邦楽

  1. 【SMAP急上昇】購買運動の意味ってあるのだろうか?

    解散まで1カ月半となった戦後最大のアイドルグループSMAP。代表曲「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」が急ピッチで売上を伸ばし今週の…

  2. ミスチル桜井和寿が粋な計らい「I ♥ CD shops!」開始

    Mr.Childrenの桜井和寿が「I ♥ CD shops!」というプロジェクトを開始させました。このプロジェクトは、音楽配信が多くなり、CD…

  3. 【EXILE神話終焉】三代目JSBが1億円でレコ大買収発覚!

    レコード大賞自体が業界最大権力バーニング配下の賞であることは知ってました。89年、美空ひばり「川の流れのように」ですが、往年の国民的名曲でもあり…

  4. EXILE所属LDHの世界進出が成功しない理由

    EXILEなどが所属するLDHが、世界基準でエンタテインメントを創造する体制づくりとして、日本国内だけでなく、欧米アジアに各拠点を置き、世界規模での…

  5. PPAPが世界的ブーム化

    世界的ブームとなっているピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」の動画がYouTubeの週間再生回数ランキングで1位を獲得しました!し…

  6. ゲスの極み乙女。活動休止

    川谷絵音が未成年の女性タレントを連れて飲酒をしていたことが発覚し、予定されていた新アルバムの発売中止と、現在予定されている12月上旬までのライヴで活…

  7. 本人も戸惑う…宇多田新作新作『Fantôme』が世界席巻中!

    iTunesアルバム総合ランキングでは、日本を含む世界31カ所の国と地域でランクイン。うち25カ所の国と地域で20位入り、18カ所の国と地域で1…

  8. 宇多田ヒカル新作『Fantôme』が素晴らしい!

    日本音楽界に語り継がれる新たな名作誕生!凄くパーソナルな出来事や心情を歌った楽曲がほとんど、なのに、それは決してポップ・ソングが持つ底抜けに楽観…

  9. 【遂に興収100億突破】『君の名は。』社会現象!

    ちょっと今月は激務だったので、まだ観れてないんすよ・・・今や社会現象を巻き起こした新海誠監督の『君の名は。』!興収が早くも100億円を超え、歴代…

  10. 宇多田ヒカルの新曲「道」が異例の全国101局プッシュ曲に!

    どうやら今年は彼女の年になりそうですね。全国民待望の宇多田ヒカル新作「Fantôme」リード曲「道」が、AM及びFM、短波ラジオ、全国の民放ラジ…

  11. さんまのまんま終了に際して思うこと

    「さんまのまんま」が終了する。放送開始から31年の長寿番組であり、明石家さんまの象徴とも言える番組だ。個人的に、明石家さんまって、戦後最大の…

  12. BABYMETALがレッチリのUKツアー7公演で対バン!

    フジロックで彼女たちのパフォーマンスを見たレッチリのメンバーからの直々オファーとのこと。レッチリと同じ舞台に立つというのは、純粋に考えて凄いっし…

  13. 次の朝ドラ主題歌にミスチル新曲決定!

    次期NHK朝ドラ「べっぴんさん」の主題歌にMr.Childrenの新曲「ヒカリノアトリエ」が決定!朝ドラも、「あまちゃん」以来、国民的ドラマとし…

  14. SMAP「世界に一つだけの花」オリコン首位に返り咲く

    解散の衝撃を受けてファンが動いているようである。SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」がデイリーチャートで首位に返り咲く。もはや購買運動でど…

  15. SMAP解散

    列島激震!リオ五輪もポケモンGOもジャスティンビーバー来日も吹き飛ばす衝撃ニュース!錦織が銅メダルかけて戦ってる最中にNHKでニュース速報が…

  16. 大驀進中のWANIMAを見て安心する理由

    いつの間にかロックフェスに、センチメンタル系の生ぬるい音楽を奏でるバンドが人気になり(誰とは言いません・・・バック●ンバー、クリープ●イプ等)、それって…

  17. THE YELLOW MONKEY復活ライブを観る!

    まさに電撃的という印象だった今年初旬のTHE YELLOW MONKEY復活の吉報。二度とあり得ないだろうと思っていた復活だけに喜び超えた驚きを…

  18. 宇多田ヒカル8年ぶりの新作リリース決定

    宇多田ヒカルが、9月28日に8年ぶりとなる新作をリリースすることを発表しました。同作には、今年4月にデジタルシングルとして同時配信され、国内外1…

  19. 桑田佳祐が「ヨシ子さん」でやりたかった開放

    本格的に音楽番組への出演など精力的なメディア戦略を始めた桑田佳祐。力の抜けた意表を突いた表題曲の「ヨシ子さん」のインパクトが狙い通りなのか、良く…

  20. アジカン後藤が「フジロックの政治利用」批判に反論!正しい音楽と政治の距離感とは?

    今夏2016年のフジロックに学生団体「SEALDs」の奥田愛基氏やジャーナリストの津田大介氏らが出演することに対し、ネット上で「フジロックに政治を持ち込…

  21. 活動終了のBOOM BOOM SATELLITESにアーティストからコメント続々

    川島道行の体調の問題により活動終了を発表したBOOM BOOM SATELLITES。彼らの最後の作品リリースとこれまでの活動に対する労いのコメント…

  22. UVERworldのTAKUYA∞が入籍!

    昨年からフェスに出場したりと生まれ変わったかのように大躍進しているUVERworld。邦楽ロック界でも唯一無二な存在化しており、素晴らしいのひと…

  23. 今年の桑田佳祐はソロ!新曲「ヨシ子さん」も発売決定!

    JTBやUCC等、最近やたらCM出演が多く各々に新曲を提供している桑田佳祐ですが、今年はソロ活動のようで本格的に活動内容が明かされてきました。まずは…

  24. サマソニに和田アキ子

    毎年必ず入れてくるブッ飛び要員。少女時代、TOKIO、郷ひろみと来て、今年は和田アキ子だって!今までも氣志團のイベントに出たりしてたそうです…

  25. 【宇多田新曲2曲が素晴らしい】日本中が彼女を待っていた

    正式な復活を発表していた宇多田ヒカルの新曲が早くも2曲も聴けるなんて・・・ひとつは現在放映中の朝ドラ「とと姉ちゃん」主題歌「花束を君に」。も…

[PR]

最近の記事

  1. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  2. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  3. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  4. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  5. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
PAGE TOP