音楽

ロードが脱テイラー軍団宣言で波乱!

テイラー軍団(通称:テイラー・スクワッド)とも呼ばれるテイラー・スウィフトと、その仲間達。グループ内で誰是が嫌いだの、あの子は信頼できるだの、まるで田舎の女子高並みの面倒臭さ(セレブ集団だから尚更タチが悪い)なのだが、歌手のロードが自分がその中の一員ではないと発言して騒動となっている。

ロードが脱テイラー軍団宣言?

Billboard誌によると、豪州のテレビ番組にてロードが「自分が成功して、憧れだったスターたちに会うことができるのってどんな感じ?」と質問され、テイラー・スウィフトやビヨンセとの2ショット写真が表示された状況下で、「素敵な世界にいるみたいよ。でもそういう人たちと遊んだりはしないわ」と返答。すかさず、インタビュアーは「でも君はテイラーの軍団でしょ?」と言うと、ロードは怪訝そうな表情をし、「アドバイスを求めるのに自分のアイドルに電話したりしないわ」と意味深な発言(というか、どう考えても拒否ってる態度にしか思えない)をした。彼女は直接的には、テイラーの名前こそ挙げてはいないが、この番組後、各メディアが「ロードがテイラー軍団を離脱した」と報道して騒動となっている。

ロードは釈明

これを受けて、ロード本人がtwitterで弁明。

なんてことなの?ネットで弁解しなくちゃいけないなんてすごくイライラするわ。けど、テイラーは大切な友達、とても愛してるわ。私が「友人ではない憧れの人」と言ったのはデヴィッド・ボウイやパティ・スミスのことで、テイラーのことではないわ!
出典:ロードの公式twitter(https://twitter.com/lorde)より和訳

続けて彼女は、「私はこの“軍団”ていう概念が常に嫌だったの。私たちの友情は閉鎖的なグループじゃないわ」「私の真意と履き違えた報道を朝起きて見るのって本当に最悪よ」「テイラーは過去5年間も私のそばにいつも一緒にいてくれたわ、私が辛い時も幸せな時もね。私が彼女に対して誠実じゃないように報道されて、本当に悪い気分だわ」とテイラーに対して徹底擁護の姿勢を見せた。

[PR]

テイラー・スイフトに気を遣う理由は?

ここまで必死にフォローする必要もあるのかね? テイラーってのは、今までも多くの敵を作って来た分、神輿の上でヨイショしていないと何をしでかすか分からない。グラミー最優秀アルバム賞二度も受賞してるし、身長180cmあるし、もう無敵ですよね。加えて、歌詞で徹底的に悪口書かれて、世界中の人に自分のネガティブ・キャンペーンされてはたまったもんじゃない。ハリー・スタイルズや、カルヴィン・ハリスのように・・・・・・

今年に入って徹底的に沈黙を守るテイラー

ただ、テイラーも一時の優等生キャラから、カニエ・ウェストやケイティ・ペリーとの揉め事、先述の元カレたちへの悪口、昨年の大統領選で支持政党を表明しないことからの大ヒンシュクなど、一部からはイメージ悪化が留まらない傾向にあるという。独立記念日も毎年ド派手に祝っている様子を公にしているのに、今年はスルーするなど、2017年に入って以来、もう半年経つというのに、表舞台からほとんど姿を消しているテイラー。彼女は何を思っているのか。

ロードは過去にもテイラーとの付き合いを難病に例えて批判浴びる

過去にもロードはテイラーとの友情について聞かれた際に、難病を例に出して避難を浴びたことがあるが、今回で二回目となる。その時は、

「一緒に行けない場所もあるし、一緒にできないこともあるし」「彼女との友情には色々な注意事項があるのよね」と説明し、「自己免疫疾患持ちの子との友情みたい」と激白した。
自己免疫疾患とは、異物から守ってくれる免疫系が正常な細胞や組織に対して過剰に反応して攻撃を加えてしまうという症状を起こす病。セレーナ・ゴメスが患っているSLE(全身性エリテマトーデス)も自己免疫疾患であり、難病として知られている。
出典:http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/35310.html

ロードの厄介な友人に囲まれたものである。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

image source:http://songkord.blogspot.jp/2014/12/taylor-swift-blank-space-lyric.html

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  2. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  3. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  4. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  5. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…

関連記事

  1. ライブレポート

    久々にサマソニ上陸っすよ!(サマソニ2011)

    昨年はROCK IN JAPANと日程がかぶったため、2年…

  2. ニュース

    トランプ新大統領誕生にセレブ達の落胆の声続出

    トランプ新大統領誕生に、多くのセレブから、続々と落胆・…

  3. 音楽

    GAGAの結婚

    LADY GAGAが結婚したとか?しかも、無難に無名の…

  4. 音楽

    世界的人気DJのZEDDが永遠に中国出禁!何があったの?

    今年のサマソニでのパフォーマンスも大好評だった世界的DJである…

  5. 音楽

    今年のスーパーボウルで忘れてはいけない人がもうひとり

    堂々たる国歌斉唱をやりのけた、LADY GAGAです!久々!…

  6. 音楽

    サマソニもう一組のヘッドライナーはUnderworld

    既に発表されてはいたが正式にヘッドライナーに決定したそうです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  2. ニュース

    【日米LGBT理解度格差】LADY GAGAが「ミス・ゲイ・アメリカ」選出!一方…
  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  4. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  5. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
PAGE TOP