テレビ・芸能人

ブルゾンちえみ効果?オースティン・マホーンのアノ曲が今話題!

今人気の芸人ブルゾンちえみ効果で、オースティン・マホーンの「Dirty Work」が日本の配信チャートで急上昇をしているという。

この日本人の後追い感、すっごく嫌いです(笑)

にしても、このPVを初めて観た時に「第二のジャスティン・ビーバー」と言われて可愛いアイドルから急に成長したなと驚きましたが、彼はジャスティンのように道を外さずに正統派の道を歩んでいる優等生ぶりが良いですね。ただ、それが必ずしも<面白いか?>というと、そうでもないんですけどね。俺はジャスティンのハチャメチャなところも魅力だと思ってるので。

それよりも、次第に拡大中の「ブルゾンちえみ美人説」に全く共感できない・・・
ただ、この曲を選んだセンスと、ネタ自体はセンセーショナルで大好きです(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  2. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  3. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  5. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート

関連記事

  1. 音楽

    何故ハリーはソロ一発目で絶望を歌ったのか?

    高音ボイスが印象的な壮大なロック・アンセムで幕を開けたハリー・…

  2. ハリウッド

    【お前の嫁そいつじゃない】ジャスティンとヘイリー夫婦が似合わな過ぎて不満タラタラな件

    いつの間にかしっぽり地味に役所婚をしていたジャスティン・ビーバ…

  3. 音楽

    想定外の傑作!ジャスティン・ビーバー新作「パーパス」を聴いた!

    まずは、ここ数年の過ちへの反省と世間が抱く悪童のイメージと…

  4. 音楽

    ひっさびさに妖怪・・・いや、シェールが凄まじいw

    シェールの本当に久々となる新曲がいい感じです!!!アメリカ…

  5. 音楽

    夏の終わりに音楽を聴こう

    「リオ五輪」「ポケモンGO」「SMAP」だった今年の夏。そ…

  6. グラミー賞

    【テイラー、エドまで】黒人優位なのに今年もグラミー賞をボイコットする歌手続出!

    散々、白人贔屓と揶揄され続けてきたグラミーではあるが。昨年末に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート
  4. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  5. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
PAGE TOP