邦楽

今年の桑田佳祐はソロ!新曲「ヨシ子さん」も発売決定!

JTBやUCC等、最近やたらCM出演が多く各々に新曲を提供している桑田佳祐ですが、今年はソロ活動のようで本格的に活動内容が明かされてきました。
まずは、新曲「ヨシ子さん」を6月下旬にリリース!
また、WOWOW開局25周年記念特別番組として<東京>をテーマにした楽曲をピックアップさせるという「偉大なる歌謡曲に感謝~東京の唄~」の放映も決定!
湘南・横浜のイメージが強けれど、ソロ曲「東京」や、サザンの「東京シャッフル」「東京VICTORY」など意外に東京の歌も多いんですね。今の桑田も<東京>を軸に創作が成ってる感がある。2020年東京五輪の開会式に狙いを定めているのでしょうか?ありえなくもない・・・笑

まだどんな楽曲になるのか明らかになっていない新曲「ヨシ子さん」に関しては
「インドとラテンとペルシャと東南アジアが混ざった、無国籍な匂いがする、平成のロバート・ジョンソンともいうべき曲になりそうだ」とのこと。
ブルースの巨匠ロバート・ジョンソンの名を挙げといてラテンとか・・・意味不明(汗

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  2. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  3. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  4. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  5. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…

関連記事

  1. 邦楽

    勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017

    年末の風物詩って勝手に言ってるんだけど・・・むしろ俺一人で…

  2. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎木が2017年に放っ…

    日本のロック・シーンの未来を背負って(欲しい)と思えるバンドが…

  3. 邦楽

    男性ソロ歌手は大ブレイクしにくい理由について考える

    オリコンに気になる記事がありましたここ数年、音楽業界の関係…

  4. 日記

    ネット批判が完全正義な世は如何に~後編~

    今回のサザン騒動も真意からだい~ぶ離れていって、批判だけが…

  5. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2018 3日目(2018/08/11)ライブレポート

    ロッキンも後半週スタート。3日目のライヴレポートを!先週よ…

  6. 邦楽

    マキシマムザホルモン2号店はどんなバンドが最適か日本一適当に考えてみた

    だいすけはん(キャーキャーうるさい方)が頚椎椎間板ヘルニアと診…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 音楽

    2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  2. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  3. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  4. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  5. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?
PAGE TOP