映画

どうも腑に落ちなかった『スカイウォーカーの夜明け』でパルパティーンが復活した理由が明らかに!



© 2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

昨年末に公開され世界中で大ヒットを記録した『スター・ウォーズ』シリーズ9作目となる『スカイウォーカーの夜明け』。この映画には、旧帝国軍の皇帝パルパティーンが復活したことでもファンを驚かせたが、正直しっくり来ない部分も多かった。エピソード6『ジェダイの帰還』でダース・ベイダーによって倒されたはずのパルパティーンが、なぜ今更復活したのか? 評判著しくない続三部作の最後の悪あがきでファンサービスとして登場させたのかなと個人的には消化していたのだが、今月中旬に発売予定の小説版で、その理由が明確に記されていたというのだ!

小説版には次のように記されているという。

全ての瓶には液体が入っていなかったため、ほとんどが空となった。カイロは近づき覗き込んだ。彼は過去にもこの器具を見たことがあった。彼が少年時代『クローン・ウォーズ』について勉強していた時だ。彼は皇帝の腐敗した肉体を維持するために勝ち目のない戦いをする前、液体は悪夢のような現実へと流れ込む。
「私に何を与えてくれるのでしょう?」とカイロは尋ねた。どうにか生きながらえた皇帝パルパティーン、そしてカイロはこのクローンの体の芯と、皇帝の実際の魂を感じることができた。それは不完全なものでありながら、彼の計り知れない力を封じ込めることはできなかった。

ちょっと分かりにくい表現だけど、要はパルパティーンはクローンの体を用意し、生命を維持できたよって話。しかも、このエピソードは映画で描かれる予定だったのにカットされたらしく(いやいや、ソコはカットすべきではない)余計にご都合主義になってしまった感がある。



けど、逆にこの設定が明らかになったことでファンからは不満の声も。「クローン再生ありなら何でもありじゃんか?」「これじゃ暗黒時代に終焉はない」「旧三部作のハッピーエンドは何だったの?」「それならハン・ソロもクローンで蘇らせろよ」など、否定的な意見が多い。

確か『フォースの覚醒』公開時にレイは何者なのか、彼女の存在は何なのかに関心が集まった。元を辿れば『スター・ウォーズ』はスカイウォーカーの家系話である。だから、レイがアナキンの娘や遠い親戚かなど、スカイウォーカー家と関連付けた様々な憶測が飛んだ。当時の有力な説としては、オビワン・ケノービの娘か弟子というものがあった。父親や師の仇であるスカイウォーカーへの復讐物語として展開するのも安直だけど面白いかもとか。



レイの正体が、なかなか明らかにされず、『スカイウォーカーの夜明け』でパルパティーンの孫という突拍子も無い設定が暴露された。それまでパルパティーンを彷彿とさせる素振りが一切無かっただけに、この展開は賛否両論でもあったし、対峙する悪の存在が自分の親族であるというのは、シリーズ最高傑作の呼び声高い『帝国の逆襲』でダース・ベイダーがルークに父親だとカミングアウトするシーンの踏襲でもある。
驚愕の事実だ!とか、『スター・ウォーズ』らしく家系物語にまとめられたと物語を受け入れる見方も出来よう、あるいは、過去作のコピーで斬新さがない、傑作シリーズの呪縛から解放されなかったなど批判的な見方も出来る。

この人の言うこと聞いとけば良かったのに・・・
Photo by Kent Phillips/Disney Parks via Getty Images

ただ、やはり問題はレイの正体を驚愕の事実にするためだけに、死んだはずのパルパティーンをクローンにまでして蘇らせるというのはSFとしても些かチープに思えてしまった。続三部作は旧三部作との辻褄合わせに翻弄した挙げ句に変に歪な話になった感がある。ディズニーがルーカスの意見を完全に無視したツケでもあろう。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  2. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  3. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  4. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  5. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10

関連記事

  1. 映画

    『ローグ・ワン』に唯一のSW皆勤賞R2-D2とC-3POは登場するのか?

    これはSWファンとしては非常に拘りたいところです。今ま…

  2. 日記

    映画『セッション』に関する菊地vs町山の喧嘩が下らなすぎる問題

    どうでもいいっつっちゃーどうでもいいのだが・・・俺自身…

  3. 映画

    GG賞でホアキン受賞時になぜビヨンセは立たなかったのだろう?

    今年のゴールデン・グローブ賞で見事ドラマ部門で…

  4. 映画

    第11回 独断で選ぶ今年良かった映画 TOP10 2019

    今年2019年の邦画と洋画を合わせた興行収入の総額が、2016年に…

  5. ニュース

    『万引き家族』是枝監督の政府からの祝意を辞退した理由が素晴らしいな~と思った

    カンヌ入りした是枝監督の現地インタビュー「日本では共同体文化・…

  6. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇怪なり!

    真の意味での最強の敵はサノスではなくコナンだったとは・・・・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  2. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  3. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
  4. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  5. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 3日目ライヴレポート
PAGE TOP