映画レビュー

【映画鑑賞日記】ぼくは明日、昨日のきみとデートする

yesterday(C) 2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

やばい、切ない・・・胸が痛い・・・
福士蒼汰に泣かされるとは思ってませんでしたね・・・笑
設定自体は微妙に異なりますが、フィンチャー監督作『ベンジャミン・バトン』のラストで、時間軸が反対に流れる男女の行く末、年老いたケイト・ブランシェットと赤ん坊のブラピが手を繋いで歩いてる姿を観て感じた何とも言えない心の苦しみに近い。

単なる最近流行している少女漫画原作の恋愛映画ではありません。
向かう時間軸の方向が逆という男女の擦れ違いを、時間の流れの特性を使って巧みに男女間の恋愛の枷を描いた、不可思議なミステリー恋愛映画でした。
向かう時間軸の方向が逆ということは、一方の出会いが、一方の別れになる・・・(福士蒼汰にとっての初対面が、彼女にとっての別れの日になる)。明日会おうという約束が成立しない。共通の過去が無いから、思い出が作れない。相手を愛した時間が思い出になり、情が入るのが恋愛の本質だと思うのですが(俺が勝手にそう思ってるのでほっといて笑)、そうならない設定に、胸がはち切れそうになりました。
大切な人と過ごす何気ない日常の一瞬の切り取り方と、その時間のかけがえのなさを描いた傑作です!

言わば、ハッピーエンドではない。別れの物語です。近年は山崎賢人映画のような頭の中がお花畑な少女漫画原作映画が多く、バッドエンドの青春ものって日本では見なかった気がします。そういう意味でも、貴重かもしれません。
これは、人間がどうすることも出来ない<時間>というものの無二性と残酷性という両極端の側面を、淡い想いというフィルターで通しながら描いたラブストーリーです。

三木監督は『ソラニン』然り『青空エール』然り、若者の繊細な心情を描かせたら今や日本で右に出る者はいませんね!
この人、毎回思うのですが、陽の使い方が非常にうまくて、誰しもが経験してる淡い思い出を心地良い柔らかい光を以て表現している。うまいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  3. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  4. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  5. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『記憶にございません』風刺も思想もほどほどに抑えて大衆喜劇として見事に成功!

    風刺を許さぬ現代に三谷幸喜の才が冴え渡る!特に今のご時世、音楽…

  2. 映画レビュー

    『キングダム』旬の俳優で人気漫画を角川映画っぽく味付けし成功

    原作が漫画なので内容が希薄なコミックだと揶揄しても仕方ない。に…

  3. 映画レビュー

    【ご都合主義で旧作と繋がってない】『猿の惑星:聖戦記』は、なぜ失敗に終わったのか?

    ※ネタバレ注意※この記事には映画の内容に触れております。ま…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ムーンライト

    黒人による黒人への差別と迫害・・・アメリカでは黒人以上に同…

  5. 映画レビュー

    ハリウッド女優の地位向上以上の続編成功例だった『ゴーストバスターズ』

    30年前は当時の映画興収歴代7位という大ヒットを記録し…

  6. 映画レビュー

    アメコミ映画には無い肉体を駆使するアクションに痺れる『ジョン・ウィック:チャプター2』

    前作は愛犬をチンピラに無残にも撃たれてしまったことから始まる大復讐…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  3. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  4. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  5. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
PAGE TOP