ハリウッド

【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求めるアメリカ像

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tTUZswZHsWQ
(C)Disney

ハロウィンの季節がやって来た。例年通り渋谷は仮装した人々で溢れかえって馬鹿騒ぎしてゴミの山と共に去っていくのだろうか?(←嫌味を言うな。私はこれらを仮装民と呼んでいる。下層量産型の人種・・・・・・だから嫌味を言うな)
約5年前から急に広まったハロウィン。この急激に盛り上がったムーヴメントの裏には絶対に仕掛け人がいると思うが、この経済効果がバレンタインを抜かして年中行事の2位になると聞くから驚く。それでも、絶対王者クリスマスには全然及ばないらしいが、つい最近まで何でもなかった10月下旬に大きく経済が回ることは良いことだ。

あなたが好きなディズニー・ヴィランズ

と言うことで、ハロウィン特別企画と言うことで、今回はこんなランキングを紹介したい。
米国のRankerという娯楽やスポーツ情報サイトが5800人の投票を募って発表した「あなたが好きなディズニー・ヴィランズ(悪役)ランキング」

1位 スカー『ライオン・キング』
2位 マレフィセント『眠れる森の美女』
3位 ジャファー『アラジン』
4位 アースラ『リトル・マーメイド』
5位 ハデス『ヘラクレス』
6位 クルエラ・ド・ヴィル『101匹わんちゃん』
7位 フック船長『ピーターパン』
8位 シアカーン『ジャングル・ブック』
9位 魔女『白雪姫』
10位 ガストン『美女と野獣』
出典:https://www.ranker.com/crowdranked-list/greatest-animated-disney-villain

流石トップ10に入るキャラアクターだけあってアクの強い面子勢揃いである。残忍な思考回路を持った猛獣、魔術や奇術を使う者、己の物欲のためには動物虐待も厭わない悪女・・・・・・全世界に共通の正義感を謳うディズニーはストーリーは国境、人種、宗教など関係なく、統一した正義を描かなければならない。だからこそ、彼らのような、有無言わさない絶対悪・ヴィラン無くしてディズニーは成立し得ない。

唯一の真っ当な人間でしかないガストン

しかし、このランキングの中で異様なキャラがいることにお気付きだろうか?
10位のガストンである。彼は不朽の名作『美女と野獣』に出て来る悪役だ。彼がどんな悪事を働いたかを振り返ってみると・・・・・・美女ベルを愛し、求婚するもなかなか恋が叶わず、野獣と恋敵になって、そんな野獣と美女を賭けて闘って城から落ちてしまう・・・・・・野獣を成敗しようとすることは犯罪(動物保護法違反?)にせよ、これといった悪いことをしていなくないか?(笑)
確かに、傲慢で乱暴で利己的なナルシストであるが、他のヴィランと比べてもいたって普通。そもそも、彼は特殊な能力も無い一般的な人間だ。(6位のクルエラも人間だが、彼女は始めから100匹以上の子犬で毛皮を作ろうとする残忍性を持っている、ガストンはただの横暴な男ってだけ)

白人男性・筋肉隆々・傲慢
ガストンはアメリカ保守の象徴?

なのに、何故こうもガストンは100年以上続くディズニー史に強烈なインパクトを残すことが出来たのだろうか?
そこには彼のキャラクター自体がアメリカの保守層そのもので、彼の否定はアメリカという大国が持つ思想の否定にもなるのでは? という仮説を立ててみる。
劇中歌「強いぞ、ガストン」でも、彼の容姿や性格については歌われている。

イカしてるガストン
首は太くたくましいガストン
誰より男らしく完璧なヒーロー
町の誰にきいてもボスは君だと答えるさ
(中略)
ステキなアゴをしてるガストン
そうさ俺はイカしたやつ
たたえようガストン
英雄に乾杯
ガストンこそみんなの誇りさ
(中略)
筋肉はモリモリ
すごいぞガストン
射撃もガストン
ブーツをはけば無敵さガストン
見てくれよこの鹿の角
強いぞガストン

ガストンの特性と言えば、「白人男性」で「筋肉質」で「理論よりも体力勝負」、「己の欲求を満たすためなら、理不尽さも押し通す」。どこかで聞いたような・・・・・・

共和党支持基盤とガストンの類似性

そう、トランプ大統領や、前ブッシュ大統領の政権下のアメリカのようではないか?
まずは、共和党の支持基盤は「白人男性(中年以上)」が多数を占める。
支持政党の地域別傾向を見ると、古きアメリカを代表する中西部では共和党が強く、西海岸や東海岸など移民が多い州では民主党が強いという差にも如実に表れている。

