音楽

【実はデブ?】何人にも媚びないビリー・アイリッシュ!体型批判も者ともせず新曲ではファンを突き放す?



@UNIVERSAL_INTER

今や絶大な人気を誇り、その言動が多大な影響力を持つとされるビリー・アイリッシュ。彼女はいつも、体型が分からないダボダボなオーバーサイズのファッションを纏っていることが多いイメージが強いが、先日、キャミソールのみという、かなりラフな格好をしている姿がパパラッチされ、珍しく肌を露出しているビリーのスタイルが話題を呼んだ。いつものイメージと違う彼女の姿が見れたことに喜ぶ者もいれば、中には「30代半ばのワインばかり飲んでる母親のような体型」といった、体型に対する批判するコメントも出ていた。

これに対しビリーは「Vanity Fair」のインタビューの中で「私が車からお兄ちゃんの家の玄関まで走っているときの写真があるの。気温が40度くらいある日で、タンクトップを着ていたのね。そしたら、みんなが”太ってるなー!”って言ってたんだけど、違うのよ、これが私のありのままのカラダなの。みんながこれまで見たことなかっただけでしょって思ったわ」と気にも留めない感じでコメントしている。



そもそも、体型批判くらいでしょげるタイプの人では無い。なんせ、新曲「Therefore I Am」では≪私はあなたの友達でもないし/何者でもないわ/あなたって自分のことを偉いと思ってるでしょ/我思う、ゆえに我あり(※)≫と、我が道を行く彼女らしさ全開の歌詞となっている。また、自分史上最も自分らしい曲と言ってるだけあって、その媚びない姿勢が相変わらずかっこいい。
※ルネ・デカルトの言葉。物事の存在を証明するのはとても難しいが、たとえ世界のすべてのものが存在しないとしても、少なくともそれを疑っている「私」だけは確かに存在するのだ、という意味

この曲は、自分のことをよく知った気になってあれこれ言ったり、自分の人気や名声にあやかろうとする人々へのディスとも捉えられ、まさに体型批判している人らにも当てはまると言って良いかもしれない。また、同曲はYoutubeでの公開から3週間で7000万再生となっている。



(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  4. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  5. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…

関連記事

  1. ライブレポート

    DEVILOCK NIGHT THE FINAL

    「DEVILOCK NIGHT THE FINAL」ってR…

  2. グラミー賞

    最近の若者はBECKを知らない?

    今年のグラミー賞で最も権威のある賞である最優秀アルバムを受…

  3. 音楽

    ワン・ダイレクション脱退のゼインがソロ転向?

    普通の22歳の男の子に戻りたいって理由だったのに・・・…

  4. ライブレポート

    NE-YO、結構いいよ【SUMMER SONIC 09】vol.2

    幸いなことに雨が上がった。雨のフェスは過酷だからね・・…

  5. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で日本のフェス文化は一…

    2018年7月下旬。酷暑が警戒される異様な夏。連日35℃を優に…

  6. 音楽

    サマソニ20周年に相応しい盤石のヘッドライナーを見て思うこと

    今年2019年に20周年を迎えるサマソニのヘッドライナーが発表…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  2. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
  3. 映画レビュー

    勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!
  4. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  5. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
PAGE TOP