ライブレポート

コールドプレイの来日公演を観て……

© ROCKinNET.com All rights reserved.

個人的には8年ぶりのCOLDPLAYということになる。
あの当時は、傑作『Viva La Vida』の世界ツアーで、しかもグラミー賞を受賞した直後の来日でバンド自体に異常なまでのパワーがみなぎっていた時期と来日のタイミングが相まって、本当に凄まじいパフォーマンスだったのを鮮明に覚えている。数多く観て来た洋楽アーティストの来日公演でトップに入るライヴと証している。しかし、流石は現在進行形の世界最高峰のバンドである、今回のライヴも最高の評価を自ら更新したような素晴らしいライヴだった。

ある程度は想定していたが、案の定(というか期待以上の、いい意味で)過剰とも捉えられる派手な演出、カラフルな紙吹雪が何度も打ち上げられ、バルーンもお決まりのように振ってきて、5万人の腕に付けられたピックスモブの多彩な光が、恍惚感と高揚感に相混ざって、終始、一大スペクタクルを繰り広げ、中だるみを一切許容しないフルスロットルなライヴだった。その様子は、東京ドームを我が物で完全制覇した、あのテイラー・スイフトのドーム公演をも超えるほどだった。正に音楽の楽園を体現したに等しい。“楽し泣き”すらしてしまうような、これぞ多幸感と言えよう。

新作『A Head Full of Dreams』は、最高傑作の呼び声高い『Viva La Vida』と肩を並べるほどの傑作だった。
その収録曲のどれもが本来のCOLDPLAYを象徴するかのような陽的なイメージの楽曲が多く、ライヴ栄えするものでもあった。加えて、往年の名曲も完全に網羅、「Yellow」「Clocks」「Viva La Vida」「A Sky Full Of Stars」・・・。ベストアルバムのような満腹感なセットリスト。

彼らの場合は、その代表曲やキラーチューンがアルバムの度に増えていく。
よくありがちな“昔の曲の方が良かった”という懐古的にもならない、要は新作に“ハズレ”が無いということでもあるが、COLDPLAYが現役最強たる由縁は、時代と共に変化する“変幻自在さ”にある。その為ならEDMも受け入れてきたし、最近ではチェーンスモーカーズとコラボし、主流のトラップダンスミュージックまで取り入れる。ロックの定石を尽く崩し、常に進化するのだ。この日も、まるでEDMフェスに来ているかのような錯覚を覚えた。ロックが衰退し、ポップ全盛のこの時代に、何故彼らの曲が全うにテイラー・スイフトやジャスティン・ビーバーと勝負できるのか、今日の東京ドームを見れば納得がいくだろう。
流石としか言いようがない。COLDPLAYはどこまで進化し続けるのか、今後が本当に楽しみだ。

image source:http://www.rollingstone.com/music/albumreviews/coldplay-a-head-full-of-dreams-20151204

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  2. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  3. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  4. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!

関連記事

  1. ライブレポート

    ひたちなか終了!

    ってわけで、ROCK IN JAPAN 2012終了!…

  2. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)

    昨年の来日公演から早くも新ツアーで今年も来日を果たしたポール・…

  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 14/15 vol.2

    下衆の極み乙女、KANA-BOON、KEYTALK、クリー…

  4. ライブレポート

    VIVA LA ROCK 2015 vol.1

    昨年より始まった埼玉初の大型フェス「VIVA LA ROC…

  5. ライブレポート

    やっぱ今年もペース配分ができないw

    1日目終了。明日、1日もつかな・・・毎年、ペー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  2. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  3. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  4. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  5. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
PAGE TOP