映画レビュー

【映画レビュー】『トムとジェリー』永遠のライバルが助け合う共生こそ現代的!



© Warner Bros. All Rights Reserved.

「大嫌いだけど、好き」というキャッチが愛おしい。
ワイリーコヨーテとロードランナーや、ルパン三世と銭形警部など、追って追われる関係性のキャラは数多い。ただ、その関係は実はお互いを必要としており、敵対ではなく信頼と愛情に基づくものであることは言うまでもない。
そんな、追い追われる立場の両者であるが、世界が注目する結婚パーティーが自分たちが原因でめちゃくちゃになったことでタッグを組むというファンサービスも盛り込んだ素敵な作品が、この実写化である。

今、世界が直面しているのは民主主義の脆さと危うさである。民主主義の分断が色濃い現代において、敵対よりも調和を目指す風潮においては、この姿勢は正しい。トムジェリが示した最強のバディは感動すら覚えるものだった。排他ではなく共生こそ、現代的なのだと感じる。



生誕80周年にして初の実写映画化。しかも、3Dアニメ全盛期にも関わらず、オリジナルの2D版を貫き通したことが見事に吉と出ていたように思える。手書き時代からのテイストと言えば『メリー・ポピンズ』や『スペース・ジャム』を思い出すが、そんな、絶妙な違和感が残る、リアル現実とカートゥーンの両世界コラボラティブがたまらない。おなじみハイテンションをそのまま大スクリーンで観れた多幸感たらなかった。

クロエ・グレース・モレッツの存在が映画に華を与えているのはもちろんだが(彼女の存在もカートゥーン的な部分は少し感じるのだが)、なんせアメリカの国民的キャラにして、世界で愛されるトムジェリである、彼らに全部持って行かれそうな中で、絶妙な立ち位置で、本来は第三者が入り込む余地のない両者の関係性に関わっていたのも良い。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  3. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  4. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. アカデミー賞

    【映画鑑賞日記】メッセージ

    宇宙人襲来映画は腐るほどあるが、その中でも群を抜いて素晴らしい…

  2. 映画レビュー

    『デッドプール2』ブラックな笑いと過激描写が続編で増し増しで強引に続編成立

    前作で度肝を抜かされたブラック・ユーモアが続編となって何割か増し増…

  3. 映画レビュー

    『バリー・シール/アメリカをはめた男』を見て感じた、貯蓄額の多さと幸福度指数は比例しない!

    まさに狂想曲。金に物を言わされ、米国そのものに踊らされるバリー・シ…

  4. 映画レビュー

    【綾野剛は流石だけど・・・】シュールこそ独自性と勘違いした悪ふざけ『パンク侍、斬られて候』

    劇中薄らとは感じていたけど、エンドロールでセックス・ピストルズが流…

  5. 映画レビュー

    『ジョン・ウィック:パラベラム』アクションが九割を占め正直飽きる・・・

    愛犬を殺され、その復讐のためにマフィア組織を全壊させてきたジョ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  2. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  3. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  4. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  5. ハリウッド

    年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
PAGE TOP