邦楽

  1. RADWIMPS「Human Bloom Tour2017」さいたま公演を観る

    既に20代を中心に大きな成功を収めていた彼らが『君の名は。』の主題歌を担当したことで国民的ヒット曲を手に入れたことで、この国のロック界で頭ひとつ抜きん出た大…

  2. ドリカムアレルギーの言いがかり感が尋常じゃないかと思った件

    大前提に特別ドリカムファンでもないことを断言しておく。「マツコの知らない世界」とかいう番組にドリカムの中村正人(B)が出演したことから“ドリカムアレルギー”…

  3. ONE OK ROCK「Ambitions Tour」幕張公演を見る!

    takaというロック・ミュージシャンは本当に馬鹿が付くほどに真っ直ぐで、時にその愚直さが仇を呼ぶこともあるけど、結局彼は本気で自分の音楽で以って世の中を…

  4. 松本人志のタウンワークCMにWANIMA登場!

    今の10~20代若者のカリスマバンドWANIMA我々30代世代のカリスマ芸人松本人志の異色コラボ。ごっつ世代にはたまらないものがある(笑)そ…

  5. 祝快挙!KEYTALK最新作「PARADISE」が週間チャートで初登場2位!

    大快挙です!KEYTALKの最新アルバム「PARADISE」がオリコン週間チャートで初登場2位を記録!主な楽曲制作をひとりで担ってきた義勝(…

  6. 第9回CDショップ大賞2017は文句なしで宇多田!

    「第9回CDショップ大賞2017」の受賞作品が発表されました。CDショップ大賞は「行かなきゃ 会えない 音がある。」というスローガンのもと、CD…

  7. 清水富美加の引退騒動が思わぬ方向へ…不倫していたバンドマンはKANA-BOONの飯田だった!

    宗教だろうが、守護霊がどうしたとか、グラビアが嫌だからとか、異様な速さで暴露本出そうが、知ったことではないし興味すら湧かない、もぅ勝手にやってくれと傍観…

  8. ワンオクRyota(Ba)の結婚相手が何とアヴリルの妹!

    いよいよ日本公演史上最大規模のアリーナツアーがスタートするONE OK ROCKのベーシストRyotaが結婚したそうです。おめでとうございます。…

  9. 【UVERworld男祭り】バンド史上最高ライヴを観た!

    いつからか、彼らは大きく方向転換をした。アニメやドラマなど、テレビのタイアップを打ちまくる大衆バンド路線から、ライヴに重点を置くロックバンドの原型そ…

  10. ワンオクTakaが日本ファンに苦言

    昨年のロッキンでは他のどのアーティストよりも盛り上がったし、同じ事務所とはいえ桑田佳祐も国内No.1バンドと断言、もはやロック界ではトップの人気を誇るO…

  11. 仮面ライダー×スーパー戦隊「超英雄祭」を見るため日本武道館に行った

    我々の時代は「後楽園遊園地で僕と握手」だったけど(今もその伝統は続いてますが)今や戦隊が終わる、この時期に日本武道館を2Days満員にしてしまう…

  12. 『君の名は。』北米公開に合わせて主題歌の英語Ver.公開!

    本格的な北米公開に向けて主題歌「前前前世」の英語版が公開されました。この映画の世界進出、特にアメリカの進出の最も壁となるのが歌にあると思っていました…

  13. 【日英最強バンドの共演】RADがCOLDPLAY公演に参加決定!

    4月のCOLDPLAY東京ドーム公演にRADWIMPSがオープニングアクト決定。日英最強のバンドの共演!俄然、楽しみになってきました!個…

  14. SMAPロス~SMAPが復活する時~

    前代未聞なわけである。37万人の署名運動、購買運動は既に知っていた。最後のメディア出演となったスマスマのCMでは提供のソフトバンクが、この日…

  15. COUNTDOWN JAPANのRADWIMPSが凄過ぎた!

    今回のCDJで特に印象的なのは、やはりRADWIMPSでした。会場には本当に多くの観客が押し掛けていたようです。俺は前方にいたので、その圧から尋常じ…

  16. 桑田佳祐4年ぶりのソロ年越しライブ初日を観る!

    この日のステージに大きな意味があるとすれば桑田佳祐が還暦になって初めてのライヴと位置付けられるだろう。そう、桑田も還暦を迎えたのだ。しかし、今年は自…

  17. SMAPの解散に想いを寄せて

    実に淡々とした幕引きだった。これまで日本の芸能史では多くのスターが引退や解散をしてきたが、そんな中でも最も中身も感情も余韻も無い最後のメディア出演だ…

  18. 毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!

    もはや、年末の恒例行事でございます!俺が独断と偏見で勝手に選ぶ「今年素晴らしいと思った邦楽TOP10」の発表!SMAPと、ゲスの極みと、『君の名は。…

  19. ユーミンがクリスマスに恋人がいないといけない風潮を作ったことを反省

    クリスマス・ソングと言えば、山下達郎「クリスマス・イブ」と肩を並べて必ず挙げられるのが松任谷由実の「恋人がサンタクロース」。この曲はバブル世代が…

  20. 桑田佳祐が選ぶ2016年邦楽シングルベスト20

    以下、桑田佳祐のコメントと共に、そのままレポートします。========他人の曲に順位を付けるようになってはアーティストは終わりですよ。全部…

  21. GReeeeNがTV初出演することに苦言を呈す

    ヒットすればいいって話ではない。歯科医と二足の草鞋を履いて歌手活動してるGReeeeNの存在は、人生賭けて本気で音楽やってるミュージシャンへの冒涜だと捉…

  22. NHK「第1回明石家紅白」を見て

    明石家さんま、ここにあり!流石です!さんまが歌番組をやるのは初めてではないけど、トーク番組でなくても、初のNHKでも、どんな世代の歌手が来ようと…

  23. 遂にサザン超え!SMAP「世界に一つだけの花」が歴代3位に!

    1位 453万6400枚「およげ!たいやきくん」子門真人(1975年12/25発売)2位 325万6460枚「女のみち」宮史郎とぴんからトリオ(…

  24. 興収記録更新、流行語・・・『君の名は。』が止まらない

    この快進撃いつまで続くのか?遂に『君の名は。』の興行収入が184億9000万円に達し、今月中にも『もののけ姫』(193億円)を、年内にも『ハウルの動…

  25. 三代目JSBレコ大ノミネートすら逃す(悪意に満ちた指摘・・・笑)

    聴いたこともない曲で二連覇した三代目JSBが今年は候補にも挙がりませんでした。これって「レコ大1億円で買収」疑惑を、自ら認めたようなもんじゃない…

[PR]

最近の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!
  2. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  3. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  4. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  5. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
PAGE TOP