音楽

ダフト・パンク解散でガックシきてる今こそ皆で叫ぼう「One More Time」



Copyright © Sony Music Marketing Inc. All rights reserved.

フランスのエレクトロニック・ミュージックデュオのダフト・パンクが、結成から28年で解散することを発表し世界中の音楽ファンに衝撃が走った。ダフト・パンクといえば、ファンクやテクノ、ディスコ、ロック、シンセポップ、ハウスの要素を融合させた無二の音楽で注目を集め「One More Time」「Robot Rock」「Get Lucky」など数多くのヒット曲を世に送り出した。2014年の第56回グラミー賞では最高賞である最優秀アルバム賞を『ランダム・アクセス・メモリーズ』で受賞し音楽界の頂点に上り詰めた。



ファレル・ウィリアムス「永遠に伝説」とツイッターに投稿。ZEDD「Daft Punkなしでは今の自分はなかった」と明言し、「EDMの道を切り開いた王たちへ長寿を」と彼らを称えている。

ダンス・ミュージック界にもケミカル・ブラザーズ、アンダーワールドと名だたるビッグ・ネームはいるが、時代をも超越して結果を出しているのは彼らしかいない。もともと量産型のデュオではないので、新作もリリースまで相応にかかるとは思っていたし、その次のフェーズを楽しみにしていたのだが、まさか急な終焉を迎えるとは夢にも思っていなかった。というか、その多彩なジャンルレスな(新規開拓する)音楽の超越性も、ヴィジュアル面でも越境性があるため、決して古びない存在だけに「解散」という価値観が彼らにあるんだというのが不思議だったくらいだ。まさしく、時代を超越し続ける存在であると。残念としか言葉が見つからない。それとも、何かの新しいプロジェクトの始まりなのかな??

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  2. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  3. ポール東京ドーム初日を観た!
  4. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  5. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!

関連記事

  1. ライブレポート

    ビヨンセ祭り!【SUMMER SONIC 09】vol.3

    もはやフェスの光景じゃねー。完全にビヨンセにサマソニが…

  2. 音楽

    ジョン・フルシアンテがレッチリを辞めた理由とは

    未だにレッチリにはフルシアンテが必要だと思ってる人は数多くいる…

  3. ニュース

    J・ペイジ未演奏問題のKLabよ、これが音楽の仕事だ!

    渋谷陽一氏が来日中のジミー・ペイジにインタビュー。「またまたまたお…

  4. 邦楽

    【日英最強バンドの共演】RADがCOLDPLAY公演に参加決定!

    4月のCOLDPLAY東京ドーム公演にRADWIMPS…

  5. ニュース

    新型コロナ自粛ムードで脚光を浴びる楽曲「HANDCLAP」って何?

    新型コロナ自粛ムードで脚光を浴びる「HANDCLA…

  6. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて

    現代の世界的トップ・ディーヴァであるアリアナ・グランデのコンサート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  2. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  3. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  4. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP