映画レビュー

『怪盗グルーのミニオン大脱走』子供が笑えばOK!それ以上でも、それ以下でもない!

出典:http://www.imdb.com/title/tt3469046/mediaviewer/rm3890884608


こういう映画は子供が楽しめれば全部OKだと思っている。だから、各映画サイトのレビューで真剣に大人が内容について意見しなくてもいいと思ってる。では、どういうシーンで子供達は笑うのかを気にすれば、やはりミニオンがくだらないことをやってるシーンに限るのだ。これほど、愛されているキャラクターを出し惜しみするのは致命的と言えよう。
ミニオンの出番が少ないという不満が大半の意見だということを、制作側は肝に銘じてほしい。

よく日本語吹き替えが有名タレントを起用すると評判が悪くなるもんだ。『インサイド・ヘッド』は、あまりに、“大竹しのぶ”感が全面に出されていて興醒めしてしまい、映画の内容自体がどうでもよくなってしまうくらい台無しにしたと思ってる。『シュレック』のダウンタウン浜田も然りだ。(個人的には『ジャングル・ブック』の実写版の松本幸四郎、西田敏行、伊勢谷祐介も駄目だった。)要は吹き替えしてるタレントの顔がつらつくのだ。しかし、今回はもっとアクの強い笑福亭鶴瓶である。誰が聞いても鶴瓶である。けど、何故か許せたのだ。
純粋なタレントへの好感度の高さかなとも思ったが、別に先に挙げた吹き替えタレントたちに好感が無いわけでは無い。鶴瓶師匠の慣れてない吹き替えと、ミニオンの世界観の(いい意味でのどこか)チープさのマッチかと思った。
さらに言えば、鶴瓶師匠演じるグルーは、字幕では酷いスペイン訛りだった。必要異常な高揚感のある、まるでCMのようなオーバーな演技、舞台芸人みたいなアクセントである。“バンド”を“ヴァンドゥァ”と発音しているような感じ。なので、不自然に思える関西弁も、キャラクターともマッチしてるのかも。

歴史に残る二大吹き替え問題!

『ザ・シンプソンズ MOVIE』でWOWOWで長年勤めてきた吹き替えを和田アキ子やロンブー淳にすることで大不評の嵐。後にDVDではオリジナルの日本語声優版が作り直されることになる。

海外ドラマ『スーパーナチュラル』も大きな波紋を呼ぶ。主人公のイケメン俳優を次長課長の井上が演じ、そのあまりの棒読み・下手さに、海外ドラマファンが総スカン。もうひとりを演じた成宮寛貴も酷く、尋常じゃない苦情量に、シーズン3から別のキャストが担当することになる。「ダメ吹き替えの金字塔」として語り継がれている。

吹き替えは大事。基本的には表に出て来ないプロの声優がやればいいと思う。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  2. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  3. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  4. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  5. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】殿、利息でござる!

    喜劇かと思っていたら意外にも感動作だった。この時代劇が2016…

  2. 映画レビュー

    大根キアヌが暴走するだけの荒唐無稽なSF映画の駄作『レプリカズ』!

    出来そうで出来ないがSF映画のリアリティこの手のSF映画を許容…

  3. 映画レビュー

    勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!

    今年は本当に多くの映画を観た。劇場鑑賞数68作品というのは人生…

  4. 映画レビュー

    『LION ~25年目のただいま~』母を訪ねて三千里もGoogleがあればお茶の子さいさい?

    ベンジャミン・バトンをも凌駕する、なんとも数奇な人生である。幼少期…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  2. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
  3. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  4. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  5. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する…
PAGE TOP