ライブレポート

本当に目の前にビリー・アイリッシュがいるよ!



©ROCKinNET.com

ビリー・アイリッシュの初となる単独公演を観る。
舞台上は質素なのに映像や演出力の抜群のセンスで究極のスペクタクルと化す。まるでアート空間にいるような感覚だ。現代の寵児と呼ばれて久しいが、そんな彼女が目の前にいる非現実性が脳を麻痺させ、夢でも見ているかのような幸福感とも言えぬ不思議な感覚でいた。

スローな曲調が多いので、どんなライブか気になったが、物凄くグルーヴィで肉体的。彼女はライブ・アーティストだった。観客を煽るだけ煽る。サマソニ以上の大歓声が有明アリーナを包む(それでも「It makes me nervous(皆とても静かね)」と彼女は言ったが・・・・・・笑)。「bad guy」「Oxytocin」「Therefore I Am」で観客と近い距離でボルテージを上げる一方で、「when the party’s over」「everything i wanted」など囁くような彼女独自的な歌唱スタイルで”聴かせる”体制に入る。その様は聖人のような神々しさだった。希少な体験をしているにも関わらず、緊張感を感じない、文句なしで世界イチのスターなのに親近感がある、ビヨンセやレディガガらとは真逆のスタイルなのは、これが2020年のスターの在り方だと提示しているかのよう。2018年のサマソニで小さなステージで歌っていたとは思えない速さでスターになった、彼女は完全に新しい時代の空気感を同時に持ってきた希有なカリスマだ、待ちに待たれた、たった一夜の日本公演、まさしく、日本音楽史に刻まれた伝説の夜だった。

ビリーを知った時の衝撃は、ロックだポップだの音楽のカテゴライズ論争や、テイラー・スイフトを聞くかベックを聞くかの世代論争、政治的な部分まで含めて垣根を取っ払った、それを1発目から成し遂げたことにあると思ってるが、現にこの日も有名人らが、AimerやTAKUYA∞(UVERworld)、chayなどの現役世代の歌手やクリエイターから、湯川れい子や渋谷陽一などの世代までが同じアーティストのライブに集ったことが凄まじい。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  2. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  3. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  4. ポール東京ドーム初日を観た!
  5. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…

関連記事

  1. ライブレポート

    いよいよメタリカ

    伝説降臨!この猛暑だった一日を締め括るには、あまりに肉…

  2. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2015 【今旬のバンドを体感】

    今やアメリカで最も売れてるバンド、WALK THE MOON!…

  3. ライブレポート

    VIVA LA ROCK 2015 vol.2

    スケジュールや他のライヴの関係上、初日だけの参加となりまし…

  4. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2013 今年も上陸です!

    9年目のひたちなか!俺にとったら正月やクリスマス以上の…

  5. ライブレポート

    【圧倒的エンターテイメント】ケイティー・ペリー来日公演を観る!

    初めてケイティ・ペリーを観る。彼女が最初に出て来た時は、ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  2. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  3. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
  4. ライブレポート

    安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  5. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!
PAGE TOP