音楽

【追悼】SHINeeのジョンヒョンが27歳の若さで急逝(個人的に選ぶSHINeeSONGベスト10も!)

出典:SMTOWN

嘘であってほしいと思う。
嫌韓とか親韓とか関係なく、純粋に音楽的に見てSHINeeは、本当に優れたポップグループでジョンヒョンは才能の筆頭だったと思う。歌唱力も群を抜いて素晴らしかった。SHINeeとは彼ありきで成立していたと改めて感じる。作詞作曲もこなし、唯一、K-POPで興味を示したアーティストだった。だからこそ衝撃は大きい。27歳は若過ぎる、あまりに悲しすぎる・・・・・・

まず、2011年に起きた韓流ブームの中でも彼らは異質だった。背の高いマッチョマン達が西洋被れのダンス・ミュージックで現れたのに対し、SHINeeの楽曲は純粋なPOPからR&B、ROCK、JAZZ、electronic等、多様なジャンルを取り入れた最先端の音楽を作っていった。スタッフも欧米の作曲家を起用するなど、正しく世界基準のサウンドであった。
そして、欧州の人気が高かったことが凄いと思った。これまで東洋の芸能やアーティストが西洋人に受け入れられることは、まず無いんだろうなぁと思っていた。けど、SHINeeの欧州公演の様子を見て衝撃が走る。西洋の女性が東洋の男性グループに黄色い声援を送っていたのだ。こんなことが現実に起こり得るのかと。

日本でも三年連続でドーム公演を成功させ、今年2017年は日本だけで50万人以上を動員した。これは2017年の日本のライヴ興行の8位にもなる。単なる韓流ブームの名残で人気なのではなく、真っ当な理由で支持されてきたのが分かる。
ただ、彼は最後に大きな間違えを犯した。生きなきゃ駄目だ。どんな事情があるにせよ、自分を支持するファンは世界中にいて命懸けで応援している方々の想いを踏みにじってはならなかった。彼を責めるとしたらそれだけだ。

彼への追悼の意も込めて、今回は個人的に選ぶ「SHINee BEST SONG ランキングTOP10」をやりたい!
異論反論もあろうが、あくまで個人的な嗜好に因るものであるので、気を張らずに見てほしい。
ジョンヒョンの歌声は永遠に世界中の彼を支持する人たちの中に生き続けることだろう。そう願っている。

10位「Breaking News」
日本独自リリース曲でも非常にクオリティの高いダンサブルなポップが魅力だった。

9位「Boys Meet U」
この曲を聴いた時に思ったのは何故これを日本の男性アイドルが出来なかったのか?

8位「Love like Oxygen」
サウンド面からして彼らの見据えている舞台は欧米だと感じた楽曲。

7位「Hello」
サビのハーモニーを聴くと、東洋のアーティストとは思えないクオリティの高さ。

6位「Sherlock」
少し休止してた韓国内の活動を再開する楽曲としてのコンセプトが素晴らしいと感じた。

5位「Your Number」
JAZZYでありながらも正当なR&Bが素晴らしい。SHINeeの楽曲の多様性には脱帽する。

4位「JULIETTE(Japanese ver.)」
SHINeeを象徴する楽曲でありながらもジョンヒョン作詞の曲。文句無しで最先端。

3位「STAND BY ME」
J-POP的で日本でシングル発売したら絶対に売れたのにと思った、王道ポップの名曲!

2位「View」
初めて聴いた時に度肝を抜かれた。こういう音楽は聴いたことが無い。

1位「Lucifer」
SHINeeが唯一無二である証明は、こういうハイクオリティなダンス・ナンバーで成されると思った!

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  2. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  3. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  4. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  5. 2017年 俺が勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10

関連記事

  1. 音楽

    アリアナ熊本にエール

    親日家で有名なアリアナ・グランデが新作を発表するそうです。…

  2. ニュース

    続・トランプ当選に対する音楽界の反応

    レディオヘッドのトム・ヨークは今回の米大統領選挙の結果が出…

  3. 音楽

    リアムが「次にデーモンと会ったら戦争だ」と臨戦態勢の最中に息子が取った行動がナイス過ぎる

    個人的に今月最も好きな音楽ニュースである。最近はやたらと仲の良…

  4. 音楽

    俺が勝手に選ぶポールの好きな曲10選!

    こともあろうにポール・マッカートニーの名曲に優劣をつけるなんて…

  5. ライブレポート

    ホルモン勢力“急”拡大中!(サマソニ2011)

    はい!来ました!マキシマムザホルモン!暑さに臆する…

  6. ニュース

    アリアナの爆発事件に多くのセレブが追悼のコメント

    今回のアリアナのライヴ会場での爆発事件を受け、多くのミュージシャン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  2. ハリウッド

    【報酬額予想】相当稼いだだろう新スパイダーマンのトム・ホランドが確定申告で困って…
  3. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  4. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  5. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて
PAGE TOP