ニュース

【映画鑑賞日記】帰ってきたヒトラー

rehitora(C) 2015 MYTHOS FILMPRODUKTION GMBH & CO. KG CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

人類歴史の絶対的悪であるヒトラーを大胆な切り口で用いたブラック・ジョーク満載なコメディ映画です。これまでヒトラーを題材にしてきた映画は五万とありますが、これほどに痛烈な風刺をした作品はありませんでした。現代版のチャップリンの『独裁者』と言って過言でない社会派コメディの傑作が誕生したわけです。

個人的な主張になるので賛否あることは十分に理解しておりますが、いまドイツだけでなく世界的に極右化が進んでいると思うんですね。この映画は、非常に面白い構成になっていて、ドキュメンタリーで描いている部分もあります。そこでは、ナチスのトラウマのない若い世代が、ヒトラー扮する役者に敬礼のポーズをしたり、写メ撮ってと抱きついて来たり、肯定的なTwitteが飛び交ったり・・・結構、驚くべき光景が平然と映し出されています。
ましてや、移民問題に悩むドイツにおいて、平然と外国人に対する敵意をあらわにしたり、中には強制収容所は今でも必要なんてことを言うドイツ人がいるんですから驚きです。

英国でEU離脱の支持が勝ったのもそう。
米国でトランプのような人物が共和党の大統領候補になるのだってそう。
日本だってそう。昨年の集団的自衛権の議論でも、賛成派の中には「国力を強くする」など軍拡路線を肯定し、それに反対する者を容易に「反日」と蔑み、ネトウヨなんて呼ばれる輩も出てきて、在日外国人の特権をどうたらなんてのもいる始末・・・別に俺も特定の国を擁護はしませんが(むしろ外国人高齢者の生活保護に反対など排外的な思想もあります)けど、愛国精神も行き過ぎると、もはやそれは民主主義と呼ぶに相応しくなく、それが過激化したのがナチ共産主義だったんでしょって。第二次世界大戦で6,000万人を犠牲にして勝ち取った民主主義が世界規模で揺らいでいるのは確かだと思うのです。

それを皮肉たっぷりに描いき警鐘を鳴らしているのが本作です。
もちろん、コメディなので、メルケル現ドイツ首相を「デブ女」呼ばわりしたり、『ヒトラー最期の12日間』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のオマージュもあったりと、笑わせてくれるところも多くあります。けど、笑ってるだけでは済まない映画だという結論に達します。
テレビで料理番組を流すことを憂い、政治に関心を持てと怒りをあらわにするのは、まさしくヒトラーの人物像そのもので、映画が進行していくに連れ、twitterやFacebookをプロパガンダとして利用してしまうヒトラーの恐ろしさが際立ってきます。ヒトラーが仮に2010年代に生きていたらというのを巧みに描いています。
のんぽりや中道でいることが正しいとは思わないし、左が正しいとも言いません。しかし、極右化が持つ一種の危険性を我々は歴史から、もう一度学ばなければならないのではないかとこの映画から気づかされました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  2. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  3. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  4. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  5. ポール東京ドーム初日を観た!

関連記事

  1. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わるのか?

    テレビ業界の不調が叫ばれて久しい。ライフスタイルの多様化に伴う…

  2. ニュース

    『君の名は。』ジブリの牙城を崩し興収200億突破の快挙!

    これで洋画も含めた日本国内の興行収は1位『千と千尋の神隠し…

  3. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考える

    邦楽ロックが好きな皆様こんにちは。皆さんがライヴ行く中で違和感を覚…

  4. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する

    まず私が小学生高学年の時に親にアニメのVHSを買って貰ったのが20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?
  2. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  3. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?
  4. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP