音楽

1Dのハリー・スタイルズが「バイセクシャルだ」とカミングアウトした?

Photo: © 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

現在、世界ツアー「LIVE ON TOUR」でヨーロッパを回っているハリー・スタイルズ。
そのセットリストの中で、未発表の新曲「Medicine」を披露し、その歌詞内容から、彼がバイセクシャルをカミングアウトしたのではないかと騒動になっている。以前からハリーがLGBT団体をサポートしているのも有名な話ではあるが、そういったことも後押ししているのかも知れない。また、ソロのファースト作品のジャケ写が花の浮かぶピンク色の液体の中に裸で浸かっているという女性チックなジェンダーレスなものであることから、ハリーはバイセクシャルの気は多少あるのかもしれない。あくまで私見だが。別にあったところで、どうってことでもないけど(笑)

Harry Styles

そもそも、何故このような疑惑が出たかと言うと
新曲「Medicine」の中に次のような歌詞があるからだ。

ここには女も男もいる。ぼくは彼らのことをもて遊ぶんだ。それでいいんだ。ぼくは、こういうのも好きだって気がついたんだ。そして眠りにつく時、君がどんな味だったか夢見るんだ

こんな過激な歌詞をムーディーなメロでセクシーに歌うから余計に憶測を呼んでいるらしい。
ファンは「カミングアウト?」と戸惑いを隠せないでいるし、LGBT当人たちは「新しいバイのアンセムだ」と大はしゃぎ。

いや、むしろ真面目に答えると、ハリーはバイセクシャルであるべきだし、違うにしても、この路線を極めなればならない。
昨年2017年の12月に六本木のライブハウスで彼の初ソロ来日公演を観たが、彼の目指すところは、デヴィッド・ボウイなんだと思ったからだ。音楽的にも、他の1Dメンバーが流行のダンス・ミュージックをやってるのに対して、オールディックであり、骨太なロックであるし、服装もジャケットとシックに決めているのを目の当たりにして確信した。




ボウイもジェンダーレスな奇異な存在であった。『戦場のメリークリスマス』での、不思議な妖艶さはボウイでないと醸し出せなかっただろうし、そんな性別の垣根を超えた魅力を持った著名人としては初だったのではないかと思う(その後、プリンスや、レディ・ガガが現れることになるが)。
ハリーはここを目指してるのは明白。ただ、男性に美しさは無い。そう感じるのは私が男だからかもしれない。けど、美しい男は存在する。デヴィッド・ボウイのように。そして、ハリーも意図的な戦略なのかもしれないが、年々アイドルから大人への成長と共に、セクシーになってきたようにも思える。ハリー・スタイルズが現代のデヴィッド・ボウイになる階段を登り始めているようにも見えて、彼の成長がワクワクする。

そろそろ、俺が「どんだけ~」と言う前に、このホモホモしい話題も終わろう。
※冗談の通じない奴が多い時代なので、俺はこっちじゃないからね。あっちだからね(ウド鈴木)
(ホモとか、もう差別用語なのか? とんねるずになっちゃうか??笑)

出典
tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/34279.html
tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/38544.html

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  2. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  3. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  4. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  5. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…

関連記事

  1. 音楽

    ゴリラズの新作にノエル兄貴が参加!

    英国の国民的関心事であったオアシスとブラーの確執が解消され…

  2. 音楽

    ジャスティン・ビーバーが一般男性とガチ殴り合い

    そう聞くと、どうしても問題児ジャスティンを責め立てたくなる…

  3. 音楽

    ジャスティン・ビーバーがパパラッチをぶん殴るw

    パパラッチをぶん殴ったんだって。結論から言えば、どっち…

  4. 音楽

    2014年に期待をしてしまう魔法の言葉

    昨年50周年を迎え、2013年に入ってから米英で大規模なラ…

  5. 映画

    主演映画の元ネタ女性から告訴も、今ジェニファー・ロペスが熱い!

    ハーフタイムショーで各方面から大喝采を浴びるま…

  6. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?

    BTS(防弾少年団)が様々な騒動に揺れている。騒動を知った…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  2. ハリウッド

    SW史上最大の被害者?ダース・モールその悲劇の人生を徹底解析!
  3. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  4. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  5. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
PAGE TOP