ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  4. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
  5. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
PAGE TOP