音楽

【実はデブ?】何人にも媚びないビリー・アイリッシュ!体型批判も者ともせず新曲ではファンを突き放す?



@UNIVERSAL_INTER

今や絶大な人気を誇り、その言動が多大な影響力を持つとされるビリー・アイリッシュ。彼女はいつも、体型が分からないダボダボなオーバーサイズのファッションを纏っていることが多いイメージが強いが、先日、キャミソールのみという、かなりラフな格好をしている姿がパパラッチされ、珍しく肌を露出しているビリーのスタイルが話題を呼んだ。いつものイメージと違う彼女の姿が見れたことに喜ぶ者もいれば、中には「30代半ばのワインばかり飲んでる母親のような体型」といった、体型に対する批判するコメントも出ていた。

これに対しビリーは「Vanity Fair」のインタビューの中で「私が車からお兄ちゃんの家の玄関まで走っているときの写真があるの。気温が40度くらいある日で、タンクトップを着ていたのね。そしたら、みんなが”太ってるなー!”って言ってたんだけど、違うのよ、これが私のありのままのカラダなの。みんながこれまで見たことなかっただけでしょって思ったわ」と気にも留めない感じでコメントしている。



そもそも、体型批判くらいでしょげるタイプの人では無い。なんせ、新曲「Therefore I Am」では≪私はあなたの友達でもないし/何者でもないわ/あなたって自分のことを偉いと思ってるでしょ/我思う、ゆえに我あり(※)≫と、我が道を行く彼女らしさ全開の歌詞となっている。また、自分史上最も自分らしい曲と言ってるだけあって、その媚びない姿勢が相変わらずかっこいい。
※ルネ・デカルトの言葉。物事の存在を証明するのはとても難しいが、たとえ世界のすべてのものが存在しないとしても、少なくともそれを疑っている「私」だけは確かに存在するのだ、という意味

この曲は、自分のことをよく知った気になってあれこれ言ったり、自分の人気や名声にあやかろうとする人々へのディスとも捉えられ、まさに体型批判している人らにも当てはまると言って良いかもしれない。また、同曲はYoutubeでの公開から3週間で7000万再生となっている。



(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  2. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  3. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  4. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!

関連記事

  1. 音楽

    二大歌姫のテイラーとケイティが世紀の和解!結びつけたのはテロとクッキーとLGBT??

    テイラー新曲MVで奇跡の共演!冷戦に完全終止符!MVでお互いが…

  2. ライブレポート

    NE-YO、結構いいよ【SUMMER SONIC 09】vol.2

    幸いなことに雨が上がった。雨のフェスは過酷だからね・・…

  3. ライブレポート

    サマソニ史上最高潮!圧巻のレッチリ!(サマソニ2011)

    おそらくサマソニ史上最高の盛り上がりだったんじゃないだろう…

  4. グラミー賞

    ビヨンセ双子を妊娠~そして気になるグラミーの行方!

    おめでとうございます!JAY-Zの浮気疑惑、その夫と妹…

  5. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?

    BTS(防弾少年団)が様々な騒動に揺れている。騒動を知った…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  2. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
  3. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2018 4日目(2018/08/12)ライブレポー…
  4. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  5. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
PAGE TOP