邦楽

サザンのエロ曲に批判が集まってるとか?

sas2014sg

サザンのような大衆バンドは新曲の発売前に街中で既に耳にタコができるくらい聴くことができるけど、今回は極力リリース前に聴かないように努めてきました。
何故か――冒頭の「Wow Wow~」のみ聴いた瞬間、並大抵ならぬクオリティの高さを感じたからです。

結果、CDで初めて楽曲の全てを聴いた訳ですが、全身鳥肌ものでした。
こんな夏も終わった季節に桑田佳祐は例年のように夏をどう歌うかに重きを置かず、誰に何を発信するかを意識していたように思えます。
サザンが発信する対象・・・それは、日本に日本そのものを発信してました!

そこに大衆バンドとしての覚悟、今の桑田佳祐の中のあらゆるパワーを凝縮させた斬新ながらも王道なPOPソング!近年の桑田楽曲の中でも上位に入る名曲になったように思えます。

噂によると、カップリングの「天国オンザビーチ」に関してネット上では卑猥すぎると批判が続出してるようだとかwww詳細は知りませんが。
俺からしてみれば、何をいまさらってだけなのだが・・・
既に卑猥な楽曲は星の数ほどあるし、ROCK IN JAPANで生ケツだしたり、何十万人規模のライヴでは松茸とアワビの神輿をあげるようなバンドですよ?それこそがサザンでしょw

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  2. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  3. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  4. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  5. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた

関連記事

  1. ライブレポート

    【VIVA LA ROCK特別編】スガシカオ20周年を祝う

    昨日までのVIVA LA ROCKの延長戦だ!スガシカオな…

  2. 邦楽

    ゲス川谷が再炎上で売名だとすら思えてくる

    今のところ今年の話題をかっさらってるゲスの極みの川谷絵音が…

  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート

    珍しく顔写真を公開してみる。SWとのタイアップ企画で写真が撮れ…

  4. 邦楽

    【速報】[Champagne]の新バンド名!

    となったそうです!再結成したわけでもなく、メンバーチェンジ…

  5. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2018 3日目(2018/08/11)ライブレポート

    ロッキンも後半週スタート。3日目のライヴレポートを!先週よ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  2. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  3. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  4. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  5. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
PAGE TOP