映画

妖怪ウォッチ vs スターウォーズ今年の軍配は?

swrogueone
youkaiwatch

昨年スターウォーズの新作『フォースの覚醒』が上映され、世界ほとんどの国で興行収入1位を記録し、最終的には20億ドルという大台を記録したメガヒットとなったわけだが(過去に20億ドルを超えた作品は『アバター』と『タイタニック』しか無い)、日本だけでした・・・初登場1位にならなかったのは。
負けたのは、意外や意外『妖怪ウォッチ』の初劇場版。まさかジバニャンに世界的な知名度を誇るスターウォーズが負けるとは・・・世界でも非常に珍しいです。(中国の方が受けなかったという情報もありますが、社会主義国家が米国の価値観と合うわけないので)

でも、まぁ去年の2年前は『妖怪ウォッチ』も社会現象ほどのブームだったし、その底力を見せつけられたんだと思ってました。が!
今年も直接対決となった『妖怪ウォッチ』と『ローグワン』ですが。
首位は『妖怪ウォッチ』、まさかの二年連続でスター・ウォーズ敗北!
『妖怪ウォッチ』動員54万5211人、興収6億0803万円
『ローグ・ワン』動員41万3600人、興収6億5300万円
*日本のランキングは動員数の計算なので、興収はSWが勝ってるけど、妖怪ウォッチが首位というギャップが生まれています。

『妖怪ウォッチ』は、実写を取り入れる斬新なアイディアと、その実写版に、今や最も客を呼ぶ俳優・山崎賢人をはじめ、斉藤工、武井咲などの旬の人気俳優を起用してることから、これはまた本気で<SW潰し>にかかってるなと思いましたが、本当に潰しました。
先日の通り、動員数での勝負なので、親子連れが多い分『妖怪ウォッチ』の方が数は多くなるのは自然の摂理ですが。
けど、日本人は本当に『スター・ウォーズ』を観ない!無関心な奴多い!
俺は相当のSWマニアなので観ないなんて信じ難いんだけど・・・『ローグワン』素晴らしかったよ?是非、年末年始にご覧ください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  2. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  3. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  4. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…

関連記事

  1. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?

    2018年5月25日に米国で公開された『ハン・ソロ/スター・ウ…

  2. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!

    2017年6月末神戸港から日本で初めて発見された非常に危険とさ…

  3. ハリウッド

    SWのルーク役マーク・ハミルが遂にハリウッドの殿堂入り!往年のライバル映画俳優とバトルも!

    世界興行収入が歴代9位の特大ヒットとなった『最後のジェダイ』を…

  4. ハリウッド

    【東京コミコン1日目】クリス・ヘムズワースに会いに行った

    今年もコミコンの季節がやってきた!今年も盛大に幕を開けた東京コミコ…

  5. 映画

    第12回 独断で選ぶ今年良かった映画 TOP10 2020

    コロナ禍により公開が予定されていた話題作や大ヒ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  2. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  3. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  4. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  5. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
PAGE TOP