映画レビュー

【映画鑑賞日記】ピートと秘密の友達

pitofriend(C) 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

凄くいい映画でした。優しい映画。
ディズニーの古典芸・原点とも言うべき、子供に向けた温かい映画。
もとは日本未公開の実写とアニメの合成映画『ピートとドラゴン』(1977)のリメイクなので、日本初上陸ということになります!

東京ディズニーランドの初代エレクトリカルパレードで、緑色の大きなドラゴンの鼻から煙がバーッと出て来るのを見て「あれは一体何なんだ?」と幼心に思った方も多いと思うんです。あれが、エリオットだったわけですね。
そのリメイクで、しかも完全な実写。ドラゴンも毛並など細部まで拘ってますし。
俳優も、R・レッドフォードや、最近売れてるブライス・ダラス・ハワード(ジュラシック・ワールドでお馴染み)など、一流の俳優が出てますので、侮れません。

徹底したファンタジー、友情、親子、環境保護、反文明、大人の私欲と子供の純真さの対立構造など、ウォルト・ディズニーの志であり、王道のメッセージ性で作られた作品です。なので、とにかく優しい。
その潔さを俺は買いました!
最近のディズニーは、やたらと自らの古典名作アニメを、独特の新解釈で実写化してますが、どれも首をかしげるんですよね。
『マニフィセント』なんか悪役の魔女の母性を描いたり・・・
『不思議の国のアリス』は戦うし・・・
『ジャングル・ブック』はモーグリが人間界に帰らないし・・・
それはそれで斬新なアイディアだとは思うので否定はしませんが、根底のメッセージ性を見失ってる気がしてならない。こんなんで果たして実写化が話題になってます、超名作『美女と野獣』に泥を塗らないか心配です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  3. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  4. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  5. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『インクレディブル・ファミリー』14年ぶりの続編でも衰えぬ娯楽性と2010年代に通じる#metoo精…

    前作が14年前だというから嫌になる。しかも、ついこの前感があるから…

  2. 映画レビュー

    帰宅部の高校生観て何が楽しいんだよ?虹色のはずなのに虹色じゃなかった『虹色デイズ』

    中川大志が主演じゃないという前提条件を把握してないと戸惑うことにな…

  3. 映画レビュー

    ハリウッド女優の地位向上以上の続編成功例だった『ゴーストバスターズ』

    30年前は当時の映画興収歴代7位という大ヒットを記録し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  3. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 3日目ライヴレポート
  4. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  5. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?
PAGE TOP