音楽

2010年代で最もヒットした楽曲トップ10から見えてくる音楽不況の嘘?




出典:YOUTUBE

激動の2010年代をヒット曲と共に振り返る!

年が明け2020年代がはじまった!
2010年代は、音楽業界にとっては劇的な変化を遂げた10年だったように思える。パッケージ産業の衰退は2010年代以前からの流れだったが、CDか配信かで模索する過程で衰退の一途を辿る音楽界が、ストリーミングの確立によって音楽に触れる環境が確定的になるなど激変した。また、アリアナ・グランデの世界ツアーのマンチェスター公演で起こった自爆テロなど音楽興行そのものを否定しかねない事件もあった。グラミーをはじめとする各賞で黒人音楽の不遇を問題視する風潮もありながら、音楽界はいち早く多様性を受け入れながら変化を遂げていったようにも思える。



2010年代初頭といえば、レディ・ガガやケイティ・ペリーなど2000年代に登場した新時代のスターが台頭し幕を切った。2000年代に最盛期を迎えたEDMが次第に終息し、その後、ラップやヒップホップが若者の支持を集め、ポスト・マローンなどの新たなスターを輩出しながらも、今現在も継続的にポップ・シーンの王座に君臨している。ラジオで流れることが音楽家のステータスだったが、tiktokで話題になって世界を席巻する楽曲も出てくるなど、発信媒体の変化も大きい。そんな激動の10年を制した10曲を耳にタコが出来ていると思うが振り返ってみたい。

10位「Rolling in the Deep」Adele

9位「Despacito ft. DaddyYankee JustinBieber」Luis Fonsi

8位「Somebody That I Used To Know (feat. Kimbra)」Gotye

7位「Old Town Road (Official Movie) ft. Billy Ray Cyrus」Lil Nas X




6位「We Found Love ft. Calvin Harris」Rihanna

5位「Girls Like You ft. CardiB」Maroon 5

4位「Closer ft. Halsey」The Chainsmokers

3位「Shape of You」Ed Sheeran




2位「Party Rock Anthem」LMFAO ft. Lauren Bennett, GoonRock

1位「Uptown Funk ft. Bruno Mars」Mark Ronson

懐かしい(笑)
これは別にYOUTUBEの再生回数ではなく、ビルボードを中心とし楽曲販売を中心に算出したヒットという概念であるのだが、意外にも、あれだけ話題になった江南スタイルも入ってないし、ジャスティン・ビーバーや、テイラー・スウィフトもいないんだね・・・・・・
LMFAOやチェイン・スモーカーズは世界中のクラブでかかりまくったし、Maroon5のようにMeTooをいち早く音楽に反映しヒットしたのも時代を反映している(この後にハーフタイムショーで人種差別と関連した批判を浴びることになろうとは)。「Uptown Funk」の世界的ヒットによりブルーノ・マーズは音楽性や芸風も変わった気もする。アデルやエド・シーランのように、英国パワーの存在感も際立った。「Old Town」のようにtiktok発でヒットする楽曲は今後も増えるだろう。

そんな2010年代のヒット曲だが、意外な結果に驚く。半数以上の曲が2015年以降の楽曲であるのだ。日本ではヒット曲が生まれないと憂いがちな風潮があるが、世界の聴衆は確実にヒット曲を生み出し、音楽産業は活性化しているように思える。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  2. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  3. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  4. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  5. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…

関連記事

  1. ハリウッド

    【お前の嫁そいつじゃない】ジャスティンとヘイリー夫婦が似合わな過ぎて不満タラタラな件

    いつの間にかしっぽり地味に役所婚をしていたジャスティン・ビーバ…

  2. 音楽

    【理想の男】ミック・ジャガー御年73歳で8人目の子供!

    数年前のストーンズの来日公演で一番インパクトを受けたのが、…

  3. 音楽

    元1Dのゼインが脱退後、初めて公の場に登場

    世界で活躍するアジア人を賞する授賞式に出席。久々に公の…

  4. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?

    BTS(防弾少年団)が様々な騒動に揺れている。騒動を知った…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 3日目ライヴレポート
  2. 音楽

    【徹底考察】ビルボード1位、米英人気過熱、国連演説・・・勢いが止まらないBTS(…
  3. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  4. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  5. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
PAGE TOP