ハリウッド

マット・デイモン乱入!エミー賞で因縁の対決(笑)

テレビ界の最大の祭典「第68回エミー賞授賞式」で司会のジミー・キンメルが自身のトーク番組の受賞を逃したタイミングに、彼の宿敵でお馴染みのマット・デイモンが乱入!誰が受賞したかを聞いたマットはジミー以外の番組が受賞したことを聞いた瞬間に「よし!」とガッツポーズ。
明らかに怪訝な表情をするジミーに対して上乗せで「受賞を逃した後も司会を務めなきゃいけないなんて、さぞかし恥ずかしいだろうね。会場にいる皆、負け犬のジミーを励ましてあげてくれ」と屈辱のひと言!
帰り際にも「アフターパーティで会おう」とマットは言うが、ジミーは何のことかサッパリ。誘われてなかったんだなという素振りと共に会場を後にするマットに会場は爆笑の渦。今回はマットの完全勝利のようです。

そもそも、この2人の確執ネタは3年前に遡ります。米国では国民的番組のひとつと言われるジミーのトーク番組で、出てもいないマットに対して「時間切れによりマットの出番はキャンセルです」とマットを茶化したことが全てのはじまり。その後、実際にマットが出演した際も、時間オーバーでエンドロール流れる時にマットが数秒出演する屈辱を味わせたり。
それに対して、キンメルの当時の恋人であったコメディエンヌ、サラ・シルヴァーマンと報復ビデオを制作、あの有名な「I’m F*@#ing Matt Damon」です。後にエミー賞を受賞するほど米国では人気でした。
その後も、マットが番組をジャックするなど、丁々発止のネタが人気を博していました。

映画ではシリアスでお堅いイメージのマット・デイモンの面白い面が見れるので、今後もこのネタは続けてほしいけど、そろそろ飽きてきたかな(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  2. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  3. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  5. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている

関連記事

  1. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由

    誰だ、実写化を許したのはッ!『君の名は。』がハリウッドで実写化…

  2. ハリウッド

    「フルハウス」続編に日本語吹替声優集合!予告編公開!

    やはり吹替って重要なんですね。変わらぬ声を聞き、当時を思い…

  3. ハリウッド

    【ブラピ長男との関係性悪化】単なる反抗期が招いた離婚騒動なのでは?

    離婚に伴う親権争いでゴタゴタに陥っているブラッド・ピットと…

  4. ニュース

    トム・ハンクスが新型コロナウイルスに感染

    『フォレスト・ガンプ/一期一会』『フィラデルフ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート
  3. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  4. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  5. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
PAGE TOP