音楽

第12回 独断で選ぶ今年素晴らしかった洋楽 TOP10 2020



©ROCKinNET.com

ビリー・アイリッシュがグラミー主要部門を独占の快挙。アメリカ大統領選にセレブ達が次々に支持表明。ガガとアリアナなど大物歌手同士のコラボ曲が軒並みヒット。ビヨンセ、アリシア、ビリー、ジャスティン・ビーバーなど「Black Lives Matter」に多くの歌手が声明を。34年ぶりにレコード売上がCD売上を上回る。BTSの新曲「Dynamite」がビルボードHot100で初登場1位獲得。エディ・ヴァン・ヘイレン逝去。ジョン・レノン没後40年。

多くのミュージシャンたちが世界ツアーを中止や延期する決断をするなど、新型コロナによってエンタメ業界が萎縮せざるを得なかった2020年。まさに激動の年を彩った素晴らしき洋楽を独断で10曲選出しランキングします!(ちなみに、毎年恒例となった、この企画も遂に12年目を迎えました!)

第10位「Beautiful Faces」Declan McKenna
コロナ禍とか関係なく世界のポップ・シーンでロックは苦戦を強いられて久しいが、今年は英国ロックの復活の予兆が垣間見えた年でもあった。若干21歳の彼がストーンズのリシュー盤とチャートを争ったことも必然と言えるのは、様々な社会問題をZ世代の視点から抜群の音楽センスで放つ強烈さにある。SNSやフェイク・ニュース、脱真実を切り抜いた、これぞ世代の声、今求められるロックである。

第9位「Lost in Yesterday」Tame Impala
サイケからエレクトロに傾倒した結果、大きなウェーヴに聴き手を誘うに、あまりに快感と説得性のある最新作に脱帽する。「ノスタルジー(過去を懐かしむこと)とは、ドラッグのようなもので、時に人を中毒にさせてしまう」と歌う同曲の共感と、グルーヴィーなベースラインんぼリフが心地良い。ジャンルレスであることが今のポップスの潮流だというのならケヴィン・パーカーは正にこれからの世界の音楽の中心と言えよう。




第8位「posions」Ariana Grande
同曲のMVでは、大統領に就任したアリアナが、多様性に富んだ女性が大半のスタッフを堂々と率いて、ホワイトハウスで職務にあたる様子が描かれている。まるで、既存の権威に刃向かうようだ。彼女は大統領選の事前登録用のボックスをコンサート会場に設置するなど積極的に政治参加している。もう悲劇のヒロインではない。抑えめなミキシングも彼女の音楽性の成熟度への信頼から成立しているように思える。 実に逞しい。

第7位「Watermelon Sugar」Harry Styles
どこか懐かしいオールディーズ風味のあるメロディに、スイカの甘みを意中の彼女との秘め事に置き換える、非常に夏らしくもセクシーな曲。元カノであるモデルのカミーユ・ロウのことを歌っているとも言われています。直接的表現はないのに、何故かエロい。しかも嫌味がない。スラングでは、同タイトルはオーラル行為を指すとかって噂も。こんな曲、ハリーにしか書けないし歌えない。

第6位「Heather」Conan Gray
初めて聴いたときに「なんて美しいんだ」という印象で、そのままこの先何年も聴きたくなる名曲。LGBTQでもなく、そんな曖昧なジェンダー観を持ち、マニキュアを塗ったりと、フェミニズム的で、ジェンダーレスな不思議な魅力のコナン。自分の道を堂々と歩む姿はリアリスティックで如何にもZ世代だなと感じる。親友がキスして戸惑うけど親友の目線は可愛い子がいて、なんて切なくも甘酸っぱい歌詞が心地良いメロディによって紡ぎ出される本年最大の発掘物!

