グラミー賞

グラミー結果(テイラー・スイフトが史上初の快挙!)

taulor2014

◆年間最優秀レコード
 「Uptown Funk」 マーク・ロンソンft. ブルーノ・マーズ
◆年間最優秀楽曲
 「Thinking Out Loud」(エド・シーラン)
◆年間最優秀アルバム
 「1989」テイラー・スウィフト
◆最優秀新人賞
 メーガン・トレイナー

正直、意外過ぎたのが、テイラーのアルバム賞。
2度のアルバム賞受賞は女性アーティスト初となる快挙らしいが、ここまで彼女の評価が高いことに驚いています。もちろん、彼女は米国音楽史に名を刻む才能の持ち主だし、「1989」も優れたポップ・アルバムではあるんだけど、なんか過保護なほどグラミーに愛されているなぁって感じ。逆に、ケンドリック・ラマーが主要部門を逃すというのも、いささか疑問だったりします。やはりグラミーはR&B/HIPHOPに手厳しい現実は変わらないですね。
あ、テイラーのスピーチ、若い女性へ「今後あなた達の成功を邪魔する存在がいるけど、自分がやるべきことに集中すれば、いつかあなたと応援者しかいない景色が見える」という言葉は素晴らしかった。先日のカニエへの口撃なのかなと思いましたが、深読みしすぎ?

今年のグラミーはシンプルな授賞式だったと思います。印象深さも特になし。
ただその中でも、GAGAのデヴィッド・ボウイ追悼パフォーマンスは見事だったし(ボウイの格好をコスプレしながら歌う姿を見ていると、こういうのをやってギャグにならないのは彼女しかいないと感じました)、ジャスティン・ビーバーのカムバックも良かったです。

エド・シーランが最優秀楽曲を受賞した時のテイラー・スイフトの異様な喜び方も見てて気分がいいものです。自分以上に他人の成功を喜べるというのは素敵だなと思いました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2017年 俺が勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  2. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  3. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  4. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  5. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…

関連記事

  1. グラミー賞

    ジャスティン・ビーバーが人助けをするご時世

    老婦人の悲鳴を聞きつけたビーバーは、仲間と一緒に乗っていた…

  2. グラミー賞

    【いよいよ明日はグラミー】ビヨンセ悲願達成なるか?

    いよいよ明日に迫ったグラミー賞!今年は最優秀アルバ…

  3. グラミー賞

    それでもグラミー賞はビヨンセに受賞させない

    アデルは希代の今世紀最高のシンガーだし、『25』が駄作とも思い…

  4. グラミー賞

    果たして今年のグラミーは本当に成功と言えるのだろうか?

    今年のグラミー賞をひと言で表せば「女性」だった。司会がアリシア…

  5. グラミー賞

    【テイラー、エドまで】黒人優位なのに今年もグラミー賞をボイコットする歌手続出!

    散々、白人贔屓と揶揄され続けてきたグラミーではあるが。昨年末に…

  6. グラミー賞

    最近の若者はBECKを知らない?

    今年のグラミー賞で最も権威のある賞である最優秀アルバムを受…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  3. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  4. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  5. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
PAGE TOP