ライブレポート

本当に目の前にビリー・アイリッシュがいるよ!



©ROCKinNET.com

ビリー・アイリッシュの初となる単独公演を観る。
舞台上は質素なのに映像や演出力の抜群のセンスで究極のスペクタクルと化す。まるでアート空間にいるような感覚だ。現代の寵児と呼ばれて久しいが、そんな彼女が目の前にいる非現実性が脳を麻痺させ、夢でも見ているかのような幸福感とも言えぬ不思議な感覚でいた。

スローな曲調が多いので、どんなライブか気になったが、物凄くグルーヴィで肉体的。彼女はライブ・アーティストだった。観客を煽るだけ煽る。サマソニ以上の大歓声が有明アリーナを包む(それでも「It makes me nervous(皆とても静かね)」と彼女は言ったが・・・・・・笑)。「bad guy」「Oxytocin」「Therefore I Am」で観客と近い距離でボルテージを上げる一方で、「when the party’s over」「everything i wanted」など囁くような彼女独自的な歌唱スタイルで”聴かせる”体制に入る。その様は聖人のような神々しさだった。希少な体験をしているにも関わらず、緊張感を感じない、文句なしで世界イチのスターなのに親近感がある、ビヨンセやレディガガらとは真逆のスタイルなのは、これが2020年のスターの在り方だと提示しているかのよう。2018年のサマソニで小さなステージで歌っていたとは思えない速さでスターになった、彼女は完全に新しい時代の空気感を同時に持ってきた希有なカリスマだ、待ちに待たれた、たった一夜の日本公演、まさしく、日本音楽史に刻まれた伝説の夜だった。

ビリーを知った時の衝撃は、ロックだポップだの音楽のカテゴライズ論争や、テイラー・スイフトを聞くかベックを聞くかの世代論争、政治的な部分まで含めて垣根を取っ払った、それを1発目から成し遂げたことにあると思ってるが、現にこの日も有名人らが、AimerやTAKUYA∞(UVERworld)、chayなどの現役世代の歌手やクリエイターから、湯川れい子や渋谷陽一などの世代までが同じアーティストのライブに集ったことが凄まじい。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  2. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  3. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  4. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  5. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている

関連記事

  1. ライブレポート

    10年ぶりの年越しライヴにてサザンの覚悟を観た!

    サザンの今年の活動を締め括る年越しライヴ「ひつじだよ!全員…

  2. ライブレポート

    強いて今年のサマソニに苦言

    今年のサマソニは異例の猛暑に対応しきれてない部分があったよ…

  3. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!(セトリもあるよ)

    ここ数年は空前の邦楽ロックブームなわけである。「好きな音楽のジャン…

  4. ライブレポート

    BUMP OF CHICKEN 20周年記念ライブを観る!

    今日のコンセプトの根底には仲間との「共有」があったように思…

  5. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2015 【今旬のバンドを体感】

    今やアメリカで最も売れてるバンド、WALK THE MOON!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  2. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  3. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  4. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  5. ハリウッド

    SW史上最大の被害者?ダース・モールその悲劇の人生を徹底解析!
PAGE TOP