映画レビュー

【映画鑑賞日記】スノーホワイト/氷の王国

snow2(C) Universal Pictures

とにかく1から10までシャーリーズ・セロン!
前作の怪演健在です!最近の映画では、主人公以上に印象深い悪役というのが少なくなってきていると思ってますが、本シリーズの彼女の悪女は拍手したくなるレベルで素晴らしい!
『マレフィセント』で悪役に徹することが出来なかったアンジーを余裕で凌駕する女優魂とインパクト!正直、出番はさほど多くはありませんが、他にも多くのスター俳優が出ているにも関わらず、完全にこの映画の食っています!シャーリーズ・セロン無くして、この映画は成立しないレベルの凄まじさです。

ただ、白雪姫は一切出てきません。
それでも、タイトルは『スノーホワイト』(邦題)・・・思いっきり矛盾。
ただ、前作も白雪姫が鎧を着て闘うくらいなので、今回も随所に『ロード・オブ・ザ・リング』的な、RPG的冒険要素が組み込まれており、むしろ男子大満足な映画であります!

シャーリーズ・セロンの妹魔女をエミリー・ブラントが演じているのですが、氷を操る魔女なんです。手を振るたびに氷がシャッシャと出てくる様は、多くの方が同じ印象を受けている通り、思いっきり『アナ雪』。しかも、姉妹。本作の根底のテーマは、家族や仲間や恋人に対する愛情を持つことを許されない主人公たちが<ありのまま>に愛を持つために、氷の魔女と対決する話。便乗映画?って感じました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  2. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  3. 「時代遅れのRock’nRoll Band」を聴く
  4. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  5. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由

関連記事

  1. 映画レビュー

    時代と逆行する想定内のキムタク映画『無限の住人』

    黒澤明の『椿三十郎』のラストシーンを思い出した。三船敏郎と仲代…

  2. 映画レビュー

    絶対的なエンタメ性!これぞ娯楽作の鑑!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

    これぞ娯楽の鑑だ! 何なんだろう、この安定の絶対的なエンタメ性…

  3. 映画レビュー

    『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』こそ民生を理解していない

    薄っぺらい映画だった。奥田民生に憧れる理由は凄く共感できる。自由奔…

  4. 映画レビュー

    決して米軍万歳ではない『ハクソー・リッジ』でメル・ギブソンが描きたかった本当の事とは?

    メル・ギブソンの映画は苦手である。痛々しいシーンが無駄にリアルで目…

  5. 映画レビュー

    余計な台詞すら削ぎ落とし、戦争を臨場体験させる『ダンケルク』こそ真の戦争映画だ!

    21世紀の娯楽作の王者ノーラン監督が戦争映画を撮るとこうも凄いとい…

  6. 映画レビュー

    『スカイスクレイパー』義足でもテロと闘う超人ロック様に痺れる!

    映画が好きなら誰しも思うだろう『ダイ・ハード』と『タワーリング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  2. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  3. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  4. ハリウッド

    【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  5. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する…
PAGE TOP