ライブレポート

【ライブレポ】go!go!vanillasの初武道館に感涙!純粋な正統派ロックバンドライブだった!



©ROCKinNET.com

コロナ禍でライブの開催の是非が問われ続けている最中、go!go!vanillasは自身のキャリアでも最重要となるだろう初武道館公演を実現させた。公演中に牧(Vo)が何度もビートルズの話題に触れ、英国の若者四人が異国で伝説を作ったことに敬意を払い、その舞台に立てる一入な想いを熱いトーンで語ったことが印象的だった。座席は一つ空席で間隔を取っていた。それでも、それ以上に空席も目立った。それでも、バニラズはコロナ禍であることを一旦忘れさせてくれるかのようなフルスロットルなライブを見せてくれた。

武道館中央に設置された「g」が2つ合わさった舞台を縦横無尽に駆けずり回り、特攻も証明も遠慮が無い。初武道館の祝祭感と、プリティ(Ba)の復帰も相まってか、こういう時期にも諦めずに、この規模のロックライブを開催してくれた希望に満ちたロックライブ。出世作「オリエント」で幕を開け、今年リリースの「アメイジングレース」、そして「マジック」「デッドマンズチェイス」とライブでは定番の人気曲で畳み掛ける。



個人的に、この公演で最も印象的だったのが、メンバー間の絆が深まったのが見れたことだと思う。最近の世代は表面的には仲良しバンドが多い気がする。バニラズもその類いかと思っていた。けど、牧は涙ながらに、メンバーとの思い出を語り、特に、ジェット(Dr)とは掴み合いのシャツがビリビリになるほどの喧嘩を何度もし、一時はコイツ嫌いかもって思ってたらしいが、けど、俺の背中を誰よりも見てくれてと感謝する。アンコール時には牧が「わりぃ、俺から謝るよ」と、どうやら謝罪ぜずに、ここまで来ていたようで、ジェットもドラム台から降り、牧と熱い握手と抱擁をする姿に胸に来るものがあった。ここまで来るのに感情をぶつけ合い、ここまで来た、その不器用で一筋縄ではいかない感じが如何にもロックバンド的で、他のどのバンドの初武道館よりも純真で熱くて感動的だった。



ますますヴォーカリストとしての存在感も極まってきた進太郎(Gt)の「TTNow」を経て披露された、新曲「鏡」ではカントリーが基板にあった彼らには珍しいミクスチャーロックで、今後の楽曲の振幅が楽しみになる。そして、「カウンターアクション」「No.999」「エマ」「平成ペイン」「おはようカルチャー」とキラーチューン全開で圧倒的なロックショーを繰り広げて駆け抜ける。そして、デビュー曲「人間讃歌」で本編は幕を閉じた。感情をさらけ出し、予期せぬメンバー間の絆が深まった公演。初武道館には魔物がいると言うが、この夜はロックの女神が微笑んでいたように思えた。今後のバニラズから、ますます目が離せなくなったのである。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  2. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  3. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  4. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  5. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由

関連記事

  1. ライブレポート

    サンボ最高!

    ばっちし日焼けしてます!色白野郎だから、火傷になります…

  2. ライブレポート

    NANA-IRO ELECTRIC TOUR 2019 最終日 横浜アリーナを観た!

    2年前の大晦日のCOUNTDOWN JAPANでのストレイテナ…

  3. ライブレポート

    最近のフェスの過ごし方w

    20代の頃みたいな、がむしゃらな体力は、流石の俺でも衰えま…

  4. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1314 vol.5【俺達だけじゃね?論争】

    ONE OK ROCKの時に最前列付近にいたんです。もちろ…

  5. ライブレポート

    VIVA LA ROCK 2016で楽しむ♪

    今年で3年目となります埼玉最大級のフェス「VIVA LA …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  2. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
  3. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  4. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  5. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
PAGE TOP