ライブレポート

【ライブレポート】オアシス解散から10年!ノエルが示した完璧なソロライヴに悲しいけど?脱帽した!

© ROCKinNET.com All rights reserved.


昨年2018年のサマソニのヘッドライナー以来なので約9ヵ月にも満たない再来日だ。単独公演としては約4年ぶりで意外に期間が空いていることに驚く。構成は2017年に発表された『フー・ビルド・ザ・ムーン?』が中心でサマソニのままであったが、劇的な変化としてはバンドの成熟度が増していたことだった。それは純粋にノエルとフライング・バーズとの息が絶好調に揃っていて演奏に隙が無いこと、ソロ時代の楽曲が定着してきてライヴに映えるという事実、またノエルの楽曲の振れ幅が新作の度に広くなるに比例して、音に厚みが出てきたことだ。

Hey hey heyというノエルのボーカルとコーラスが酩酊的に伸びやかに交差するサイケデリックな「Fort Knox」を経て「Holy Mountain」が始まった時の高揚感ったらない。華々しいライヴ開幕に相応しい。終盤の「If I Had a Gun…」「In the Heat Of The Moment」などソロ曲でもノエルのライヴに欠かせなくなった楽曲がしっかりと存在感を際立たせていることも嬉しい。
当然オアシス時代の楽曲もやる。非常に楽曲数が多かった気がする。ノエル自身が、オアシス時代を憂いていないことの証明でもある。

正直なことを言えば、初のソロ来日時の武道館公演ではデビュー作の披露よりも、会場の空気感はオアシス時代の楽曲を聴ける方に期待は寄せられていた気がした。しかし、もはや、それがない。ソロ曲とオアシス曲を数曲ずつ交互に組み込んだ構成ではあったが、もはや境目が無いのだ。「Wonderwall」にせよ「Little By Little」にせよ、言ってみれば90年代の古い曲もあるにも関わらずだ。そこに今年2019年にリリース予定の新作からの先行曲「Black Star Dancing」が並列する奇跡。ノエル自身の総合的な25年に及ぶキャリアのどの欠片も色褪せてないのだ。

[PR]


アンコールではお決まりの「Don’t Look Back In Anger」の大合唱が巻き起こり、サマソニ同様に大ラスではビートルズの「All You Need Is Love」で幕を閉じた。至福の時間が過ぎるだけだった。

今年2019年はオアシス解散から10年になる。この10年の間に幾度となくノエル、リアム兄弟の一挙手一投足に世界は注目してきた?振り回されてきた?わけだが、それでもオアシスの復活を願って止まない自分がいる。そんな自分の想いが砕け散るくらい、今回のソロは完璧だった。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




セットリスト
01.Fort Knox
02.Holy Mountain
03.Keep On Reaching
04.It’s A Beautiful World
05.She Taught Me How to Fly
06.Black Star Dancing
07.Talk Tonight
08.The Importance of Being Idle
09.Little By Little
10.Dead In The Water
11.Everybody’s on the Run
12.Lock All The Doors
13.If I Had a Gun…
14.In the Heat Of The Moment
15.The Masterplan
16.Wonderwall
17.Stop Crying Your Heart Out
アンコール
En1.AKA… What A Life!
EN2.Half The World Away
En3.Don’t Look Back in Anger
En4.All You Need Is Love

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  2. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  3. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  4. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  5. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10

関連記事

  1. ライブレポート

    RADWIMPS「Human Bloom Tour2017」さいたま公演を観る

    既に20代を中心に大きな成功を収めていた彼らが『君の名は。』の主題…

  2. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で日本のフェス文化は一…

    2018年7月下旬。酷暑が警戒される異様な夏。連日35℃を優に…

  3. ライブレポート

    アコギ一本で奇跡の東京ドーム公演を成し遂げたエド・シーランに脱帽した!

    とんでもない東京ドーム公演だった。エド・シーランが現代音楽シーンに…

  4. ライブレポート

    【ユニゾン、オーラル、元春】COUNTDOWN JAPAN 1819 3日目ライヴレポート

    フェスシーンの旬な若手人気バンドから新進気鋭のラッパーやシンガ…

  5. ライブレポート

    NANA-IRO ELECTRIC TOUR 2019 最終日 横浜アリーナを観た!

    2年前の大晦日のCOUNTDOWN JAPANでのストレイテナ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
  2. 音楽

    【徹底考察】ビルボード1位、米英人気過熱、国連演説・・・勢いが止まらないBTS(…
  3. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  4. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  5. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
PAGE TOP