ライブレポート

ROCK IN JAPAN 2016 vol.1

rij1601

ひたちなかで過ごす12回目の夏。
今年もROCK IN JAPANに来た。
産まれた赤ん坊が遂に小学校を卒業する年月、このフェスに来ている。
そう考えると、末恐ろしくなるが、年齢は取っても容赦はしない!
ロックに年齢なんか関係ない、本能覚醒で暴れまくる!踊りまくる!

徐々に規模を拡大している同フェスだが、今年から会場が広くなった。
毎年進化し、それを<過ごし易さ>で実感できるのが、このフェスの凄いところである。

この日見たアーティストはこんな感じ

●BLUE ENCOUNT
青くて熱いMCに象徴される勢い溢れる前のめり感が半端なく良い!
●KANA-BOON
文化系な彼らだが新旧容赦ないキラーチューン連投で大騒ぎ!
●[Alexandros]※チラ見
完全ホームでの堂々としたパフォーマンス!洋平も活き活きとしてた!
●感覚ピエロ
このバンドを見ずして今年のロッキンに来た意味なし!先が楽しみだ!
●KEYTALK
夏祭りバンドとしては邦楽界トップではないかって程の圧倒的ライヴだった!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  3. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  5. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…

関連記事

  1. ライブレポート

    VIVA LA ROCK 2018 2日目ライヴレポート

    昨年から感じていたことがある。それは参加人数が年々増加する一方…

  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 1日目ライヴレポート

    1年の終わりに相応しい過ごし方と言えば、もうこのフェスに来るこ…

  3. ライブレポート

    安室奈美恵を観た!

    今年は多くのアーティストが●周年記念だったそうなのですが…

  4. ライブレポート

    VIVA LA ROCK vol.3/3【偉そうに総論】

    オーガナイザーはMUSICAの鹿野氏。以前はROCKS…

  5. ライブレポート

    時代の寵児チャーリー・プースの日本初ツアーを観た!

    彼の音楽は実に純粋である。純粋というのは真新しさや時代に媚びて…

  6. ライブレポート

    いよいよメタリカ

    伝説降臨!この猛暑だった一日を締め括るには、あまりに肉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  2. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  3. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  4. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  5. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2018 4日目(2018/08/12)ライブレポー…
PAGE TOP