映画

石田衣良の『君の名は。』新海監督批判があまりに悪意に満ちてて呆れた件

image source:http://www.imdb.com/title/tt5311514
/mediaviewer/rm3024826368
© 2016「君の名は。」製作委員会

あまりに酷くて逆に可哀想になってきますね。
作家の石田衣良が大ヒット中の『君の名は。』の新海誠監督について言及、「楽しい恋愛を高校時代にしたことがないんじゃないですか。それがテーマとして架空のまま、生涯のテーマとして活きている。青春時代の憧れを理想郷として追体験して白昼夢のようなものを作り出していく、恋愛しない人の恋愛小説のパターンなんです」と分析。
また、「付き合ったこともセックスの経験もないままカッコイイ男の子を書いていく、少女漫画的世界と通底しています。宮崎駿さんだったら何かしら、自然対人間とか、がっちりした実体験をつかめているんですが、新海さんはそういう実体験はないでしょうね。実体験がないからこそ作れる理想郷です。」と批評しました。←あまりに酷いね・・・

これに対し、新海監督は「最近は実に様々なお言葉いただきますが、なぜ面識もない方に僕の人生経験の有無や生の実感まで透視するような物言いをされなければならないのか・・・笑」と珍しく苦言を呈しました。

新海監督の大人な対応に感心しますね。宮崎駿はやはり大御所ってことで、時代性もあってか(非ネット時代のため)ヒットに伴う批判も少なかったですが、今回に関しては対象が、まだ若手監督であるからか、嫉妬めいたところから、あまりに悪意に満ちた的外れな悪口が展開していることに首をかしげずにいられません。
あの映画を観て、この程度の斜に構えた物の捉え方しか出来ない意地汚い作家が、よく直木賞獲れたもんだと思いますよ。よくもまぁ偉そうに・・・まずは自分の身を顧みろって言ってやりますよ。コメンテーターばっかりで大した本書いてないじゃないかよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  2. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  3. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  4. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  5. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!

関連記事

  1. 映画

    実はレズ映画?『アナと雪の女王』旋風が止まらない!

    国内の興行成績が100億円を超したとかで、これは洋画だと201…

  2. アカデミー賞

    【君の名は敗北】アニー賞にジブリ最新作は内容よりコネクション力?

    アニメ界のアカデミー賞と呼ばれるアニー賞が発表されました。…

  3. 映画

    【その人気本物かい?】中川大志主演映画『きょうのキラ君』が10位圏外の大誤爆!

    飽和期に差し掛かっているせいか、恋愛漫画原作の映画が意外な…

  4. ハリウッド

    SW史上最大の被害者?ダース・モールその悲劇の人生を徹底解析!

    ※注意※この記事は、映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストー…

  5. 映画

    妖怪ウォッチ vs スターウォーズ今年の軍配は?

    昨年スターウォーズの新作『フォースの覚醒』が上映され、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. ハリウッド

    もはや超人!『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の撮影舞台裏を知ればト…
  3. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  4. 邦楽

    実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  5. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
PAGE TOP