音楽

安室奈美恵ベスト盤のミリオン突破がどれだけ凄いのか世界基準で考える!

出典:http://billboard.ph


来年2018年の9月で引退を発表した安室奈美恵のベスト盤『Finally』の勢いが止まらない。ビルボードジャパンが発表した年間チャートでは、同作が、総合アルバム・チャート「Billboard JAPAN Hot Albums」年間1位を獲得。その他、Amazon年間ランキング、楽天ブックス年間ランキング、タワーレコードの年間チャート、HMVの年間ランキング等、各主要店舗が行っているチャートで年間1位を軒並み獲得、2017年最も売れた邦楽作品となった。しかも、断トツで。

累計出荷枚数は約170万枚を突破。発売初週時点で111.3万枚を超えているというのだから、パッケージ不況と言われる昨今で、ましてや顕著に音楽離れが危惧される日本においては驚異的な売上であることは間違えない。それだけ、彼女が国民的歌手だという証明であると同時に、国内外の注目度の高さがうかがえる。

この数字は何も日本のチャートに限定して好記録を更新したというわけではない。2007年以来、過去10年間で、発売初週ミリオンを達成したのは、世界を見渡しても、レディ・ガガ、アデル、テイラー・スウィフト、そして安室奈美恵の4人だけである。作品数はわずか6作品しかない。

『Born this way』レディ・ガガ 1,921,000枚
『25』アデル 5,706,000枚
『RED』テイラー・スイフト 1,459,000枚
『1989』テイラー・スイフト 1,681,000枚
『Reptation』テイラー・スイフト 1,619,000枚
『Finally』安室奈美恵 1,113,000枚
出典:http://genxy-net.com/post_theme04/11252217l/

安室以外の歌姫たちは欧米をはじめ、南米各国、アジア、中東諸国と、世界各国でセールスを記録しているが、安室に限ってはその売上比率は、一部アジア諸国が占めているものの、ほぼ日本国内であることから、異例の記録であるとも言える。
ま、もともと、日本音楽界は国内消費が九割を超えるマスターベーション産業とも揶揄される傾向があるが、ほぼ一国でここまでの売り上げを(わずか1カ月足らずで)伸ばすとは、流石は安室奈美恵である。

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  2. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  3. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  4. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  5. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…

関連記事

  1. 音楽

    ジョン・フルシアンテがレッチリを辞めた理由とは

    未だにレッチリにはフルシアンテが必要だと思ってる人は数多くいる…

  2. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化

    ジャスティン・ビーバーがスペイン語の歌唱でゲストで参加している、今…

  3. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で日本のフェス文化は一…

    2018年7月下旬。酷暑が警戒される異様な夏。連日35℃を優に…

  4. 音楽

    ジャスティン・ビーバーがライム病を告白して逆に彼を応援したくなった理由

    ジャスティン・ビーバーがライム病と診断されてい…

  5. 音楽

    サマソニもう一組のヘッドライナーはUnderworld

    既に発表されてはいたが正式にヘッドライナーに決定したそうです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  2. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP