音楽

安室奈美恵ベスト盤のミリオン突破がどれだけ凄いのか世界基準で考える!

出典:http://billboard.ph


来年2018年の9月で引退を発表した安室奈美恵のベスト盤『Finally』の勢いが止まらない。ビルボードジャパンが発表した年間チャートでは、同作が、総合アルバム・チャート「Billboard JAPAN Hot Albums」年間1位を獲得。その他、Amazon年間ランキング、楽天ブックス年間ランキング、タワーレコードの年間チャート、HMVの年間ランキング等、各主要店舗が行っているチャートで年間1位を軒並み獲得、2017年最も売れた邦楽作品となった。しかも、断トツで。

累計出荷枚数は約170万枚を突破。発売初週時点で111.3万枚を超えているというのだから、パッケージ不況と言われる昨今で、ましてや顕著に音楽離れが危惧される日本においては驚異的な売上であることは間違えない。それだけ、彼女が国民的歌手だという証明であると同時に、国内外の注目度の高さがうかがえる。

この数字は何も日本のチャートに限定して好記録を更新したというわけではない。2007年以来、過去10年間で、発売初週ミリオンを達成したのは、世界を見渡しても、レディ・ガガ、アデル、テイラー・スウィフト、そして安室奈美恵の4人だけである。作品数はわずか6作品しかない。

『Born this way』レディ・ガガ 1,921,000枚
『25』アデル 5,706,000枚
『RED』テイラー・スイフト 1,459,000枚
『1989』テイラー・スイフト 1,681,000枚
『Reptation』テイラー・スイフト 1,619,000枚
『Finally』安室奈美恵 1,113,000枚
出典:http://genxy-net.com/post_theme04/11252217l/

安室以外の歌姫たちは欧米をはじめ、南米各国、アジア、中東諸国と、世界各国でセールスを記録しているが、安室に限ってはその売上比率は、一部アジア諸国が占めているものの、ほぼ日本国内であることから、異例の記録であるとも言える。
ま、もともと、日本音楽界は国内消費が九割を超えるマスターベーション産業とも揶揄される傾向があるが、ほぼ一国でここまでの売り上げを(わずか1カ月足らずで)伸ばすとは、流石は安室奈美恵である。

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  2. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  3. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  4. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  5. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…

関連記事

  1. 日記

    発表!俺が勝手に決める、2014年MYベスト・アルバム!

    もう、今年は文句なしで、この人でしょう!ファレル・ウィ…

  2. 音楽

    GAGAのハーフタイムショーが試合の視聴率を超える

    祖国の統一と反トランプ色の強いメッセージが色濃く出て話題と…

  3. ニュース

    【のんぽり?バカ?】テイラー・スイフトがバッシングの標的に!

    先日マドンナはじめ大勢のセレブも参加した、女性による反トラ…

  4. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最新YOUTUBE再生…

    異常な世界的ブームとなったPSYの「江南スタイル」が流行したの…

  5. 音楽

    ビヨンセがピラミッドから出入り禁止w

    写真は、5~6年前に俺の目の前で熱唱するビヨンセwww(@…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
  2. ライブレポート

    安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  3. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  4. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  5. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
PAGE TOP