邦楽

サザンのエロ曲に批判が集まってるとか?

sas2014sg

サザンのような大衆バンドは新曲の発売前に街中で既に耳にタコができるくらい聴くことができるけど、今回は極力リリース前に聴かないように努めてきました。
何故か――冒頭の「Wow Wow~」のみ聴いた瞬間、並大抵ならぬクオリティの高さを感じたからです。

結果、CDで初めて楽曲の全てを聴いた訳ですが、全身鳥肌ものでした。
こんな夏も終わった季節に桑田佳祐は例年のように夏をどう歌うかに重きを置かず、誰に何を発信するかを意識していたように思えます。
サザンが発信する対象・・・それは、日本に日本そのものを発信してました!

そこに大衆バンドとしての覚悟、今の桑田佳祐の中のあらゆるパワーを凝縮させた斬新ながらも王道なPOPソング!近年の桑田楽曲の中でも上位に入る名曲になったように思えます。

噂によると、カップリングの「天国オンザビーチ」に関してネット上では卑猥すぎると批判が続出してるようだとかwww詳細は知りませんが。
俺からしてみれば、何をいまさらってだけなのだが・・・
既に卑猥な楽曲は星の数ほどあるし、ROCK IN JAPANで生ケツだしたり、何十万人規模のライヴでは松茸とアワビの神輿をあげるようなバンドですよ?それこそがサザンでしょw

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  2. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  3. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  4. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  5. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…

関連記事

  1. ライブレポート

    10年ぶりの年越しライヴにてサザンの覚悟を観た!

    サザンの今年の活動を締め括る年越しライヴ「ひつじだよ!全員…

  2. テレビ・芸能人

    NHK「第1回明石家紅白」を見て

    明石家さんま、ここにあり!流石です!さんまが歌番組をや…

  3. 邦楽

    EXILE所属LDHの世界進出が成功しない理由

    EXILEなどが所属するLDHが、世界基準でエンタテインメ…

  4. 邦楽

    紅白にサザン降臨で35年ぶりにNHKホールで歌唱決定!何を歌うか予想!

    サブちゃんと言いサザンと言い紅白に箔が付いた感があるなんやかん…

  5. ライブレポート

    VIVA LA ROCK 2018 1日目ライヴレポート

    埼玉県初となる大型ロックフェスも今年で五年目を迎えるらしい。都…

  6. 邦楽

    最後のAAA 桑田佳祐「ひとり紅白歌合戦」をLVで観る!

    桑田佳祐が自身のライフワークの一貫として20年間続けてきたチャ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  3. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  4. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  5. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
PAGE TOP