映画レビュー

『アド・アストラ』映画的醍醐味も希望も描けないスッカスカな駄作

(C) 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation


くっそつまらない!

大概の映画は表現の存在として認める性質だが、この『アド・アストラ』は全く意味を持たないスッカスカな映画で、久々に時間を無駄にしたと思わずにいられない超ド級の駄作だった。こんな映画に希代のスターであるブラピが、よく出演OKしたなと思う。ブラピの無駄遣い。

人類が踏み入れたことの無い宇宙の領域(海王星)で消息不明となった父親を探すためにブラッド・ピットが宇宙に旅立つ話。余計な演出はなく、登場人物の感情も出来るだけ抑えられ、淡々と叙事的に語られるシナリオは、例えば『ゼロ・グラビティ』のような娯楽性に乏しく、果てしない壮大な旅である『インタースティラー』のような奇抜性にも及んでいない、非常に退屈なものだった。

[PR]


宇宙に旅立つ際に映画が描く姿勢としては、未知との出会いへの好奇心か、不安感のいずれか。
この映画は明らかに後者で、登場人物の感情どころか、BGMも廃された物静かなストーリーテリングは、どことなく不気味さを覚えさせる。ミステリアスな雰囲気の末に主人公は何を見出すのか? この映画は何を提示するのか? だけを期待して観ていたが、親父を説得して連れ戻そうとしただけ。その過程も、根暗な中年男の愚痴を聞いてるだけで、ドラマ性も娯楽的盛り上がりも無く、ただただ時間が経過するのを耐える苦行に近い2時間であった。

[PR]


未知なる宇宙への開拓は、人類の未来が無くてはならないと思っている。この監督がオマージュしたと言われる(出来てないけど)『21世紀宇宙への旅』で語られたAIとのやり取りのように、たとえ、恐怖でも絶望でも人類の進歩が感じられないと意味を持たない。

「海王星の壮観な景色の下には何も無い」ってされるだけでは、宇宙に希望は無いということになる。人間の科学では判明できない部分には何も無いよって、映画としては夢もヘッタクレもない結論ということになる。
確かに主人公のブラピは、略奪を繰り返す人類に辟易としているようなことを言っていたし、「宇宙の探索は現実逃避」だとジャック・バウアーの実の父親も言っていた。しかし、それでは映画としては味気ない。宇宙には無限の可能性があると思わせるのが虚構の出来る業である。その放棄の行く末に、希望はなく、単に宇宙の隅で親子愛を叫ばれても何の感情も突き動かせられなかった。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]



[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  2. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  3. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  4. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  5. 「時代遅れのRock’nRoll Band」を聴く

関連記事

  1. 映画レビュー

    『スプリット』多重人格を演じきったマカボイの怪演以上に驚くラストに注目!

    M・ナイト・シャマランという映像作家は不幸な作家である。20代にし…

  2. 映画レビュー

    【映画レビュー】『キャッツ』そもそも映画化すべきでない!

    そもそも論として、この不朽の名作である『キャッツ』が今まで映画…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  2. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  3. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  4. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?
  5. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
PAGE TOP