そして、「筋肉質」で「理論よりも体力勝負」に関しては、共和党支持のセレブ達の名を挙げていきたい。

・クリント・イーストウッド
・アーノルド・シュワルツェネッガー
・ブルース・ウィリス
・シルベスター・スタローン
・メル・ギブソン
・チャールトン・へストン
・ラッセル・クロウ
・ジョン・ヴォイト
・キッド・ロック
・ザ・ロック
・ブリトニー・スピアーズ
・アダム・サンドラー
・ゲイリー・オールドマン

出典:http://www.cinema-frontline.com/2017/04/movie-news-Expendables4.html

どうだろうか? なんかどこかで観た顔ぶれだが・・・・・・(H・フォードの支持政党は不明)、これでもかってほどマッチョマン勢揃い、中年白人男性の名が並ぶ。また、アメリカの暴力の象徴でもある「銃」の所持を認める、全米ライフル協会も共和党支持であり、アメリカの共和党支持母体である保守層はアメリカに「強さ」を求める傾向がある。民主党時代にだって戦争に介入した大統領はいたわけだし(ベトナム戦争時のジョンソン政権のように)、共和党をアメリカの暴力の象徴のように言うことはしないが、あくまで傾向の話だ。

また、「己の欲求を満たすためなら、理不尽さも押し通す」に関しては、言わずもがな、2003年にブッシュ大統領が「イラクに大量破壊兵器がある」と言ってイラクに攻撃をしかけて占領したこと。結局、CIAの調査では事実として大量破壊兵器の確認はできなかった。それを大統領に報告したが、年始の挨拶でブッシュは「CIAからの報告だとイラクは核兵器を開発しているから、これから戦争を仕掛ける」と断言してしまった。CIAの捜査官は事実無根であることを告発するも、逆にブッシュ政権によって新聞社に彼ら捜査官の名前がリークされて、敵から命を狙われるようになる・・・・・・(これを映画化したのが、今も絶賛公開中の『バリー・シール アメリカをはめた男』のダグ・リーマン監督作『フェア・ゲーム』である。)こんな理不尽な状況でも、徹底的にイラク侵攻をやめなかった。その混乱は今でも続いているわけだけれども。

絶対悪とは言い切れないのでは?

というように、ディズニーの悪者であるガストンの特徴は、アメリカの共和党大統領の言動に酷似し、その支持母体もアメリカには存在する。こういう傲慢なアメリカ人像は、正にアメリカの正義であり、必ずしも「悪」だとは言い切れない。言い切らない? 横暴なものの、ガストンは、アメリカという大国のひとつの側面の象徴とも言えるのだ。

もしあなたのタイプの女性が獣に恋したら?

馬鹿らしい例えになるが、仮に現実の世界で考えてみよう。舞台はどこか田舎の山里。あなたは、毎日の体力仕事によって身体は筋肉隆々になり、性欲の捌け口ならいくらでもあって、モテモテ人生を送るも、一向に自分に振り向かないタイプな絶世の美女がいるとする。何とか振り向いて欲しいと躍起になってアプローチするも、何故か彼女は熊に恋してしまう。普通ならその時点で、猟銃片手に美女を救いに行くだろう(もしくは、トチ狂った女だと思って身を引くか?)。『美女と野獣』をガストン視線で日本に舞台を設定するとこうなる。この場合、ガストンのやってることは至極真っ当と言えないか。

しかし、物語は野獣側に肩入れする。美女との恋が実り、野獣も人間に戻り、めでたしめでたし。
誰もガストンの葬式もせずに・・・・・・ディズニー史上最も気の毒なヴィランとも言えよう。
ま、傲慢だから悪役がピッタリではあるし、個人的にも苦手なタイプではあるんだけどね。

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  2. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  3. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  4. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  5. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…

関連記事

  1. ニュース

    トランプ新大統領誕生にセレブ達の落胆の声続出

    トランプ新大統領誕生に、多くのセレブから、続々と落胆・…

  2. ハリウッド

    新スターウォーズの監督にJ.J.エイブラムス

    これ以上ない素晴らし過ぎる抜擢です!全世界の映画ファン…

  3. ハリウッド

    ジョニー・デップがDV疑惑で離婚

    まさに泥沼化しているジョニー・デップの離婚騒動。キーと…

  4. ハリウッド

    科学的に証明された真のイケメンはジョージ・クルーニー!

    日本でも有数の女性誌のひとつであるananの目玉企画で「抱かれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  2. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  3. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  5. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
PAGE TOP