音楽

ダフト・パンク解散でガックシきてる今こそ皆で叫ぼう「One More Time」



Copyright © Sony Music Marketing Inc. All rights reserved.

フランスのエレクトロニック・ミュージックデュオのダフト・パンクが、結成から28年で解散することを発表し世界中の音楽ファンに衝撃が走った。ダフト・パンクといえば、ファンクやテクノ、ディスコ、ロック、シンセポップ、ハウスの要素を融合させた無二の音楽で注目を集め「One More Time」「Robot Rock」「Get Lucky」など数多くのヒット曲を世に送り出した。2014年の第56回グラミー賞では最高賞である最優秀アルバム賞を『ランダム・アクセス・メモリーズ』で受賞し音楽界の頂点に上り詰めた。



ファレル・ウィリアムス「永遠に伝説」とツイッターに投稿。ZEDD「Daft Punkなしでは今の自分はなかった」と明言し、「EDMの道を切り開いた王たちへ長寿を」と彼らを称えている。

ダンス・ミュージック界にもケミカル・ブラザーズ、アンダーワールドと名だたるビッグ・ネームはいるが、時代をも超越して結果を出しているのは彼らしかいない。もともと量産型のデュオではないので、新作もリリースまで相応にかかるとは思っていたし、その次のフェーズを楽しみにしていたのだが、まさか急な終焉を迎えるとは夢にも思っていなかった。というか、その多彩なジャンルレスな(新規開拓する)音楽の超越性も、ヴィジュアル面でも越境性があるため、決して古びない存在だけに「解散」という価値観が彼らにあるんだというのが不思議だったくらいだ。まさしく、時代を超越し続ける存在であると。残念としか言葉が見つからない。それとも、何かの新しいプロジェクトの始まりなのかな??

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  2. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  3. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  5. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…

関連記事

  1. 音楽

    ビヨンセの口パク騒動について

    オバマ大統領2期目の就任式で国歌斉唱したビヨンセに口パク疑惑が…

  2. ニュース

    続・トランプ当選に対する音楽界の反応

    レディオヘッドのトム・ヨークは今回の米大統領選挙の結果が出…

  3. 映画レビュー

    OASIS日本ラスト公演「FUJIROCK’09」を映画館で観る!

    フェスにおける生の現場に比例する臨場感のある音響。月並みな表現にな…

  4. 音楽

    サマソニ20周年に相応しい盤石のヘッドライナーを見て思うこと

    今年2019年に20周年を迎えるサマソニのヘッドライナーが発表…

  5. 音楽

    The 1975の新作が全米1位!

    oasis、Coldplayに並ぶ大大大快挙!(正確に…

  6. 音楽

    Avicii日本を堪能「この国に恋してしまったよ」

    おそらくこの国のEDM系のライヴでは、あのULTRAをも優…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  2. 映画

    ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  3. ハリウッド

    年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  4. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  5. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
PAGE TOP