音楽

1Dのハリー・スタイルズが「バイセクシャルだ」とカミングアウトした?

Photo: © 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

現在、世界ツアー「LIVE ON TOUR」でヨーロッパを回っているハリー・スタイルズ。
そのセットリストの中で、未発表の新曲「Medicine」を披露し、その歌詞内容から、彼がバイセクシャルをカミングアウトしたのではないかと騒動になっている。以前からハリーがLGBT団体をサポートしているのも有名な話ではあるが、そういったことも後押ししているのかも知れない。また、ソロのファースト作品のジャケ写が花の浮かぶピンク色の液体の中に裸で浸かっているという女性チックなジェンダーレスなものであることから、ハリーはバイセクシャルの気は多少あるのかもしれない。あくまで私見だが。別にあったところで、どうってことでもないけど(笑)

Harry Styles

そもそも、何故このような疑惑が出たかと言うと
新曲「Medicine」の中に次のような歌詞があるからだ。

ここには女も男もいる。ぼくは彼らのことをもて遊ぶんだ。それでいいんだ。ぼくは、こういうのも好きだって気がついたんだ。そして眠りにつく時、君がどんな味だったか夢見るんだ

こんな過激な歌詞をムーディーなメロでセクシーに歌うから余計に憶測を呼んでいるらしい。
ファンは「カミングアウト?」と戸惑いを隠せないでいるし、LGBT当人たちは「新しいバイのアンセムだ」と大はしゃぎ。

いや、むしろ真面目に答えると、ハリーはバイセクシャルであるべきだし、違うにしても、この路線を極めなればならない。
昨年2017年の12月に六本木のライブハウスで彼の初ソロ来日公演を観たが、彼の目指すところは、デヴィッド・ボウイなんだと思ったからだ。音楽的にも、他の1Dメンバーが流行のダンス・ミュージックをやってるのに対して、オールディックであり、骨太なロックであるし、服装もジャケットとシックに決めているのを目の当たりにして確信した。




ボウイもジェンダーレスな奇異な存在であった。『戦場のメリークリスマス』での、不思議な妖艶さはボウイでないと醸し出せなかっただろうし、そんな性別の垣根を超えた魅力を持った著名人としては初だったのではないかと思う(その後、プリンスや、レディ・ガガが現れることになるが)。
ハリーはここを目指してるのは明白。ただ、男性に美しさは無い。そう感じるのは私が男だからかもしれない。けど、美しい男は存在する。デヴィッド・ボウイのように。そして、ハリーも意図的な戦略なのかもしれないが、年々アイドルから大人への成長と共に、セクシーになってきたようにも思える。ハリー・スタイルズが現代のデヴィッド・ボウイになる階段を登り始めているようにも見えて、彼の成長がワクワクする。

そろそろ、俺が「どんだけ~」と言う前に、このホモホモしい話題も終わろう。
※冗談の通じない奴が多い時代なので、俺はこっちじゃないからね。あっちだからね(ウド鈴木)
(ホモとか、もう差別用語なのか? とんねるずになっちゃうか??笑)

出典
tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/34279.html
tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/38544.html

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  2. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  3. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  5. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…

関連記事

  1. グラミー賞

    【テイラー、エドまで】黒人優位なのに今年もグラミー賞をボイコットする歌手続出!

    散々、白人贔屓と揶揄され続けてきたグラミーではあるが。昨年末に…

  2. ハリウッド

    フランク・オーシャンがグラミー受賞資格を放棄した理由

    フランク・オーシャンが、セカンドアルバム『Blonde』と…

  3. 音楽

    【理想の男】ミック・ジャガー御年73歳で8人目の子供!

    数年前のストーンズの来日公演で一番インパクトを受けたのが、…

  4. 音楽

    今年のYOUTUBE再生回数1位はジャスティン・ビーバー!

    YouTubeに音楽動画を提供している、音楽動画サービス「Ve…

  5. 音楽

    オアシス復活する準備は整ってるが、ノエルに物乞いするくらいならしない

    リアムの発言。期待を持たせて結局は兄弟の意地の張り合いで破断、…

  6. 音楽

    ワン・ダイレクション来日★最大規模のジャパン・ツアー開始!

    世界一のボーイズ・グループ、ワン・ダイレクション!日本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  2. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  3. ハリウッド

    【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  4. ハリウッド

    【報酬額予想】相当稼いだだろう新スパイダーマンのトム・ホランドが確定申告で困って…
  5. ライブレポート

    安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
PAGE TOP