第5位「Blinding Lights」The WEEKEND
今年は彼の年だったと言って過言ではない。結局、年間通してラジオや音楽アプリやチャートから、この曲が鳴り止むことは無かった。希代のR&Bスターの代表曲とも言うべき力作にも思える。80年代に影響されたレトロなエレクトリカルなシンセは何故か新しく、疾走感あるアップテンポで一気に駆け巡るサウンドは聴いていて煌びやかとすら思えてきて「爽快」以外に何も感想が見当たらない。高揚感に満ちた大傑作。この曲が閉塞するコロナ禍を打つ破るようにヒットし続けたことは音楽による救済にも思えるほどだ。




第4位「Dynamite」BTS
まさかアジア人のボーイズ・グループが欧米文化を制覇する日が本当に来るとは思っていなかった。ましてや、今韓国でブームとなってるニュートロ(現代と過去の融合)的な楽曲で、ディスコ・ファンクが底抜けに明るい。この楽曲はいわゆる70年代を彷彿とさせるグルーヴを踏襲してて、マイケル・ジャクソンが出て来た時代のポップ・ミュージックが持つ明るさを目指してるのだろうと思うのと、その軽快さが閉塞しているコロナ禍において、非常に心躍ったという意味でも非常に重要な2020年の楽曲であるほか表せる言葉が見つからない。

第3位「everything i wanted」Billie Eilish
「夢」を歌った同曲は、この僅か1~2年で彼女が経験したスターダムな経験を描いているが、絶頂を迎えつつある今、彼女自身にとって、それは「悪夢」でしかなく、欲しかったものは手に入ったが、その過程や現状は決して夢見ていたような良いことばかりでないパーソナルなダークな部分を、こうも美しく歌う彼女の才に今年も感動してしまったのだった。

第2位「Rain On Me」Lady Gaga, Ariana Grande
まず、ガガのダンス・フロア帰還を祝福したい。ここ数枚の駄作の何が悪かったかは己の原点からの脱却が失敗していたこと。それら悪評を吹き飛ばすくらいにハイ・クオリティなダンス・ポップだ。≪降り注いでくるのは苦しみの雨だが、生き抜いてやるから降れるもんなら降ってみろ≫と言わんばかりの、パワフル且つポジティブな歌詞が奇しくも今年の世界へのエールとも捉えられる。高音が冴え渡るアリアナを選んだのも吉と出ている。

そして、栄えある1位に輝いたのは・・・・・・!



第1位「Don’t Start Now」Dua Lipa
今年は彼女の年だったと言って過言ではない。失恋から前向きに立ち向かう女性の気持ちを歌った楽曲。ユーロ・ダンスとハウスの絶妙な融合が心地良く、ピュアなアドレナリンに満ちたダンス・フロア・アンセムとして、しばらくはフロアを揺らすだろう名曲。テイラーの出現以降、自身の恋愛を赤裸々に歌で表現する女性が増えたが、彼女は特に逞しい。

来年も素敵な楽曲に出会えますように、それでは、See you 2021!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆バックナンバー◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  2. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  3. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  4. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  5. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!

関連記事

  1. 邦楽

    Underworld「Mステ」に登場!

    今年のサマソニにも出演が決定しているUnderworldがMス…

  2. テレビ・芸能人

    Mステにジャスティン・ビーバー登場!

    完全に今夜のMステはジャスティンのためのMステでした!…

  3. 音楽

    オースティン・マホーンがちょっと待ったコール!

    堕落したジャスティン・ビーバーに取って代って、トップ・アイドル…

  4. 音楽

    ノエルが名曲「Don’t Look Back In Anger」の秘密を暴露!ストリップ行った直後に…

    2017年5月に発生したアリアナ・グランデのマンチェスター公演…

  5. 音楽

    2013年のMy Best Albumを発表!!

    独断と偏見で勝手に今年のNo.1アルバムを選出、今年で8回…

  6. ハリウッド

    【ケイティ謝罪】二大歌姫の確執に急展開!テイラー&ケイティの喧嘩の歴史も振り返る!

    米二大歌姫のバトル、ここに来て急展開が起こった。あれほどT…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  2. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  3. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?
  4. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  5. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
PAGE TOP