映画

第11回 独断で選ぶ今年良かった映画 TOP10 2019

© ROCKinNET.com All rights reserved.


今年2019年の邦画と洋画を合わせた興行収入の総額が、2016年に映画『君の名は。』が社会現象化して記録的ヒットした2,355億円を上回り、過去最高となるなど、巷で囁かれる「映画離れ」が嘘のように思えるほどの盛り上がりを見せた2019年の映画業界。たくさんのヒット作の続編や、想定外の意外なヒット作に恵まれ、話題に尽きなかった映画業界だが、今年映画館で鑑賞した作品から素晴らしいと思ったものを厳選してご紹介!

第10位『ブラック・クランズマン
リー監督の熱量が半端なかった。『グリーンブック』のような悠長な描写じゃ人種差別の根源まで映画で訴えかけることはできないことを完封無きまで叩きのめされた感じ。

(C) 2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

第9位『バイス
政治を痛烈なギャグで風刺しながら驚愕の事実を暴露大会で露わにする興味深い映画だった!イラク戦争を仕掛けたのはブッシュ大統領じゃなかったのか・・・・・・

(C) 2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

第8位『ロケットマン
成功すればするほど反比例して孤独になっていき、満たされない泥沼なエルトンの人生の悲哀を名曲と共に見せつけられ、人にとっての真の幸せについてしみじみと考えさせられた。

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.





第7位『シャザム!
ようやく満足できるDC映画が見れた喜び!すべて子供視点で描かれる滑稽さがコミカルで好感が持てる!ジャスティス・リーグの加入を強く望みたい!

(C) 2019 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

第6位『天気の子
主人公が信じる愛こそが正解だと結論付ける姿勢は、調和が乱れた混沌とする現代の中で「生きていく時間の中で何に光を見出すべきか?」悩む現代人への生き方のひとつの回答を示しているように思える。アニメを超えた大傑作映画だ!

©『天気の子』製作委員会

第5位『スパイダーマン:スパイダーバース
CG加工されたアニメーション上に手書きが加えられ不思議な質感の画が斬新だった。革新的なアニメ表現と共に超高速で展開していくアクションが、リアリズムを超えた視覚的な異空間を形成しているようで、その映像美に陶酔し、迫力に圧倒される。要するに、めちゃくちゃクール!

© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

第4位『ジョーカー
映画史における無二の悪役がナゼ極悪な道を選んだかの過程を、格差や貧困など社会の理不尽さや歪みといったリアリティの中で描き切った大傑作だった。

© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics





第3位『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
ファン想いな作品だなと思った。ルーカス愛と敬意に満ちながら、従来の『スター・ウォーズ』ファンを大きく裏切ることなく、今までの不満も消化できる誰しもが満足いくであろう新たな時代のスター・ウォーズ像の構築に成功したように思える結末だった!

© 2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

第2位『イエスタデイ
安直な妄想を映画化しちゃったら、こんな素敵な映画になりましたって例。世俗的なものや、大衆文化形成にビートルズの影響が大きかったことを表現するに十分過ぎるユーモア。清々しい傑作だ!

© Universal Pictures

第1位『アベンジャーズ/エンドゲーム
映画史に残る大傑作でありながら、娯楽の頂点を観た気がした。これまでの12年間追い続けた自分のマーベル人生を肯定するかのような大団円に涙腺が何度も刺激された。アベンジャーズ万歳!ヒーローよ、永遠なれ!

(C) Marvel Studios 2019

来年も素晴らしい映画体験ができることを祈って、See you 2020!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆バックナンバー◆



[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  2. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  3. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  4. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…

関連記事

  1. ハリウッド

    世界各国で空前の大ヒットを記録中の『ブラック・パンサー』が歴代5位の初週末記録を達成!

    既に本国アメリカでは公開されているマーベル映画『ブラック・パンサー…

  2. 映画

    映画内の喫煙シーン批判に伊勢谷友介が反論

    しかし、本当に国内外の映画から喫煙シーン、無くなりましたよ…

  3. 映画

    『天気の子』オスカー日本代表作に選出!絶対に受賞できない理由とは?

    この夏、日本に『天気の子』旋風吹き荒れる!タイアップコラボは7…

  4. アカデミー賞

    【君の名は敗北】アニー賞にジブリ最新作は内容よりコネクション力?

    アニメ界のアカデミー賞と呼ばれるアニー賞が発表されました。…

  5. 映画

    【新予告編公開】アベンジャーズ全滅へ!

    今年2018年の4月27日に公開が決まっている『アベンジャーズ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  2. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  3. ニュース

    【日米LGBT理解度格差】LADY GAGAが「ミス・ゲイ・アメリカ」選出!一方…
  4. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  5. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
PAGE TOP